タグ:フィギュアスケート ( 8 ) タグの人気記事

 

今日の「Don't Stop Me Now」

◆ Queen 「Don't Stop Me Now」

ソチ・オリンピックのフィギュアスケートEX、町田樹選手の「Don't Stop Me Now」は何度見てもいいですね。じわじわ来る。大人しくて真面目そうな青年がロックスターを夢見てワンマンショー状態で踊りまくって、でも最後はまたメガネをかけて真面目な青年に戻る…というストーリー。ロックスター部分が妄想とも思春期の自宅の部屋での一人暴走にも見えて、なんていうか…ハマりすぎです。で、途中にエアギターがあるのだけど、その度に「そっちかー!なりたいのは(フレディじゃなくて)ブライアンなのかー!」と思ってしまう私です。フレディっぽい全身タイツ的な衣装も見てみたい気もしますけどね。気がするだけですかね。

それにしても、私はこれからずっとこれを聞くたびに ♪Don't stop me, Don't stop me, Don't stop me! のとこで思い出し笑いしちゃうんだろうなあ。罪作りなプロだわ。


ソチのフィギュアスケートは、男子・女子のシングルを中心に見ました。男子はSPの録画に失敗するという大惨事があり、残念ながらSPを見れず。FSは通しで全部見ました(リアルタイムではデニス・テン選手から)。女子は両方録れてFSを始めから見てるところ(リアルタイムでは最終グループから)。どちらも最後は三位が誰になるかに手に汗握りました。デニス・テン選手、カロリーナ・コストナー選手、どちらも大好きなんです。他の選手にミスしてほしいとは思わないのだけど、でもこの二人が三位に残ってほしくて。いやー、本当に嬉しい。おめでとうございます。ペアとアイスダンスは、時間が無くてつまみ食い。できれば全部見たいんだけど。

オリンピックは第一滑走の選手から全員放送してくれるのが嬉しい。10人20人と続けて見ると、にわかなりに分かってくることがある。スノボ、ハーフパイプの平野選手のエアの高さとか、ニュースで本人のだけ見るとよく分からない。もちろん私はあんなに飛べないってぐらい高いのは分かるけど、世界のトップの中でどれぐらい高いのかはピンと来ない。けど、何人か他の選手を見ているうちに、「うわっ!高い!」と実感できるようになってくる。フィギュアも、今回、男子シングルを見てて高橋大輔選手のうまさに驚きました。すべてが滑らかで、どの動きにも力みが感じられない。本人は力を入れる瞬間があるんだろうけど、見ていてそれを感じない。当たり前のことのように、そうなることになっているように動いていく。それは最終グループの中でもただ一人だったと思う。とにかく素敵だった。コストナー選手の「ボレロ」も。「ボレロ」は・・・元々は昨季のプログラムで、大好きだったから、まさかオリンピックでノーミスの演技を見ることができるなんて。もう。なんて幸せな一時。

>>> XXII Olympic Winter Games 2014 (スコア)
[PR]

by marinji | 2014-03-02 14:59 | 音楽の日  

今日の「Rain」

◆ 坂本龍一 「Rain」

フィギュアスケート、宮原知子さんのSPの選曲(編曲)は良いですね!「Merry Christmas Mr. Lawrence」で始まって「Rain」を挟んでまた「Merry Christmas Mr. Lawrence」に戻る。曲の始まりと終わりをたっぷりと使って見せてくれるのがなんとも言えず、良い。「Rain」を挟んでくるところがまたやられたーって感じで。素敵で好きだ。
 
