タグ:長塚圭史 ( 12 ) タグの人気記事

 

マクベス (演出:長塚圭史)

a0036755_22112125.jpg

マクベス Macbeth (2013/12/8-12/29、Bunkamura シアターコクーン)

長塚マクベス。少し前に観てきました。席は中二階の舞台横で、けっこう近くて全体も見渡せる良い席でした。六角形でぐるりと席に囲まれた舞台に四方八方から登場する役者たち。観てるというより参加してるというか体験してるような気になった演出が面白かった。

堤真一、立ち姿が美しい!でかい!そして風間杜夫の存在感のすごさ。風間さんはやっぱり声が良いよねって思いながら見ていたのだけど(モルダー!)、声を発しない間もずっと気になって目で追ってしまった。それと、池谷のぶえ最高。小松和重さんもペラペラペラペラーって喋るところ良かったな。

欲を言えば前半にもっと笑いが欲しかったけど。笑いというか…うーん。なんだろう。ドラマチックな展開のはずなのにどこか淡々としてるというか地味というか、全体がピタッとはまってないような違和感があるというか。そういう狙いなのかもしれないけど。

それにしてもシェイクスピアは台詞が長い。途中でうっかりイライラして「結論から言え!」って本気で思ってしまった。これ、今更ながら書かれた当時はどう思われてたんだろうなあ。狂言回し的な二人も含めて、シェイクスピア芝居を体験するっていうのはこういうことなのかも、という気がしました。

孤独になっていくマクベス、良かったです。最後無茶苦茶強いし。マクベス夫人は、もっと底知れない感じを声で出せる人の方がハマるように思った。ただ、後半の壊れて行ってしまうところは納得できたかな。実は普通の女だったんだなと。


≪作≫W.シェイクスピア、≪翻訳≫松岡和子、≪演出≫長塚圭史
≪出演≫堤真一、常盤貴子、白井晃、小松和重、江口のりこ、横田栄司、市川しんぺー、池谷のぶえ、平田敦子、玉置孝匡、福田転球、斉藤直樹、六本木康弘、縄田雄哉、松浦俊秀、井上象策、伊藤総、菊地雄人、山下禎啓、中嶋しゅう、三田和代、風間杜夫
 
[PR]

by marinji | 2013-12-28 22:26 | 芝居の日  

「冒した者」 @神奈川芸術劇場

a0036755_1038079.jpg

長塚圭史演出・出演ということで見に行った「冒した者」。

松田龍平の、そこにいる感じがすごくよかった。なんと言えばいいか……須永(役名)がたしかにそこにいる、その感じ。髪型や体格、背、肩幅、手のひらの大きさ、着ている服、そんな目にうつるものすべてが須永としてそこに存在していて、憑依型の演技というのともまた違う、ただ須永がいる、そのことにずっとハラハラした。声がまた!またねえ、いいんだよねえ。うっとりと聞き惚れる。本人にその自覚があろうとなかろうと、須永に惹かれるものがあることがよく分かる。柳子や、モモちゃんや、彼女が。そして確かにそこにいるのにそこにいない感じ。須永なんだなあ、あれは。

久しぶりにそこまで大きくないホールで、近くて濃くて面白かった。戦後のことで、具体的なセットがない舞台ってことで「あかいくらやみ」と印象が少し被ったけど。とにかく松田龍平を、というか須永を追ってしまった。あの家の住人たちと同じ状態だったってことだね。

横浜に見に行ったけど、チラシ見たら東京公演もあったことに気がついた。。。まあいいか。

>>> 葛河思潮社第三回公演 冒した者
[PR]

by marinji | 2013-09-15 10:43 | 芝居の日  

あかいくらやみ ~天狗党幻譚~

a0036755_0451655.jpg

シアターコクーン・オンレパートリー2013+阿佐ヶ谷スパイダース 「あかいくらやみ ~天狗党幻譚~」。先月後半。芝居、かなり久しぶりに見ました。そして、すいぶん変わった気がする、長塚圭史。NODA MAP 「キル」の好きなところと似てて、好き。あと、今まではインパクトはあるんだけどなんとなくスカスカに感じる時があったんだけど、今回はずっと濃かった。すごく面白かった。訳分からんかったけど。

