J1第三十一節、清水vs広島

清水です。坊主頭が多い清水です。
それはさておき、今日Jsportsで放送があったので改めて試合を見ました。

スタジアムで一部始終を見ているのでテレビでは安心して見てましたが、それでもこの試合、どっちに転ぶか分からなかった試合だなーと改めて思いました。わりといい選手が揃っているように見えるのに残留争いをしている広島、この試合はかなりの気迫でスタート、やりたいサッカーが出来ているように見えました。残留争いをしているのが不思議なくらい。広島の狙いは、引いて守って、カウンター。逆に清水はボールを持たされて、常にカウンターを狙われているような印象。前半だけで3・4回はウェズレイにどフリーでボールが入る瞬間があり、決定的ながらも枠外にはずれたり西部が止めたり。今日の広島は運が無いなーと思っていましたが、それだけでなく、「絶対に負けられない」という気持ちが硬くさせていたのかも。

中盤では柏木(広島)がよく走り、よく拾っていいパスを出して広島の速い攻撃が続く。清水も空いているサイドのスペースを使いながら攻めて行くがなかなかチャンスを作れない。作っても外れる、弾かれる展開が続く。均衡をやぶったのは広島。CKのこぼれ球が柏木に渡って、思い切りよく振り抜いてゴール!敵ながら惚れ惚れするようなシュート。

柏木いいなぁと思いつつも、いやいやいやいや、うちのアオは簡単にはやらせんよ!と五輪代表マッチアップを勝手に期待しつつ(実際この二人はほとんどマッチアップしてなかったですが)、ここで慌てずにまずは1点返していこう!・・・と私が思うより速かった。フェルナンジーニョが左側から中央へドリブルで運んで、シュッと右サイドへ、そこへ走りこんでいた市川が豪快ミドルシュート!これで同点。しびれるわー、イチ。今季4点目。自己最多だそうです。

a0036755_19102223.jpg


その後、清水の守備が安定し始めるもののそれでも何度か広島はチャンスを作り、でも決めきれない。清水は耐える展開が続くも、グッとこらえて、自分たちの時間帯を引き寄せていく。以前、とある試合の実況で聞いた「守りでリズムが出てきましたね」という言葉を思い出す。

後半も同じような展開が続き、攻めたり、攻め込まれたり、次第に清水の前線に勢いが出てきて、矢島、フェル、藤本と広島守備陣につっこんでいって簡単には倒れずにぶっちぎるという力強さを見せたところでフェルがつっこんでいって、倒れる。審判の笛。PK獲得!!ここの流れは真横から見ててものすごくパワフルで興奮しました。

PKは藤本淳吾が決めて、その後はまた一進一退。この辺からのエスパルスはボールを持っても速い攻撃ができず、ダラダラ回しているように見えたのですが(実際そうだったのかもしれないけど)、なんとしても追いつきたい広島がこのボールを追い回しているうちに疲れ始め、今度は清水がカウンター!広島の攻撃からこぼれたボールを深く戻っていたジェジンが拾い、前線へと走り込む淳吾へ、さらに中央へ走り込んできたフェルに出して、余裕のゴール。この時、広島は足が止まってました。

逆に清水はCB二人とテルさん、西部の守備にリズムが出てきたというかよく体が動いていて、攻め込まれても最後の最後でゴールを割らせない。交替で入った岡崎・枝村も前線で走って、チーム全体として疲れを感じなかった。反対に広島は交替枠を3人使い切ったものの、身も心も疲れてしまったのか前半の勢いが消えてしまった。なんとも切ない。

テルさんの通算400試合出場というメモリアルゲームは3:1の勝利で終了。ベストではなかったけれど、どちらに傾くか分からなかった"勝利"の行方を自ら手繰り寄せていく姿に、しびれました。

●J1第三十一節、清水vs広島=3:1 [J's GOAL][清水公式]
[PR]

by marinji | 2007-11-13 00:08 | 蹴球[Football]の日  

<< 北京五輪2008 アジア最終予... 久々日本平 >>