[PR]

by marinji | 2013-12-23 15:10 | 音楽の日  

2013 GOLDEN SPIN OF ZAGREB で

安藤美姫とキム・ヨナが出場している(あとタクタミシェワも) 2013 GOLDEN SPIN OF ZAGREB。

安藤美姫が3-3を飛ぶというのでその種類が気になってました。
SPが終わったのでスコアを見てみたら、3T-3T。そう来たか。昔飛んでたLz-Loを見たいけど、やっぱり、難しいんだろうな。とはいえ、回転不足は取られたものの3-3を飛んだなんて胸熱。その後の3Lzと2Aは加点ついてるし!気になるのはスピンで2つレベル1がついてるところだけど、PCSは悪くないんじゃないかしら。

↓結果、スコアはこちらから。
2013 GOLDEN SPIN OF ZAGREB

SP終了時点で2位、1位はキム・ヨナです。3Lz-3T、3F、2Aで、spとsqのレベルの取りこぼしもほぼ無し。すげーな。

【追記】
FSも終わり、安藤美姫は総合2位でした(1位はキム・ヨナ)。スコア全体を見ると、ジャンプではF(フリップ)が無いんですね。そういえば休みに入る前も抜いてたっけ。FSの方が回転不足が増えてるのと、PCSの平均が低くなっているのは体力不足なのかな。演技を見てないので想像でしかないけど。転倒が無いのはさすがです。
 
[PR]

by marinji | 2013-12-07 22:53 | 日々の徒然  

フィギュアスケートつれづれ

昨日は風邪でごろごろしていたのでついでに撮り溜めていたフィギュアを見ました。
それで思ったことをちょこちょこと。

まずユーロ女子。これはJスポーツで見たんだけど、Jスポーツすごい!
すばらしい。私的に理想。スポーツはただそれだけで面白いから、
その外側のドラマを盛り込んだり無理矢理煽ったりする必要無いんだよ。
ってことを改めて思った。
ルール、採点の話も丁寧なので、ああ、だからこの点数なのね、という納得感あり。

それで改めて思ったけど、
その演技の好き・嫌い、それそれから選手本人のやり切った感、
そこから想像する点数と実際の点数は必ずしも一致しない。
実際の点数には構成の違いだとか、現行ルールだとか、色々理由(基準)があるわけで。
当たり前なのだけど、ついそれを忘れてしまいそうになる。


ユーロ女子はやっぱりカロリーナ・コストナーが素敵だった。大好き。
カロリーナでなければ表現できない世界、素敵だわ。
「牧神の午後」が大好きだったんだけど、今回の「ボレロ」もいいなぁ。持ち越して完成させて欲しい。
他の人を見てから彼女の滑りを見ると、改めてすごいなぁと思います。
慌しい印象がまったくないんだけど、速い。滑らかに速い。

あと、176cmだったかな、とにかく背が高い子がいて、
足をさっと上げるだけでも絵になって、すてきーと思った。
残念ながらSPで落ちてしまったけど、まだまだこれからの人だと思うので、これからが楽しみ。


それから世界選手権、フジ。煽りうぜー。
それはさておき、デニス・テン。デニス・テン。デニス・テン。
すてきー。すてきなプログラム、すてきな衣装、すてきな演技!
ジャンプもほとんど安定してたし、ステップはやっぱり踊れるねー盛り上がるねー。
フリーで感極まったところはうるっと来ました。大好きです。
EXの「雨に唄えば」も素敵だったな。

ジュベールのザヤは残念でした。(3Fノーカン)

キム・ヨナのレミゼ、素敵だったなー。
カロリーナはアクシデントが残念。やっぱり、完璧なボレロを見てみたい。

日本は男女ともに3枠取れてめでたい。
ロシア男子が1枠という大波乱。


>>> ISU European Figure Skating Championships 2013
>>> ISU World Figure Skating Championships 2013
[PR]

by marinji | 2013-04-07 22:16 | 日々の徒然  

ISU European Figure Skating Championships 2012 で

プルシェンコが優勝しててびっくりした (男子シングル)。
びっくりっていうかなんていうか、思わず笑ってしまった。
で、彼をSPではリードしていたのが同じロシアのアルトゥール・ガチンスキー。
頑張れ!ぎゃふんと言わしたれ!

