タグ:ホテルの朝ごはん ( 16 ) タグの人気記事

 

ホテルの朝ごはん : ドイツ(フランクフルト)の Le Méridien

ドイツ、フランクフルト、Le Méridien Parkhotel Frankfurt の朝ごはん。2004年にドイツとチェコへ行った時のことです。なので、今はもう変わっているかもしれないのだけど。(Booking.comの写真を見ると部屋の内装もだいぶ変わってるし)

a0036755_15145935.jpg
写真はイメージです。(ベルオーブ豊洲のオムレツ)


ここの朝食には卵のコーナーがありました。素敵なお兄さんが立っていて、フライパンと、卵と、それから具がいろいろ、細かく刻まれて小皿にずらっと。そこでベーコンエッグやスクランブルエッグやオムレツなど、好きに注文することができたんです。オムレツを受け取っている人を見て、なんて素敵なサービス!!と。もうウキウキしてしまって、でもなんて注文すれば・・・と戸惑って、注文したのは翌々日のこと(遅!)。旅行中のメモによると、オムレツをお願いしたらお兄さんが具を「選んで」って感じに指差したので、こちらも指差しで、玉ネキ・トマト・マッシュルーム・ハムをお願い。旅先の朝食で、目の前で誰かが自分のために作ってくれるっていうのはなんとも贅沢。とにかくおいしかったのだけど、味そのものだけじゃなくて嬉しかったなぁ。

このホテルがドイツでの宿泊1軒目だったので、もしかしてドイツのホテルにはどこにも卵調理コーナーがあるのかしら?(ある程度のランクのところなら)なんて思ってしまったんだけど。ここだけでした。メリディアンだから?ってことで、数年後にケルンで泊まった時に期待したんだけど、無かった。

卵の他は、旅行中のメモによると「ハムいっぱいフルーツいっぱいでGood!トマト、きゅうりをマスタードソースで食べるのが気に入った。食べ過ぎか?ドイツパンを自分でカットして食べるのもなかなかよい(硬いけど)」とのこと。とにかく充実してた印象です。いつかまたフランクフルトでホテルに泊まる機会があれば、ここに泊まって朝ごはんを食べたいな。

>>> booking.com : Le Méridien Parkhotel Frankfurt
[PR]

by marinji | 2013-03-31 22:00 | 旅のはなし  

ホテルの朝ごはん : イタリア(フィレンツェ)の ASTORIA

a0036755_16291425.jpg
写真はイメージです。


10年以上前の話。大学卒業前にイタリアに行った。友達と三人で、いわゆる卒業旅行。ローマから入って、フィレンツェ、ヴェネツィア、そしてミラノから帰国。とにかく楽しい旅だった。

その旅行の朝ごはんはほとんど覚えてなくて、写真も撮ってないのだけど、それでも1つだけ今でも覚えていることがある。それがこのホテル、ASTORIA のクロワッサン。

焼きたてで温かくてふわふわで、バターたっぷりのクロワッサン。朝ごはんを食べ始めた時にはまだ出されてなくて、他のものを食べてるうちにバターの香りがしてきて、そして運ばれてきたのだ。既に食べたいだけ食べた後で(ビュッフェ形式)、友人二人のうちの一人はもう部屋に戻っていて、残った友人と私の二人で優雅に食後のコーヒーでも飲んでた頃だ。それでも新しく出された焼きたてのクロワッサンに飛びつき、そして食べたらおいしくて、二人で大騒ぎだった。

翌日の朝、食べ損ねた友人一人も一緒に三人でクロワッサンを待った。バターの香りがする。確実に焼かれている。期待して待つ。でも出てこない。香りはしてるから、待つ。でも出てこない。結局待てなくなってあきらめた。

食べられなかったからこそ今でも覚えてるんだろうけど。あれはおいしかったなー。今もそうなのかしら。そういえば、この旅行の時は私はアルプスより北には行かないだろうと思っていたけど、その後行った国はアルプス以北ばかりだ。

