タグ:[旅]イギリス ( 20 ) タグの人気記事

 

だまし絵/宇宙博/ヴァロットン/ロンドンいろいろ

2014年9月に見た美術展等。

久しぶりの更新です。ロンドンからはだいぶ前に帰って来ていました。はい。で、9月はロンドンに行った月でして、日本ではあまり見ることができなかったので、ロンドンで行くことができた美術館・博物館の感想も書いてみます。まずは日本で見たものから。


だまし絵Ⅱ 進化するだまし絵 (2014/8/9-10/5、Bunkamuraザ・ミュージアム)

Bunkamura25周年特別企画とのこと。ポスター、チラシがアルチンボルトだったので古典的なだまし絵が中心かと思っていたのですが、現代アートの方が多かったですね。どちらもそれぞれ面白かったです。エッシャー、マグリット、ダリあたりは、「言われてみればこれもだまし絵か」と少し新鮮な思いで見ました。

パトリック・ヒューズ「広重とヒューズ」は、屏風を立てた時のような凹凸と、そこに描かれた舞台の内容の凹凸(いや、奥行きか)が逆転していて、どうしても脳が騙される。距離と角度を取って、「よしここからなら物体の凹凸のままに見える」という状態から少しずつ近づいてみるのだけど、ふっとその凹凸が描かれている内容の方に入れ替わって、でも物体の凹凸も確かにあるわけだから、ぐにゃーっと視界が揺れる。何度やっても駄目だったなー。

後は、a-ha「テイク・オン・ミー」のPV。実写とアニメの混ざり合い。これは見たことがあったけど、改めて面白かった。そしてこれの音が!会場で流しているのだけど他の作品の邪魔にならないようにということである位置に立つとそこでだけ聞こえるっていうシステムで。ちょっと外れると、音漏れ?っていう音量でしか聞こえない。すぐそばなのに。これもまた知ってたけど、それと気付かずに体験すると驚きでした。これかな。絵じゃないけど、これもだまし作品の一つのよう。

>>> Bunkamuraザ・ミュージアム



宇宙博2014 (2014/7/19-9/23、幕張メッセ国際展示場)

混んでた!いやー、混んでた!終了30分前で入口が閉まるとだいたい空いてくるもんですが、これはずっと混んでたなー。いやもう、正直その印象が強いんですが、内容は充実していて面白かったです。だからこそ空いてる状態で見たかった。夏休み向けの展示はしょうがないか。NASA、JAXAそれぞれの展示スペースがあり、それぞれにたっぶり様々な宇宙関係の機材等々の実物展示があって盛りだくさんでした。

>>> 宇宙博2014:朝日新聞デジタル



ヴァロットン ―冷たい炎の画家 (2014/6/14-9/23、三菱一号館美術館)

開催期間は長かったのに、行くのは遅くなってしまいました。知らない画家だったから、気になるような、見逃してもいいような感じで。でも良かったなー。ねちっとした感じ。スイスだからカラッとしそうなものなのに(勝手なイメージ)、妙に湿度が高い印象。横たわって背中を向けて顔だけ振り向く裸婦が、じわじわエロい(赤い絨毯に横たわる裸婦)。なんだろう、これは。見てはいけないものを見ているような感覚。デザイン、イラスト的な塗り方と構図。色が良くて、パキッとした綺麗な明るい色も明るくなりきらない、でも黒も暗くなりきらない感じ、好きだな。

>>> 三菱一号館美術館



ここからロンドン。

大英博物館 (British Museum):
やっぱりすごい、でかい。とにかくよくこんなに集められるね!と大英帝国の強さを感じざるを得ない。教科書みたいというか、実際教科書に載ってる物もいっぱいあるんだろうな。アッシリアのあたりが好きです。展示も開放的で。ナイト・ミュージアムの新作の舞台が大英博物館だそうで、これはなかなか楽しみです。

自然史博物館 (Natural History Museum):
これまたでかい。でかすぎる。とても回りきれない。しかも英語が読めない(すいませんね)。なのでざーっと流し見!しょっぱなの恐竜ゾーンと、建物自体が特によかったです。中のレストランでお昼を食べました。

