UnChild (Zepp Tokyo)

機動戦士ガンダムUC episode 7 公開記念スペシャルライブ "UnChild"
SawanoHiroyuki [nZk] : Aimer

ガンダム続きですが。澤野さんのライヴを見てみたかったのと、Aimer(エメ)さんの歌を生で聞いてみたかったので行ってきました。Aimerさん、勝手ながら(失礼ながら)あの独特な歌い方からライヴでは残念な感じになるんじゃないかと想像してたんですが、どっこい、すごい声量で圧倒されました。特にいきなりばーんと声が出るところとかすごいな。高音も全部綺麗に出てたし。

澤野さんはMCが・・・いい人そうっていうか。普通の人っぽくて、うん、よかった。もっと神経質そうな、線の細そうな人かと勝手に想像してたんだけど。音は、ずしっと腹に響く感じで、かっこよかったなぁ。バイオリンが入ってるのも面白い。(曲を考えれば当然ではあるけど)

曲は、覚えてる限りで (順番はかなり怪しいです)


StarRingChild (曲の頭部分の独立版+この曲)
A LETTER
Destiny (Mobile Suit のヴォーカル版)
But still (Sternengesang の英語版)
UnChild用新曲
DESERT (歌無し)
MINEVA (歌無し)
UnChild用新曲
UnChild用新曲
REMIND YOU
EGO
UnChild用新曲
RE:I AM (英語版)

-- アンコール --
BEGINNING (サビ)
流星のナミダ
Beyond The Time ~メビウスの宇宙を越えて~
StarRingChild (英語版)
RE:I AM


アンコール後の3曲はカバー曲。なんといっても「Beyond The Time」でしょう!これはもう・・・びっくり&感激です。かっこよかったなー。「RE:I AM」(日本語版)も、これが聞けずに終わるのだけが残念だと思っていたところ最後の最後にやってくれて、もう、何も言うことはございません。行ってよかった。あ、でも「Sternengesang」は元のドイツ語版の方が響きが好き。なのでドイツ語版で聞いてみたかった。

客入れ・客出し時の曲もガンダムUCのサントラで、ずっとUCの雰囲気が続いててよかったです。特に開始前の最後は「GUNDAM」で、「Sternengesang」のメロディに入る直前で切れたので「Sternengesang」から始まるんだな!って大興奮したんですけど。そうじゃなく「StarRingChild」で始まるという。読みが外れました!

ライヴの始まりにはUCの映像も使っていました。映像を写す幕が取り払われた後にも、セリフが入る瞬間があり。思ってたよりUCにしっかり寄せていて、音楽は音楽で別ですっていう感じじゃないのが嬉しかったです。

Zepp Tokyo でお台場ってことでガンダム見てから帰りました。
 
[PR]

by marinji | 2014-06-02 00:53 | 音楽の日  

<< W杯2014が開幕している! ガンダムUC と 「貴婦人と一... >>