小栗旬は一声で小栗旬と分かる話し方だったけど、役に合ってた。白石加代子はすごいなー。長塚さんの役は、ああ、長塚さんだねっていう安心の役どころ。

舞台での、暗い部分、闇が、すごく綺麗な舞台だった。照明が良いのかな。シンプルだけど技術的にいろいろやってるセットには感動。やっぱり舞台のセットは具体的な風景を作りこまない方が好きだな。

>>> 公演概要&チケット情報 あかいくらやみ ~天狗党幻譚~ Bunkamura
>>> 阿佐ヶ谷スパイダース-公式サイト
[PR]

by marinji | 2013-06-22 01:01 | 芝居の日  

「十字架」をもう一度観たい

ドラマSPの紅一点・・・岡田くん好きの友人が「あの女の人かっこいい」と言っていて気になっていたのですが、最終回間近になってやっと見ました。彼から「サマータイムマシーンブルースの真木よう子だよ」と言われてびっくり。印象が全然違う!髪型より、目の印象かな。メイクや表情にもよるのかも。

ところでサマータイムマシーンブルースの前にも阿佐ヶ谷スパイダースで見てるはず…と確認してみたところ「十字架」でした。ここでの真木よう子は現状にイライラしっぱなしのピチピチの女子高生役。若いってこういうことと言わんばかりの勢いの良さが素敵だった。母親役が千葉雅子さんというのがまた不思議にしっくりで。

久しぶりに「十字架」のパンフレットを見てみたら、意外に出演者たちの顔があまり変わっていなくてびっくり。もっと「うわー、若いなー」って感じると思ってたけどそうでもない。この前の「キル」に出ていた村岡希美さんも出てたんだよなー。あ、村上航さんだ。あれ、加藤啓さんまで。あれーあれー、どんな役だった?ダメだ、ぼやっとしか思い出せない。この時の「十字架」(2002年)、もう一度観たい。録画されたものはないのかしら。きっとシアターテレビジョンとかなら観れるのかも・・・でもうちじゃ無理だし。ビデオテープでもDVDでも戯曲だけでもなんでもいいから販売してくれないものかしら。そして、また新たなメンバーで再演して欲しい。「十字架」、面白かったけどもっと面白くなるんじゃないか?と感じた・・・覚えがあるのよね。うろ覚えだけどね。そんなわけで今の長塚さんがどう演出するか、観てみたいわけで。いつか、再演してほしい。

阿佐ヶ谷スパイダースの次回作は出演者が「中山祐一朗 伊達 暁 長塚圭史 あともうひとり」とのことで、これはかなり楽しみ。大勢の芝居もいいけど少人数でもう、これでもかっ!ってぐらい、あー、もう観たくない!ってぐらい出ずっぱりのも観たい。

あ、そういえば。SPには伊達さんも出ていて、びっくりしました。私が見つけたのは最終回の最後ちょこっと。堤真一にひそひそと話しかけた人です。

蛇足ですが。「十字架」のパンフレットで各役者へのインタービューとして「修道院入り(出家)することになったとして・・・。一つだけ『俗世』を持ち込んでいい、と言われたら何を選びますか?」という質問がありまして。中山祐一朗さんが「ビア」と答えていますが、いやもう、持ち込むなんていわず、修道院でビールを造らせてほしいです!ベルギーかドイツの修道院で!
[PR]

by marinji | 2008-02-13 00:09 | 芝居の日  

芝居メモ

◇ BGM 「あの世で罰を受けるほど」 キリンジ

そういえばまだ『ドラクル』のことを書いてないなぁなんて思い出したのは、昨日やっと『殺 ROCK ME!』について書いたからというだけではなくてこんなフレーズが耳に入ったからでした。