>>> booking.com : Boscolo Astoria
[PR]

by marinji | 2012-11-25 22:00 | 旅のはなし  

ホテルの朝ごはん : イギリス(ロンドン)の Holiday Inn

イギリス、ロンドンのホテル、 Holiday Inn London Kensington Forum の朝ごはんです。(2012年)

a0036755_21383265.jpg

さすがイギリスのホテル。ビュッフェ式ですが、フルイングリッシュブレックファーストが揃うだけでなく、チーズやハムも充実、クロワッサンもありました(たしかトーストも)。目玉焼きがあるのがさすがイングリッシュなブレックファースト。ブラックプディングがあるのも。左の皿の黒い塊(円のスライス)で、豚の血が使われたソーセージです。しっかりした味でした。それから、生のカットフルーツもいっぱいあって嬉しかったな。飲み物は珍しいところでクランベリージュースを飲んでみました。コーヒーは残念ながらいまいち。

写真だと少し暗くみえるかもしれないですが、明るくて広くて爽やかな朝!っていう感じの場所でした。けっこう広くて開放的で。

このホテルは地下鉄の駅(Gloucester Road)から近く、またその駅が空港まで地下鉄で1本(ピカデリーライン)なのと、ヴィクトリア&アルバートミュージアムには歩いて行けるという便の良さで選びました。部屋の広さもそこそこで、お湯が沸かせる電気ケトルとコーヒー・紅茶のセットなどもあり、シティホテルらしい過ごしやすさでした。

>>> booking.com : Holiday Inn London Kensington Forum
[PR]

by marinji | 2012-10-28 22:00 | 旅のはなし  

ホテルの朝ごはん : ベルギー(ブリュッセル)の Metropole

ベルギー、ブリュッセルのホテル、 Hotel Metropole の朝ごはんです。(2008,2010,2012年)

a0036755_21593461.jpg

a0036755_21594363.jpg

a0036755_21595189.jpg

まったく気付かなかったけど、今年はお皿が変わってますね。絵柄ありから白皿へ。もしくはどちらのお皿もあってたまたま今回白いお皿を取ったのかな?さて、それはさておき。今年はホットサンドマシーンが無くて、非常に残念でした。真ん中の写真のように、ホットサンドが作れたんです。ハムとチーズをはさんでチーズがとろけるぐらいに焼いて。それを楽しみにしてたのでかなりしょんぼり。でもスモークサーモンがおいしかったわ。(前は無かったような?)

メトロポールは今まで三回泊まってます。そして毎回数日間泊まってて、一番滞在日数が長い(多い)。朝食のメニューは毎日変わらないんですが、それなりに種類が多いのでわりと飽きずに食べ続けられました。ホットビュッフェはソーセージ、ベーコン、スクランブルエッグ、マッシュルーム、トマト、ベイクドビーンズ、ハッシュドポテト、ゆで卵(ゆるめ)。コールドビュッフェはハムとチーズが数種類、スモークサーモン、ピクルス、フルーツ、ヨーグルト。パンはいろいろ種類あり、菓子パン的なものは甘いもののみ。クロワッサン、ワッフルあり。あとシリアルもあったかな。場所は明るく広くて爽やかな朝。

ちなみにここによく泊まる理由は、ヨーロッパ的な雰囲気を楽しめるのと、そこそこ部屋が広いのと(棚もあって便利)、自由に使える冷蔵庫があって、さらにフリードリンクがついている!水とコーラとビール(ステラアルトワ)。水を買う手間を省けるのはすごく気が楽なのです。

>>> booking.com : Hotel Metropole
[PR]

by marinji | 2012-10-21 22:23 | 旅のはなし  

レストランの朝ごはん : イギリス(ロンドン)の Tuttons

朝ごはんシリーズの番外編。イギリス、ロンドンのコヴェントガーデンにあるレストラン、Tuttons の朝ごはんです。(2012年)

a0036755_005280.jpg
a0036755_01681.jpg

日曜日のマーケット狙いでコヴェントガーデンへ行ったんですが、着いたら雨、しかも店はまだ全然開かず。雨宿りを兼ねて、開いていたレストラン(Tuttons)に入りました。イギリスといえばのブレックファースト。どこで食べようかといろいろ考えていたのですが、まったく調べてなかったお店に入ることに。それもまた旅の醍醐味。

