W杯、二日目

イングランドvsパラグアイが1:0で終了。
開幕戦より面白い試合だったけど、あと一声!というか、一味足りないというか、うーん、贅沢言い過ぎでしょうか。実況が淡々としてるからかな?妙に熱狂的な実況より、NHK系の淡々とした実況は好きなんですけどね。(NHKだと刈屋アナが好きですがサッカーはやらないのかな?)

で、今はスウェーデンvsトリニダードトバコ(am1:00~)。
その後がアルゼンチンvsコートジボワール(am4:00~)。

スウェーデンにはこの前のCL決勝で活躍したラーションとユングベリがいるので(この時はそれぞれ別チームで敵対してましたが)、けっこう期待。でも相手はトリニダードトバコなので、アルゼンチン戦にそなえて寝ちゃおう、と思っていたのになかなか面白くなりそうな試合をしている。参った。こりゃ徹夜か。

前回のW杯から4年、EURO2004からでも2年。いろいろ変わったなぁと思うこと多いです。リオ(イングランド)の髪型とか、もうチラベルト(パラグアイ)いないんだー、とか。そういえばイングランドのGKはさすがにお洒落パンチのジェームズじゃなくなったのね。あ、でも選手登録されてる。ふーむ。ロケ(パラグアイ)が美少年からがっちりした青年になっていたり。でも一番驚いたのは NEUVILLE(ドイツ)。4年前は「ノイビル」でしたが「ヌビユ」ですね、今回。カタカナ表記の難しさを感じる名前だ。


a0036755_1391546.jpg今スウェーデンvsトリニダードトバコをやっているドルトムントのヴェストファーレンには今年の2月、ベルギーに行った時に寄りました。とにかく席からピッチが近い。ここで試合を見てみたいなぁ。

私はドルトムントのホームスタジアムを見たくて行ったんですが、「W杯で日本とブラジルがやるスタジアムだから」と同行者をそそのかしました。



スウェーデンvsトリニダードトバコはいまいち盛り上がりきらなかったので前半で寝たんですが、結局0:0だったんですね。頑張ったなぁ、トリニダードトバコ。で、4時に目覚まし時計セットして、今はアルゼンチンvsコートジボワールを見ております。前半終了。コートジボワールがガッツリ攻めてかなり面白い!と思っていたんですが、アルゼンチンがもう2点取ってしまって、あらららら・・・。アルゼンチンに恨みは無いけれど、勝敗が決まっちゃうと面白くないので、後半まずはコートジボワールが点を入れて欲しいなぁ。サビオラ(アルゼンチン)のシュートは、なんつーか、サビオラらしくて良かった。


試合終了。面白かったー!最後まで分からなかった。コートジボワールが1点返してからは本当にドキドキでした。アルゼンチンがまたよく守るんだ!そこが開幕戦との違いですな。その壁を、コートジボワールが、というかドログバが、こじ開けて1点取った瞬間は鳥肌。どっちも本当に必死で戦った感じで、いや、良かった。結果は2:1でアルゼンチン勝利。欲を言えば、コートジボワールが追いついて同点で終わって欲しかったけど。それでもアルゼンチンは後半2トップを下げちゃったりロスタイムで時間稼ぎにリケルメ→アイマールの交替をしたりとまだまだ余裕?の温存ムード。すごいなぁ。

全身バネみたいな体のコートジボワール、濃いオレンジ色でシンプルなデザインのユニフォームが無茶苦茶似合ってました。それと監督が可愛い。ずっとベンチにちょこんと座っていて、黄緑のジャージに白でプーマのマーク、なんか春物のパーカーのようで欲しくなった。昨日、ドイツ代表ユニの背番号のフォントが可愛いと思ったのだけど、アルゼンチンも同じフォント(3本線で丸っこい文字)。あれはadidas共通なのか。
[PR]

by marinji | 2006-06-11 01:18 | 蹴球[Football]の日  

<< W杯三日目で既に風邪 まだまだ先の話と思っているうち... >>