♪ああ愚かな牧師と 吸血女さ

『ドラクル』の方は吸血男なんですけども。聖女(のような女)と吸血男(吸血鬼)という組み合わせの逆だなぁなんて思ったものの、『ドラクル』のシリアスで重い展開とキリンジのこのあきれるほど軽い曲調ではなんとも・・・重ね合わせて1つ文章を書いてみよう、という気分にはとてもなれず、どちらかといえば私の気分はキリンジ側へと傾いて、♪乱れ髪サスーン♪なんて口ずさんでしまっております。

『殺 ROCK ME!』はこれまた『ドラクル』の逆で、男が神を信じる側で女が神に反する存在なわけですが、それで「信仰のために女を否定する男(殺 ROCK ME!)と、女のために神を信じようとする男(ドラクル)、面白い対比だなぁ」なんて思っていたこともどうでもいい気がしてきました。

『ドラクル』については脚本を読んでもう一度シリアスに入り直すことにします。

あ、それから。長塚さん、今年もまたマーティン・マクドナー作品の演出をやるんですが、なんと出演が白石加代子と大竹しのぶ。大丈夫でしょうか、長塚圭史。取って喰われちゃうんじゃないか。それにしてもどこまで行くんだ長塚圭史。(→ビューティ・クイーン・オブ・リナーン
[PR]

by marinji | 2007-10-09 23:07 | 芝居の日  

『アジアの女』 長塚圭史 作・演出

去年の10月に観た芝居です。観た後に書いていたメモを転記。


いつ、ギリギリと胃が痛むような展開になるんだろう?と
びくびくしながら観ていたが、そうならなかった。

長塚圭史の芝居は体がつらくなる印象が強いが(それでも観てしまうのだけど)、
今回はすっきりしていた。

ハッピーエンドではないはずだけど
ハッピーエンドに感じる。

何か、少し変わった?


場所が新国立劇場(初台)だったので、新宿駅から歩いて
パークハイアットのデリでのんびりお昼、芝居を観て、
またパークハイアットでケーキ。優雅な土曜日の午後でした。

チケットぴあ/アジアの女(あらすじ、観劇レポートあり)


↓リアムの声については毎年似たようなことを書いてる気がします。すいません。
 
[PR]

by marinji | 2007-01-16 00:29 | 芝居の日  

いろいろ 備忘録

●『ラヴ・レターズ
長塚圭史と小島聖の回を観ました。いいものを観た。じわーっと感動が来た。もっと上の年代の役者が演じるのも観てみたい。この前に飲んだ昼ベルギービール&フリット(フライドポテト)&友人とのおしゃべり、そしてこの後に見た花火&焼酎&友人との馬鹿騒ぎも、いい時間だった。

くるりのベスト盤(Tower Of Music Lover)
正直言って知ってる曲ばかりだしそんなに期待してなかったのです。でもこれはいい。メンバーが自発的に作ったからなのか、アルバムとしてまとまりがあって、聴いててドキドキします。

Podcast向井
面白い。向井秀徳アコエレ、または向井さんのMCが好きな人にはお薦め!

sakusakuのPodcast もできてた。最近音楽の情報源がsakusakuになってる気がする。

●WaTのウェンツじゃないほうの顔が好き。

YouTubeで素敵なカバー&共演を発見。
ヒトミトイ(&大江千里)の「君に胸キュン」、くるり&向井秀徳の「ワンダーフォーゲル」。
検索してみて下さい。

●ドラマ「医龍」に池鉄が出ていてビックリした。おいしい役だったなー。

●映画版『デスノート』は個人的にはイマイチ。漫画の方が好き。

●U-21から青山(清水)がフル代表に追加召集
やったね!U-21の対戦相手だった中国、トルシエ待望論て本気?

