負け試合

旅は終わったわけですが。

帰りの新幹線を降りて、東京駅で帰ってきた報告のブログ投稿を携帯で打ち込んでいたら、バッテリーが切れやがりまして、私自身もそれとともに燃料切れとなったのでした。翌日、会社には行ったものの、熱が上がって上がって、そういえば昔「熱っぽいの」ってドラマがあったなぁ、南野陽子と……後、誰だ、あ、田代まさし!なんて考えるに至ってはもう仕事なんかできない状態。午後から早退してしまいました。無理しないようにしていたつもりだけど、地震で体が緊張していたのかも。

いやー。

悔しいけど、なんていうか、勝ち負けでいうなら、負け、だなぁ。この旅行。

芝居観れてないしね。

でも、それだけじゃなくて、自分の凡ミスが多くて、もっと楽しめたはずのものを自分がダメにしたような、そんな印象です。むはー。悔い残りまくり!

今回、初めて旅行中に携帯から投稿するということをやってみましたが、なかなか!難しい!メールの送信機能を利用しているので、文字数制限があるし、「よしこれ載せよう!」って思って写真を撮ってもすぐ別のものが気になって投稿できないうちに時間が経ってたり。でもまた機会があったら挑戦してみたいです。投稿し忘れた写真はまた後程。全体は3月分の一覧からだと一気に読めます。あ、ちなみに、萩での投稿が少ないのは携帯のバッテリーが切れていたせいです!写真はデジカメで撮っておいたので、これもまた後程。


■今回の旅のお供
【行き】 … サンボマスター「青春狂騒曲」。博多で観るつもりだった阿佐ヶ谷スパイダースの長塚圭史とクイックジャパンの表紙になっていたので。
【帰り】 … 新田次郎「強力伝・孤島」(短編集)。別の旅行の時に時間があったら読もうと思って買っていたものの、読まずにいたもの。
何かに浮かされているかのような狂騒の中、それでも確実に冷めている(醒めている)男(「青春狂騒曲」)と、冷静で醒めていながら、とりつかれたように突き進む男達(「強力伝・孤島」)。好対照な2作品でした。

by marinji | 2005-03-29 23:37 | 旅のはなし  

<< saku saku の DVD... ★★★ 博多にいます。無事です... >>