音楽メモ

◇ BGM 「恋のブブブン」 HALCALI

暑かった時から、涼しくなった今もHALCALIの『サイボーグ俺達』ばかり聴いている。とにかく声と音が気持ちいいったらない。自然体でやっているようですごく歌がうまくなってるのにびっくり。前作だとまだ自分の癖のままに歌ってる感じなのだけど(ラップも)、今回は完全にまずきちんと歌いこなしていてその上で個性として癖が出てくる。だからこのパートはハルカの方がいいとかユカリの方が合ってるっていう分け方がなくて二人が縦横無尽に歌っているのが聴いていて本当に気持ちいい。そういう意味でPUFFYみたいだ。

お祭り騒ぎっぽい歌詞もせつない恋愛もゆるい恋の歌もいいのだけど、青年の主張!的な歌詞は違和感がある(LOOK、Tip Taps Tip)。大人が考える”若者の悩み”を歌わされてる感じがして。このジャンルまでHALCALIでやらなくても……なんて思ったのだけど、今確認してみたら「LOOK」の作詞者にHALCALIの名前が入ってるな(Kenji Kuboと)。。。あらま、これは予想外。

東京事変の「キラーチューン」、久しぶりにパーンと開いてる椎名林檎の歌声が素敵。

くるり主催の京都音楽博覧会、メンツがなんだかすごいことになってる。

音楽のことを書く時はタイトルをつけにくいので、昔やってたBGMだけ記す形式にしてみます。
[PR]

by marinji | 2007-09-03 23:43 | 音楽の日  

<< 芝居を2本 J1第二十四節、エスパルスが静... >>