●綾辻行人[原作]、佐々木倫子[漫画]の『月館の殺人
やっとコミックスの下巻が出たのでまとめ読み。佐々木倫子のわりと写実的な絵、あまり台詞で語り過ぎないところが妙に推理小説の怖さに合っていた。面白かったし、怖かったです。

●フェス
今週末はサマソニで大阪へ(日曜日だけ)。今日、新幹線&ホテルを手配。
土曜日は甲子園球場で早実を応援するつもり。


*いろいろ書きたいと思いつつ、でも眠いので、忘れないうちに一言ずつですが残しておきます。
[PR]

by marinji | 2006-08-08 22:50 | 日々の徒然  

『胎内』 奥菜 恵、長塚圭史、伊達 暁

『エドモンド』に引き続き、行って来ました青山円形劇場。舞台は戦後の日本、防空壕の跡に入り込んだ男と女(伊達/奥菜)、中で倒れていた男(長塚)。この三人の、防空壕の中での物語。

で、本当はその話について書きたいのだけど…考え・感想がまとまらないので役者の話を先に。

惚れたのは伊達さん。面白い。観るたびに、「あー、この人、演技じゃなくて素でこういう人なんだろうなぁ」と思ってしまう。だから一度目は特に何も思わなかった。でも観るたびに全然違う人物なのだ。役が変わるたびにかっこよかったり可愛かったり色っぽかったりただのチンピラみたいだったり。でもそれが、それぞれ、その度に素のように見える。ん?この人、実際はいったいどういう人なんだ?といつの間にか興味を持ってしまった。

今回の伊達さんは、戦後の闇の中で悪いことはするが、ちょっと色男、な感じ。軽薄そうなスーツ、ひとつ間違うとフーテンの寅さんなペラペラしゃべる台詞まわし、ツンツンの髪型と、広い肩幅に細い腰、ああどこまでも昭和初期の男。なんなんだろうなぁ。やっぱりこれも、「元々こういう人なんだろうな」と思ってしまった。演じているのだけど、演じているんじゃなくて、そういう人としてそこにいる感じがして。こんなペラペラしゃべったこと、たぶん今まで無いんじゃないかと思うのに。

個人的には特に期待していなかった奥菜恵が見事に昭和の女で素敵だった!「~しているの」を「~しておるの」と言ったり、「~ではなくて?」と言うような、昭和初期の女子(女史?)独特の言葉がわざとらしくなくむしろ気持ちよかった。昼ドラとか合うんじゃないかしら。時代物の連続テレビ小説(NHK)とか。でも大きな目は舞台映えしますね。背は低いけど、それを補って余りある瞳でした。

非常に意外だったけど、台詞まわしをわざとらしく感じたのは長塚圭史だった。長台詞で早口になった時は良かったんだけど、ゆっくりボソボソと喋る台詞の時は……この役らしく喋ろうと無理してるような印象を受けてしまって。長塚圭史の独特の間とか自然体な台詞の発し方が好きなのだけど、それはもしかしてとても"現代"的なものなのかしら?なんて考えました。でもね、ものすごいパワーを感じました。

この舞台、長塚圭史と伊達暁の役を入れ替えてもう一度観てみたい。

ほぼ笑い無しのシリアスな芝居でしたが、非常に面白かったです。
登場人物三人の微妙なバランスにヒリヒリして。円形劇場の使い方もうまい。
古い脚本なんですが、最近あまりない長台詞の応酬が新鮮でした。


作:三好十郎 演出:鈴木勝秀
出演:奥菜 恵、長塚圭史、伊達 暁
2005年10月20日(木)~30日(日)、青山円形劇場

e+より『胎内』特集ページ
 
[PR]

by marinji | 2005-11-01 00:56 | 芝居の日  

松田龍平と長塚圭史に しびれる

キネ旬ムック『男優倶楽部』で連載中の「Coffee Shop」。
長塚圭史が男優と対談するこの企画、今回のゲストは松田龍平。

そのうちまたまとめて本になるんだろうなーと思って、本屋でパラパラっと見てみるだけのつもりでこの雑誌を手に取って、悩んで悩んで買うのはやめて、でも翌日やっぱり欲しくなって買ってしまいました。写真がねー。やばいっすよ。ずるい。惚れる。綺麗で、かつ、男臭い。弟子入りさせてくださいっ!と土下座したい。どっち?ってあなた、二人ともですよ。撮り方うまいなぁ。背景の闇(暗さ)と、光、光が作る影。色っぽい。お好きな方は、とにかく本屋で手に取ってみておくんなませ。ちなみにどっちも目が細い。それとあごひげ。対談(文章)の方はというと、長塚圭史の聞き上手ぶり、相変わらず健在です。

