J1第二十四節、エスパルスが静岡ダービーを制す!

スコアレスドローで終わるかと思った静岡ダービーは
試合終了直前、記録では89分、テキスト速報ではロスタイムに、
淳吾(藤本)のFKからジェジンのヘディング、これがゴールネットを揺らして幕を閉じました。

左SBの戸田が出場停止、同ポジションの山西はまだ怪我が治っておらず、
兵働を左SBとして起用するもうまくいかなかったようで
開始28分には枝村(MF)を下げて岩下(DF)を投入。
兵働のポジションを上げて岩下が左SBに。相当苦しい状態だったと思います。

それでも、本気で優勝を狙うならこれを勝てなきゃダメだろう!なんて考えてたら
本当にやってくれたよ。痺れるなぁ。

得点するところはテレビで見ましたが、ペナルティエリア外右側から
低めのボールでニアのジェジンが低いヘディングで合わせてのゴール。
おそらくこれがラストチャンスという時間帯で、かなり気合の入ったゴールでした。

テルさん(伊東輝悦)に第一子が生まれたそうで、
勝利で祝うために頑張ろう!というみんなの気持ちもあったようです。

さて今節は首位浦和レッズが負けたので清水は首位との差を縮めて、
浦和と清水の間にいるG大阪と鹿島も勝ったので1~4位の順位は変わらず。
清水の直下の新潟は負けたので差が広がったものの、
その下の横浜FMと柏が明日対戦なので、どちらかが上がってくるかも。

清水エスパルス公式サイト、試合情報
J's GOAL、ゲームサマリー

ところで先週のハーイやべっちに青山・岡崎の五輪代表コンビが出てましたが
二人とも慣れてないのかゆるゆるのダメダメでしたね。素朴な感じでよかったけど。
[PR]

by marinji | 2007-09-02 00:43 | 蹴球[Football]の日  

<< 音楽メモ J1第二十一~三節、清水エスパ... >>