ヴィクトリア&アルバート博物館 (Victoria and Albert Museum):
大好き!大好きなんだけど、これまたでかい。今回は二度目なんですが、頑張って地図を片手に全部屋踏破してみました(閉室中だった数部屋を除く)。疲れた。疲れたけど、これで自分的にどこを見ればいいのか分かったので、満足です。また行く機会があるかどうか分からないけど。ラファエロのカルトンの部屋と、Cast Courts という部屋(様々な彫刻の複製群(特にトラヤヌスの記念柱!)がある)が特に好き。中庭でお茶しました。あ、三菱一号館で見た唯美主義の絵に再会できました。

イギリス空軍博物館 (Royal Air Force Museum):
これまたでかかったですが…(でかいしか言ってないな)。実物の展示がどっさりあって、飛行機の歴史を辿っていくような部分はうっひょー!って感じだったんですけども、徐々にこう、近現代の戦争ゾーンに入って来ますとですね、無責任にかっこいいとだけ言っているわけにもいかないムードが漂い出すわけでして。こう、お腹のあたりが、ずしーっと重いような気分になって博物館を後にしました。

ナショナル・ギャラリー (National Gallery):
ここの併設のカフェで朝食を食べてみたくて、今回それが叶いました!ふふふ。朝食を食べてから、いざ展示へ。二度目なんですけど、改めて、大作・名作がごろごろしてて満漢全席。腹いっぱいです。それにしても、大英もなんだけど、イギリスって美術史的には後発国で自国の作品っていうのは少ないんだけど、よくこんなに他国から集められるよね。どんだけお金持ってたの(と今更思う)。そのおかげでこうやってまとめて一気に見ることができるのはありがたいことです。自国作品が少ないからか各国の作品がバランスよく揃ってる気もするし。そういえばナショナル・ギャラリー展って聞いたことない気がするけど、貸し出しはしない方針なのかな?

テート・ブリテン (Tate):
私は「テート・ギャラリー」という呼び名の方がまだ馴染みがあるんですが、今は「テート・ブリテン」と「テート・モダン」なんですね。モダンの方までは行けませんでしたが、ブリテンは行きました!行きたかったんだ、ずっと。オフィーリアがあるから。それにラファエロ前派展で見たロセッティの作品も、ラファエロ前派展にはあまり無かったバン・ジョーンズ、ウォーターハウスも。イギリス絵画の歴史を辿ることができる美術館なんですが、ラファエロ前派の間だけでウハウハでした。ターナーもいっぱい。ウイリアム・ブレイクの作品もあって、満足。

もうちょっと小粒の美術館、博物館も行ってみたかったんですが、時間切れ。そしてずっと建物の中にいるのがもったいなくも感じてしまって。町歩きとか、公園散策とかも楽しかった。
  
[PR]

by marinji | 2014-12-31 11:51 | 美術展・博物展のはなし  

イギリス・ベルギーめぐり : ユーロスター

すみません、来週更新します!(3/17)
→ということで、ユーロスターです。ロンドン経由にした理由のひとつ!ドーバー海峡を電車で越えてみたいじゃない。


a0036755_22481311.jpg

ロンドンのユーロスター発着ホーム。五輪仕様。乗る日の朝に駅を下調べした時の写真。(乗ったのは午後)


a0036755_22504189.jpg

この先で出入国手続き。他のEU圏内での電車移動で何もチェックされなかったことを思い出し、イギリス~ベルギー間は面倒なんだなぁと。今更。パスポートのチェックとかはどうでもいいんだけど、荷物チェックが!面倒!重いスーツケースを荷台に乗せるのがさー。飛行機なら預けてるからこの面倒が無いんだけど。でもチェックの人たちは陽気でいい人たちでした。「カギ!イレテナイ!?」とか聞かれて。よくカギって言葉を知ってるね。


a0036755_22561038.jpg

荷物チェックの先、ユーロスターを待つ場所にいた子供のスーツケース。かわいい。


a0036755_22575695.jpg

待つ場所。これはホームへの案内が始まって人が動いた後。待ってた間はみっしり人が座ってました。


a0036755_2258105.jpg

ということで、ホームへ上がります。エスカレーターで。案内があるまでは扉が閉まっていてエスカレーターに乗れません。


a0036755_2305858.jpg

椅子はこんな感じ。そこそこゆったり。(時系列で写真を並べているのでなかなかユーロスター自体の写真が出てこなくてすいません。あとちょっとです)


a0036755_2333281.jpg

海岸線を走ったりするのかなぁと少し期待してたんですが、ずっとこんな景色。これはこれで綺麗だけど。海底にもぐる雰囲気はまったく無かったなー。


a0036755_2354493.jpg

ベルギー(ブリュッセル)に到着!(やっと本体の写真が)