この二人といえば『夜叉ヶ池』。私は生では観ることができなくて、TV観劇。これ、好きなんですよー。じわっと来るというか。雰囲気のある、独特の空気と時間が流れている世界でした。また観ようっと。

しかし『男優倶楽部』。名前もすごいと思うのだけど、カラーページ多め、白黒ページも写真多めで、113ページ/1,000円。高い!!かつての明星のような10代の少女をターゲットにした本じゃないですね。20代後半以降の女性を狙ってますな。私か。
 
[PR]

by marinji | 2005-10-19 00:32 | 芝居の日  

『エドモンド』

台風で大雨が続いていますが、皆さん大丈夫でしょうか。私は会社の「今日は台風のため早く帰ってもいいぞよ」とのお達しに、「それでは遠慮なく」と会社を出て、いそいそと青山円形劇場(渋谷)へ行ってまいりました。

観たのは『エドモンド』。主演:八嶋智人、作:David Mamet、演出:長塚圭史。面白そうな役者さんたちがいろいろ出てますが、個人的には、お久しぶりの明星真由美さんが楽しみ(数年前、最近舞台に出てないなーと思っていたら氣志團のマネージャーになっていた人)。八嶋さんをナマで観るのも初めてだし、いっぱい笑わせてくれそうだ♪

......と思っていたら。

シリアスでありました。

(笑いが)いつ来るか、いつ来るか、と心待ちにしているうちに、物語の波に乗り損ねてしまい、気がつけば終わっていて、個人的に超不完全燃焼です。あああ。もったいないことした。

話は、八嶋さん演じるエドモンドが占い師と話しているシーンから始まります。舞台設定はアメリカ。といっても、青山円形劇場はその名の通り円形で、ステージのまわりを360度ぐるっと観客席が囲っている為に大掛かりな舞台装置は置けず、それならばいっそのこと、という感じでセット無し。中心のステージの上に、ぽつりと二人。エドモンドと、占い師。

占い師は言う。「あなたは今、居るべき場所にいない」

この言葉に、自分には退屈な現状ではなくもっと良い世界(人生)があるのだと思い込んだエドモンドは、より良い"場所"、自分を認めてくれる人、とりあえず気分良くなる為には女、等々を求めていくのだけれど、そううまく行くわけも無く。気がつけば最悪の状況に......。

エドモンドは最初から最後までほぼずっと出ずっぱり。照明や小道具のちょっとした変化で場面がくるくると変わり(これ見事でした!)、場面ごとに他の役者たちが一人複数役で入れ替わり立ち代わり登場してはエドモンドに絡んでいく。その度にエドモンドの状況は悪くなっていく。意気揚々としていたエドモンドが、次第に焦り始め、憔悴し、絶望に落ちていく姿はすごい。芝居だと分かっていても胃がキリキリと痛みそう。TVではほのぼのキャラな八嶋さん、熱演でした。(ちなみにメガネ無し)

他の役もそれぞれよかったですが、私的ヒットは平岩紙さん。ショー・ガール、売春婦とお色気ムンムンな役所でしたが、キュートでありかつどこかちょっと不思議?で、「あー、こういう子いる!いそう!」ってな女の子を小悪魔的に演じていました。書記の役での地味っぷりとのギャップもいい。

久しぶりの明星さんは、いい声だなぁと思いました。あと立ち姿に迫力あって素敵。

エドモンドは、「居るべき場所にいない」と言われて、もっと良い場所がある!と思ったわけだけど、占い師は良い・悪いは口にしていない。結局最後に居た場所が「居るべき場所」なのかしら。占い師の言葉を、「幸運にも、居るべき悪い場所に居ないで済んでいる」と解釈して今の状況を幸せだと思えればよかったのかな。ところでエドモンドはなぜ占い師のところに行ったんだろう?何があったのか、気になるところです。

『エドモンド』公式サイト
 
[PR]

by marinji | 2005-08-26 00:09 | 芝居の日