芝居を2本

ちょっと前からずっと熱にうなされてまして、会社を休むほどの高熱ではないけどじゃぁ会社に行って使いものになるかというとそうでもなく、ぼやーんと過ごしてしまったりしてます。で、行くか寝るか悩みながらもパワーをもらいたいなんて思って今週は芝居を2本観てきました(チケットを取ったのはだいぶ前のことだけど)。

1つめは”劇団鹿殺し”の『殺 ROCK ME ~サロメ~』。この劇団の芝居は初めてですが、中村まことさん(猫ホテ)と加藤啓さん(ムニエル)が出るというので行ってきました。2つめは長塚圭史作・演出の『ドラクル』。長塚圭史はこの前の阿佐ヶ谷スパイダース公演(少女とガソリン)を見逃してしまったので久しぶり。

それぞれの感想はまた後で書くことにしますが、どちらもキリスト教への信仰が話のベースにあって、改めてキリスト教はドラマ性が高いなぁと思いました。聖書の中で語られる物語にしても、神の存在にしても。 仏教や神道では何かあったっけ?と考えてみたものの、思い出したのは聖闘士星矢(乙女座のシャカ)・・・・・・ごめんなさい。
[PR]

by marinji | 2007-09-12 23:39 | 芝居の日  

<< EURO2008予選 チェコ対... 音楽メモ >>