ベルギーは Jorik HENDRICKX が9位ということで KVDP はそろそろ引退できるでしょうか。
(本人の趣味ならいいのですが)

しかし上位に90年生まれ多いなー。若い。


女子シングル1位は大好きなカロリーナ・コストナー。
このまま安定して世界選手権も取って欲しい(希望)。

おっ、ゲデバニシビリ3位。素敵。


それにしてもプルシェンコ・・・いつまでやるんだろう。すごいとは思うのだけど。

ISU European Figure Skating Championships 2012 , Starting Orders / Results
  
[PR]

by marinji | 2012-01-29 15:04 | 日々の徒然  

フィギュアスケート 2009世界選手権

少し時間が経ってしまいましたが世界選手権の女子シングルについて。

今回はSPではキム・ヨナの「死の舞踏」、FSでは安藤美姫の「オルガン」がよかった!よかったというのは私の好みとしてですが、この2つは採点でも評価がよかったですね。特に安藤美姫のFSはミスも無くて動きも伸びやかで力強くて今シーズンベストの出来じゃないかしら!?以前の「カルメン」も大好きだけど、このプログラムも素敵。衣装も。そして、良い意味で、張りつめた空気が消えていたのが印象的。トリノの荒川静香のようだった。反対に浅田真央はすごいということは伝わってくるものの、息苦しい印象。でもFSの新衣装は可愛かった(元の衣装がイマイチだったから余計に)。浅田真央好きな方はこちら(@niftySports@nifty フィギュアスケート特集:女子シングル終了、浅田真央4位 )も読んでみてください。それから・・・ジョアニー・ロシェットは筋肉というよりも体幹の太さ(というと女性には失礼?)にびっくり。上半身が全然ぐらぐらしないんですよね。腰~背中~首がスッと力強く伸びた姿には思わず中田英寿を思い出しました。エキシビジョンがかっこよかったなー。SPのピンクの衣装にポニーテールというのも意外にぴったりで可愛かった!FS、キム・ヨナの後のカロリーナ・コストナーは痛々しかったなぁ・・・。雰囲気に飲まれたんでしょうか。村主さんのFSはやっぱり古風でドラマチックな曲が似合うなと再確認。

そして、もうオリンピックまで1年無いということに驚きました。日本は男女どちらも3枠確保できてめでたい。今から楽しみです。


ISU World Figure Skating Championships 2009 (Result Details)

↑ここの”Judges Scores”からプロトコル(採点の内訳)を見ることができます。略字の意味などはWikipedia の「フィギュアスケートの採点法」を参照ください。織田信成のFS、ザヤックルール(大雑把に言うと「得意なジャンプばかり跳んでちゃ駄目、バランスよく演技しなさい」というもの)にひっかかった 3F+2T+2Lo が0点で泣けます。でもプラス評価つきの4T+3Tは見事!
  
[PR]

by marinji | 2009-04-05 01:06 | 日々の徒然  

スポーツ、昨日からいろいろありました。

まずはフィギュア世界選手権、女子フリー。いやー、安藤美姫。よかった。手先までピシっと伸びていて、ジャンプも気持ち良さそうに飛んでいて。トリノの荒川静香を思い出しました。私は技術は全然分からないけれど、見ていて「あ、これは勝つな」と思いました。順位が決まった瞬間の号泣にもらい泣き。浅田真央もすごくよかったけど、失敗しないように押さえながらやっていた印象(気のせいかも)。滑り終わった瞬間の涙は、彼女が抱えていたプレッシャーの重さが見えました。二位に終わったのはスポーツの厳しさかな。ショートプログラムも大事、ということで。今日のエキシビジョンも楽しみ。録画してるのでこれからゆっくり見ます。

