人間だもの

アンドロイドなどについて語られる時、
機械と人間の違いとして、"忘れる(ことができる)"という点が挙げられることがある。


入社7年目にして、初めて新人の指導をすることになった。
日々、新人の子に何かを教える。
新人から質問されて教えることもあるし、
仕事を割り当てて、その作業方法を教えることもある。

その度に、


ああ、人間てどんどん忘れていくんだなぁ・・・


と、しみじみ感じ入る今日この頃だ。

いやすごい。
人ってこんなに忘れちゃうんだ!と驚きを通り越して感心さえする。
昨日教えたことはもちろん、さっき教えてうなづいてたことだってもう覚えてない。

新人は毎日毎日新しい言葉ばかり、知らないことばかりだから
それを全部覚えろったって、それはまぁ無理な話で。
見ていて、自分もこうだったんだろうなー、と思う。(たぶんもっと酷いな…)
お世話になった先輩たちに申し訳ない気持ちになりました。

でもきっと、1年後か2年後には、その子もさらに新しく入ってきた新人を目の前にして
「昨日教えただろ?」とか言うんだろうな。そんなもんだ。

by marinji | 2005-07-28 00:33 | 日々の徒然  

<< 苗場へ 今年のフジロックフェス >>