パリを経由しない直行便だと2時間程度です。2時間というと・・・東京~名古屋か。到着時はブリュッセルでは何もチェックが無かったんですが、ロンドンに戻る時、ブリュッセル出発時にはロンドンと同じように出入国手続きがありました。もうねー、ベルギーでいっぱい買ったビールの詰まったスーツケースを持ち上げるのが大変で。。。あと、ロンドンに何日いるのか、何をするのか、とかちょこちょこと聞かれました。入国審査なんですね。で、到着側(ロンドン)ではチェック無しでした。出発地でチェックすることになっているようです。

乗り心地はわりと普通の特急という感じ。上でも書きましたが、景色として海を目にすることがないので、本当に海峡越えてるのかなーという感じなのは残念。青函トンネルを電車で越える時のほうがその雰囲気はあるな。でもまぁそれはそれで。世界地図上のあの部分を電車で渡ったんだなぁという感慨はあります。

全席指定なので席取りで早く行く必要は無いですが、荷物を置く場所を確保したい人は早めに向かったほうがいいですよ。
[PR]

by marinji | 2013-03-24 23:19 | 旅のはなし  

イギリスめぐり : フォートナム&メイソンでアフタヌーンティー

a0036755_2130556.jpg

ロンドンの百貨店、フォートナム&メイソン。写真やや右側の真ん中、赤レンガ色の建物です。アフタヌーンティーをしに行きました。まずは中をぶらぶら。一階は紅茶や蜂蜜がお菓子など・・・見ているだけでも楽しいラインナップ。階を上がっていくと、服や雑貨などで品のいい洒落た印象のものが並びます。売るぞっていう感じよりも上品な展示という印象。

さて、一番上の階のレストラン The Diamond Jubilee Tea Salon へ。


a0036755_2137884.jpg
a0036755_21371585.jpg
a0036755_21372216.jpg

三段トレイ!華やかー。真っ白なテーブルクロスに水色・金縁の食器類が映えます。一番下はサンドイッチ。ローストビーフ、スモークサーモンがおいしかった!で、一皿食べきるとおかわりするかどうかを聞いてくれるので、スモークサーモンのサンドイッチをおかわり。値段高いわーと思っていたけど、サービスがすごい(たしか二人分で80ポンドぐらい)。真ん中のお皿はスコーン。プレーンとレーズン入り。クロテッドクリームとかジャムとかレモンカードとか、たっぶり塗って、食べる。紅茶が進む。これまたおかわりを聞かれるので、プレーンをもらう。一番上はケーキ!これまたおいしい。で、ケーキも、これとは別に切り分けて持って来てもらえるケーキがあったのだけど、すっかりお腹いっぱいになっていたので断念。お店の人には「え?いいの?」って顔をされたけど。

別のケーキがあることは最初にも言われていて、その時は「三段トレイなんてペロリだよ!あっちのケーキも絶対食べる!どれにしよう?」なんて思っていたのに・・・スコーンがねぇ。おいしいけど、けっこうずっしりなのよねぇ。でもおいしかったので、悔い無しです。お昼ごはん代わりでした。



a0036755_224671.jpg

階段も素敵でした。目が回りそうだけど。

[PR]

by marinji | 2013-03-10 22:01 | 旅のはなし  

イギリスめぐり : ウエストミンスター寺院

a0036755_21564948.jpg

ウエストミンスター寺院です。行ってみたら日曜日だから入れず。気付いてみれば当たり前なのだけど、気付かなかった!でもそんな人で正面入り口前はいっぱい。礼拝目的の人のみ入れます。