それからサッカー日本代表VSペルー代表。巻、よかったねえ。好きな選手なので、やっと点が決まって嬉しい。俊輔のボールもよかった。それから高原のゴールはすごかった。あれでこそ高原。生放送では最後の方しか見れなかったのですが、淳吾出ましたねー。しかもFK蹴って!外れたけど。変にまとまらずに代表で刺激受けてどんどん伸びてほしい。全体を見ていないので、チームとしてどうだったのかは分かりませんが、オシム監督の言葉やレポートからするとやや海外組二人を立てるような感じだったのかな。そうならもったいない。

それから今日はナビスコ。清水VS横浜FMは、清水の先制!ジャンプを決めた後のミラクル真央ばりにガッツポーズを決めるも(私が)、逆転。しかし清水も踏ん張って、同点に。しかも同点弾は市川。うわー。どんなシュートだったんだろう。気になる。ネットで速報テキスト観戦でした。

後はなんだったかな。あ、あれだ、EURO2008。チェコVSドイツ=1:2。どっちも好きなんですが今回はチェコに勝たせてあげたい気分だったので、切ない。チェコの得点はバロシュ。

フィギュア世界選手権2007、安藤美姫FS詳細[sports navi]
日本代表、巻得点後の写真。嬉しそう。俊輔も笑顔でした。[J'sGOAL]
ナビスコカップ Bグループ 清水vs横浜FM=2:2、ゲームサマリー[J'sGOAL]
EURO2008特集[sports navi]
 
[PR]

by marinji | 2007-03-25 23:19 | 蹴球[Football]の日  

銀のロマンティック!

友達の家で鍋をつつきながらフィギュアスケート・グランプリのエキシビジョンを見ていたら、ありえない美形が出てきたので忘れないうちにメモっときます。男子2位のジェフリー・バトル。少女漫画に出てくる、日本にお忍びで来ちゃったどこかの国の王子様みたいな金髪美少年。ファンタスティック!顔のつくりそのものもため息モノですが、笑顔には皆(30代男性含む)メロメロになっておりました。

スケート自体も美しくてね、だから動いてる姿を是非見て欲しいですが、写真も探してみました。1位のステファン・ランビールもワイルドでフェロモンむんむんないい男ですよ。

12/17大会二日目 記者会見グランプリ公式サイト内)
10/1、ジャパン・インターナショナル・チャレンジ優勝(Yahoo!ニュース)


エキシビジョンは試合後のお楽しみ。緊張から開放された選手たちの楽しそうな演技が、むしろ試合(大会)そのものの演技より観ていて面白かったりしますが、今日のもすごく楽しかった。どの選手も本当にすごい!特に女子、なんであんなくるくる回転しながらぐいって足を上げていけるんだろう。なんか人の体としておかしいと思うぐらい。織田信成の演技、曲がスーパーマリオブラザーズだったんだけど、実況か解説の人、どちらかの「あ、コイン出ましたよ!」のコメントは最高。

エキシビジョンで思い出すのは、川原泉さんの『銀のロマンティック…わはは』。フィギュアスケート(ペア)の話なんですが、エキシビジョンで何をやるか?ってことになって、なんと男女逆のパートを踊ることに。女の子が大人の男をばんばん持ち上げて投げるという・・・。その後に「このままではお笑いスケーターになってしまう」と悩む姿も微笑ましい。これ一度現実で観てみたいけど無理だろうなぁ。この作品、ジャンルでいうと少女漫画ですが、キラキラ華麗なフィギュア漫画ではなく妙に現実的だったり笑い要素も多くて、でもほろりと泣けたりもして、老若男女すべてに薦めたい作品です。ちなみに単行本は既に絶版なのですが、白泉社文庫版の『甲子園の空に笑え!』に収録。甲子園~も良い話なのでこの1冊はオススメ。


そんなわけでサッカーのトヨタカップ決勝はほとんど見忘れました。見たのは最後5分ぐらい。
  
[PR]

by marinji | 2005-12-19 00:49 | 日々の徒然