W杯九日目、息切れ

まだ九日目だというのに早くも息切れ。
今夜はチェコ戦だというのに眠いです。寝ちゃうかも(弱気)。
昨日も、結局眠ってしまいました。

今夜は、
pm22:00~ ポルトガルvsイラン、
am01:00~ チェコvsガーナ、
am04:00~ イタリアvsアメリカ。

チェコ戦はもちろん気になるものの、イタリアvsアメリカもいいですなぁ。

◇試合結果振り返り:七日目第2試合~八日目。
イングランドvsトリニダード・トバコ=2:0。2点差ですが、1点目が入ったのはなんと83分。トリニダード・トバコ、いい試合したんだなぁ。それでも最後に勝つあたり、イングランドの強さも感じるわけですが。クラウチの調子がいいのがなんだかうらやましいです。次、スウェーデンvsパラグアイ=1:0。わーこれも点入ったの89分。手に汗にぎった?パラグアイ、まだ無得点なんだなぁ。どうしたロケ。アルゼンチンvsセルビア・モテンネグロ=6:0。アルゼンチンの強さを見せ付けた試合でありました。1点目の、サビオラがするするっと抜けていってパスだした瞬間にしびれた。オランダvsコートジボワールのオレンジ対決は2:1。超見たい。なんで寝ちゃったんだ私。ちなみにアウェイユニフォームだったのはコートジボワール、白でした。グループCはアルゼンチンとオランダに決定。最後、メキシコvsアンゴラ=0:0。メキシコは勝って決勝リーグ行きを決めたかっただろうな。アンゴラ善戦ですね。


チェコvsガーナは0:2。ショック。超ショック。立ち上がれないなり。
  
[PR]

by marinji | 2006-06-17 21:52 | 蹴球[Football]の日  

<< W杯十日目、スコアレスドロー W杯八日目、オレンジ対決 >>