マクベス (演出:長塚圭史)

a0036755_22112125.jpg

マクベス Macbeth (2013/12/8-12/29、Bunkamura シアターコクーン)

長塚マクベス。少し前に観てきました。席は中二階の舞台横で、けっこう近くて全体も見渡せる良い席でした。六角形でぐるりと席に囲まれた舞台に四方八方から登場する役者たち。観てるというより参加してるというか体験してるような気になった演出が面白かった。

堤真一、立ち姿が美しい!でかい!そして風間杜夫の存在感のすごさ。風間さんはやっぱり声が良いよねって思いながら見ていたのだけど(モルダー!)、声を発しない間もずっと気になって目で追ってしまった。それと、池谷のぶえ最高。小松和重さんもペラペラペラペラーって喋るところ良かったな。

欲を言えば前半にもっと笑いが欲しかったけど。笑いというか…うーん。なんだろう。ドラマチックな展開のはずなのにどこか淡々としてるというか地味というか、全体がピタッとはまってないような違和感があるというか。そういう狙いなのかもしれないけど。

それにしてもシェイクスピアは台詞が長い。途中でうっかりイライラして「結論から言え!」って本気で思ってしまった。これ、今更ながら書かれた当時はどう思われてたんだろうなあ。狂言回し的な二人も含めて、シェイクスピア芝居を体験するっていうのはこういうことなのかも、という気がしました。

孤独になっていくマクベス、良かったです。最後無茶苦茶強いし。マクベス夫人は、もっと底知れない感じを声で出せる人の方がハマるように思った。ただ、後半の壊れて行ってしまうところは納得できたかな。実は普通の女だったんだなと。


≪作≫W.シェイクスピア、≪翻訳≫松岡和子、≪演出≫長塚圭史
≪出演≫堤真一、常盤貴子、白井晃、小松和重、江口のりこ、横田栄司、市川しんぺー、池谷のぶえ、平田敦子、玉置孝匡、福田転球、斉藤直樹、六本木康弘、縄田雄哉、松浦俊秀、井上象策、伊藤総、菊地雄人、山下禎啓、中嶋しゅう、三田和代、風間杜夫
 
[PR]

by marinji | 2013-12-28 22:26 | 芝居の日  

<< 2013年に観た美術展から7展 竹内栖鳳/ガレ/ミケランジェロ... >>