朝食のセットはいろいろありました。ちょっと悩んだけど、ここはやっぱり観光客らしくフルイングリッシュ・ブレックファースト。写真右下の黒い物体、マッシュルームが独特でおいしい。ソーセージは少しねっとりしていて、濃い。パンがカリカリでおいしい。全体的に味付けは薄く(というか元々塩漬けのベーコン・ソーセージ以外は味付けがされてない?)、テーブル上の塩・胡椒で好きに調整。たっぷりの紅茶で温まって、すっかり目も覚めて。ほどほどに空いている店内でのんびり優雅な時間を過ごせました。

今日更新した ”ベルギー&イギリスの旅2012、2日目メモ(ロンドン)” の朝ごはんです。

>>> Tuttons – Covent Garden restaurant, Covent Garden bar, Tuttons Covent Garden
 
[PR]

by marinji | 2012-08-26 23:59 | 旅のはなし  

ホテルの朝ごはん : St. Bernardus B&B "Het Brouwershuis"

ベルギーのワトウにある、セント・ベルナルデュス醸造所併設のB&B(Bed & Breakfast)の朝ごはんです。(写真は2009年)

B&B はベッドと朝食だけ、というペンションのような宿泊施設。ここは Bed & breakfast というより Bed & Beer じゃないかという場所ではあるんですが(建物内の冷蔵庫にビールが入っていて、飲み放題なのです)、いやいや、朝食も素敵なんですよ。


a0036755_2205971.jpg

何が素敵って、まずは場所が素敵。温室のような、明るい光と緑の中での朝食。テーブルにはオレンジジュースをセットしてくれています。このオレンジシュースがまたうまい。


a0036755_2211633.jpg

a0036755_2212117.jpg

a0036755_2215768.jpg

a0036755_22252.jpg

a0036755_2221076.jpg

様々なパン、ハム、チーズ、フルーツがあり、さらに茹で卵も茹で具合を聞いてくれて用意してくれました。優雅な朝。チーズにはベルナルデュスのチーズもありました。ここには3回行ったんですが、そのうち最初の2回は自分たち一組しか泊まっていなくて、この朝食の場所は貸切状態。本当にゆったり過ごせました。



a0036755_222192.jpg

最後にもう1枚。やっぱり、素敵な場所。

B&Bの外観はこちらに載せてます。

>>> Brouwershuis
[PR]

by marinji | 2012-06-24 22:00 | 旅のはなし  

ホテルの朝ごはん : ベルギー(ブリュッセル)の Le Meridien Brussels

ベルギー、ブリュッセルのホテル、 Le Meridien Brussels の朝ごはんです。(2009年)

a0036755_21312193.jpg

メリディアンはブリュッセルの中央駅の目の前で、一度泊まってみたいなぁと思ってました。それで2泊だけしたんですが、その時は残念ながら駅の目の前の道が工事中で・・・回り道しなければならず。非常に残念でしたが、ホテル内の豪華さやホテル内のバーの居心地の良さなどは堪能できました。朝食もどことなく豪華。お皿の色かな?トマトジュースがあるのもわりと珍しいかも。取っているのは、いつも通り、パンにハムにチーズ。奥のお皿はホットビュッフェの定番、焼いたトマトとマッシュルーム、スクランブルエッグにベーコン。

>>> booking.com : Le Meridien Brussels
[PR]

by marinji | 2012-06-10 22:00 | 旅のはなし  

ホテルの朝ごはん : ベルギー(ブリュッセル)の Novotel

ベルギー、ブリュッセルのホテル、 Novotel Brussels Off Grand Place の朝ごはんです。(2008年)

a0036755_21464043.jpg

ホットビュッフェありの朝食。とにかく加工肉が好きっていう盛り方だな。ハム、ハム、ベーコン、ウインナー。チーズと一緒にパンに乗せて食べたと思います。さらにスクランブルエッグも乗せてるかも。生野菜はそんなに置いてなくて、きゅうりとトマトだけってパターンが多い気がします。あ、ここまでしっかり茶色いパンがあるのはもしかしたら珍しいかも。

