キャプテン翼 ワールドユース編

キャプテン翼のワールドユース編が文庫化されたので読み始めたんですが、
1・2巻はイマイチだと思ったものの(感想)、その後は面白いです。
チーム全員のキャラが立ってきて、翼くんだけのチームじゃなくなってる。
しかもキャプテン翼の影響で日本では司令塔は育つもののストライカーが育たない
なんて言われたのを意識したのか作者自身が描きたくなったのか、
日向くんや新キャラ葵くんが点取り屋として活躍してていいですねー。

個人的には、日向くんが高校時代にファンの女の子からバレンタインのチョコが
いっぱい届いていて、でも硬派だから受け取らないという1コマがツボでした!
日向くん、そんなモテモテだったんか。知らんかったよ。ごめん、モテなさそうだと思ってた。

あとドイツユースがスウェーデンに負けたのがちょっとショック。
漫画の中の話だけど...ドイツ好きなのでなんか哀しい。どうしたんだよ、カール!
(現在、文庫本10巻まで。これからワールドユース決勝トーナメント開始というところです)
[PR]

by marinji | 2005-01-25 23:54 | 蹴球[Football]の日  

<< 高原、2得点! 根菜ひじきご飯 >>