翌日に再訪。けっこう早い時間に着いたはずなのに、既に大行列。しばらく並んで入ると、いきなり尼さんらしき女性にどこから来たのかと尋ねられて、日本と返事。そうするとすかさず日本語の音声ガイドを渡してくれるのだけど・・・「えー、さくっとまわるつもりだったからいらないんだけどなー」なんて思って微妙な顔をしていたら、「無料だから!大丈夫よ!」と熱心に勧められ(英語で)。「いやいやそこが気になっていたわけではなくて」と思いつつも、ありがたく受け取ることに。

聞きながらまわってみると、ひとつひとつの意味が分かって面白い。結果、時間はかかってしまったけど無茶苦茶面白かったので悔い無し。歴代の国王・女王の豪華なお墓の他、ニュートン、ダーウィンのお墓も確認できた。ダヴィンチコードも思い出しつつ。面白かったな。とにかく物がいっぱい、装飾いっぱい、ちょっとごちゃごちゃしてる印象もあるけど、盛りだくさんでとにかくすごい。中は撮影禁止なので残念ながら写真は無いです。


a0036755_2223548.jpg

「20世紀の殉教者」だそうです。左から、1.Maximilian kolbe、2.Manche Masemola、3.Janani Luwum、4.Elizabeth of Russia、5.Martin Luther King、6.Oscar Romero、7.Dietrich Bonhoeffer、8.Esther John、9.Lucian Tapiedi、10.Wang Zhiming。5番にびっくり。下の段は Truth、Justice、Mercy、Peace の擬人化。


a0036755_2221273.jpg
a0036755_2224750.jpg



a0036755_2225640.jpg

16ポンド。けっこう高かったけど満足。
[PR]

by marinji | 2013-03-03 22:00 | 旅のはなし  

イギリスめぐり : エロス像

旅でまわった順に書いてるんですが、今回でやっと三日目分に突入。この日は朝にアップルストアへ充電のためのコードを買いに、というわけでピカデリー・サーカス駅を出てすぐのエロス像・噴水。

a0036755_13501693.jpg
a0036755_1403640.jpg
a0036755_13502164.jpg

ヨーロッパだなぁっていう町並みと、都会らしい看板の連なりと。広場があって、その真ん中には噴水、そしてエロス像。「エロス」はギリシャ神話の愛の神。ただ実はエロスの双子の弟であるアンテロスを意識して作られたそう。呼びやすさとか知名度とかで、「エロス」って広まっていったんですかね。

片足だけで下の台につながっていて、この足が細くて、翼が大きくて、よくぐらぐらせずに立ってられるなーと不思議でした。見ていてヒヤヒヤする細さです。



a0036755_145510.jpg
a0036755_1451162.jpg

広場からの道。ユニクロがある通りです。オリンピック前だったからなのか、国旗が。日の丸もありました。それとケーキ屋。三段・四段ケーキがすごい。でも食べられるものではないのかな?アップルストアは撮り忘れましたが、広々としたいいお店でした。
 
[PR]

by marinji | 2013-02-24 22:00 | 旅のはなし  

イギリスめぐり : タワー・ブリッジ

エミレーツ・スタジアムの前にここを投稿するのを忘れてました。


a0036755_21492940.jpg

タワー・ブリッジ、オリンピック仕様。

実はついさっきまで、「ロンドン橋」だと思っていました。ローンドン橋落ちた、落ちた、落ちた♪のロンドン橋。タワー・ブリッジという名前も知っていて、タワー・ブリッジことロンドン橋、と思い込んでおりました。投稿する前にWIKIってみて「あれー?」って。これまでの投稿でもこれの写真に「ロンドン橋」と書いていたので、タワー・ブリッジに直しました。ふうー。