左上のジュースで目覚めて、ごはん食べて、真ん中の銀のポットがたぶんコーヒーなのでこれを右上のカップに注いで、ゆったりと一日の計画を立てる。そんな朝ごはんです。

ノボテルはブリュッセルの中央駅近く、三軒ホテルが並んでいるうちの一軒です。グランプラスにも近くて便利。値段もそこそこで部屋もそこそこ、こじんまりしたホテルで、帰ってくると少しホッとする場でした。

>>> booking.com : Novotel Brussels Off Grand Place
[PR]

by marinji | 2012-05-13 22:00 | 旅のはなし  

ホテルの朝ごはん : オランダ(アムステルダム)の Sheraton

オランダ、アムステルダムのスキポール空港直結、Sheraton Amsterdam Airport Schiphol の朝ごはんです。(2009年)

a0036755_22455469.jpg

a0036755_2246252.jpg

とにかく豪華。といっても装飾の豪華さではなくて、機能的ですっきりとして、そして何より・・・メニューが豊富(ビュッフェ形式)。生の野菜もたっぷり(たしかサラダバーがあったと思います)。ここは最終日に寄ったので ”ホテルの朝ごはん” にはだいぶ飽きてきた頃だったのが残念。お皿見てもあまり取ってないですね。

でも、パンケーキにはウキウキしてしまいました。それと、写真では分かりにくいのですが、コーヒーカップが大きいマグカップ!なんか嬉しかった。オランダ特有なのかな?

ベルギー旅行の際に泊まりました。ちょっと高いんですが、アムステルダムの中心部のホテルも高いので、それならいいかな~ということで。スキポール空港からホテルまでは繋がっていて、行き来が楽です。空港で買い物も飲食もできるし、空港からは電車ですぐ市街地に出られるし、思ってたより便利でした。それに何より機能的でそこそこ広くて綺麗な部屋は、旅行の最終日にぴったり。景色も、部屋の窓から空港が見えて、特に夜が良かったです。

>>> booking.com : Sheraton Amsterdam Airport Schiphol
[PR]

by marinji | 2012-05-06 23:11 | 旅のはなし  

カフェの朝ごはん : ドイツ(ミュンヘン)の Weisses Bräuhaus

朝ごはんシリーズの番外編、ドイツのビアレストランです。ミュンヘンにあるヴァイセス・ブロイハウス。Schneider Weisse で有名なシュナイダー社の直営レストラン。ここは朝からやっているんです。(2007年)


a0036755_21344840.jpg


a0036755_2135094.jpg


a0036755_21351530.jpg


「ヴァイス・ビア、ヴァイス・ブルスト、ビッテ!」って言いました、たぶん。”ヴァイス”は”白”という意味。なので白ビールと白ソーセージです。白ソーセージはミュンヘン名物で、朝ごはんに食べられていたものなんだとか。ふわふわとやわらかく、食感は魚肉ソーセージっぽいかな。肉ー!っていう感じのいわゆるドイツのソーセージとはちょっと違うおいしさです。白ビールは爽やかで軽く朝でも飲みやすい。朝から飲んでますけど、まぁ、旅行中だからということで。

甘いマスタードと、パンと、ビール、客もまばらなお店の中でゆったりと優雅な朝でした。

この前日のお昼にも行ったんですが、その時は満席で大賑わい。それもまたビアホールっぽくて楽しかったです。


>>> Weisses Bräuhaus Munich (Official Website for Munich) ...地図あり
>>> Weisses Bräuhaus ...日本語メニューあり
[PR]

by marinji | 2012-04-08 22:00 | 旅のはなし