この塔からの眺めが良いそうなんですが、ロンドン塔で思いのほか時間をかけて遊んでしまったため、開いている時間に間に合わず。残念。でも、橋が上がるところは見ることができましたよ。



a0036755_21572126.jpg
a0036755_21572712.jpg

船が通っていきます。そしてこの間、ずっと橋を渡れないので・・・車は大渋滞。



a0036755_224137.jpg
a0036755_22412100.jpg

塔には上れなかったけど、橋を渡ってみました。橋自体はわりと普通。五輪がたたまれてるのを見上げられたのはよかった。あと、ど真ん中の割れ目はちょっと怖かったかな。



a0036755_228523.jpg

橋の上から。丸い不思議な形の建物はシティ・ホール。シティ・ホール(英: City Hall)は、大ロンドン市長とロンドン議会から構成されるグレーター・ロンドン・オーソリティーの本部とのこと。なんでこの形にしたのかなぁ。

橋の上からでもいい景色だったけど、塔の上からはもっと見晴らしがいいんだろうな。

>>> Tower Bridge Exhibition (日本語ページ:タワー橋展覧会)
[PR]

by marinji | 2013-02-17 22:00 | 旅のはなし  

イギリスめぐり : エミレーツ・スタジアム

すいません、またしても更新遅れてます。今回はエミレーツ・スタジアムです。明日中にはなんとか!
→2/11更新しました。


a0036755_22152312.jpg

ロンドンに行ったら見たいと思っていたもののひとつ、アーセナルのスタジアム。なぜアーセナルかというと、ドルトムントに引き続き、ロシツキです。はい。いるうちに来てみたかったんだよね。試合が無いのは残念だけど。あと、今回、中には入れませんでした。残念。



a0036755_22381228.jpg

スタジアムは地下鉄の駅から徒歩で行けるという便利な場所。駅名もずばり ARSENAL。



a0036755_22392588.jpg
a0036755_22401344.jpg

地上に出るとスタジアムへの案内あり。



a0036755_22412150.jpg

住宅地のすぐ向かいにスタジアムがあります(右側)。これはけっこう驚いた。目の前に住みたいねぇ!(帰りに撮ったので少し暗め)



a0036755_12235052.jpg

その左側の建物の方にある階段を上ります。(写真ブレブレですいません)



a0036755_22431245.jpg

階段を上った先には、もうスタジアムが(左側)。雨上がりの道を渡って。



a0036755_22443389.jpg

スタジアム!でかい!かっこいい!中に入りたい!



a0036755_22451919.jpg

アーセナル一筋で19年間プレーしたトニー・アダムスの銅像だそう。創設125周年記念で作られたもので、他にハーバート・チャップマン、ティエリ・アンリの像があるそうです。



a0036755_22505732.jpg

ゲートの案内。この案内のお世話になれないことが残念!



a0036755_2248994.jpg

場外の販売店。ビールの広告は意外にイギリスのビールではなく、デンマークのカールスバーグでした。



a0036755_22495221.jpg

振り返ったところ。左の道から来ました。



a0036755_22523348.jpg

上の写真でいうと左側の写ってないところに建っている建物。下はファン向けのミュージアムなのだけど、上は何なんだろう。クラブハウス?とはいえ練習場はここじゃないし。事務所でしょうか。



a0036755_22541825.jpg

ミュージアムは5時か6時まで。行った時間が遅かったので、既に閉まっていて・・・無念。空は明るいんですけどね!たしか7時は過ぎてたと思います。



a0036755_22593487.jpg

金網越しに見つけた、エミレーツのマーク。ここがもしかしたら正面なのかな?



a0036755_2303127.jpg

来た道を戻って、階段を下りて住宅地の向かいにあるショップ。こっちも既に閉店。うー、残念。

駅から近いので、非常に行き易いスタジアムでした。駅自体もロンドンの中心からそんなに遠くないし。ウエンブリーと悩んだけど、こっちにして良かったかも。いつかスタジアムの中に入りたいものです。


エミレーツスタジアム THE CLUB アーセナルFC公式サイト日本語版 JP-Arsenal.Com
 
[PR]

by marinji | 2013-02-10 23:15 | 旅のはなし  

イギリスめぐり : ロンドン塔

すいません。今週バタバタだったので旅のはなしは休みます。(1/20)
次はロンドン塔についてです。写真左側。面白かった。来週ここに書き足します。
→1/27:すみません。さらに来週に延期します。
→2/3:遅くなりましたが、ロンドン塔についてです。


a0036755_2265467.jpg

ロンドン塔(Tower of London)。実は行くまでずっと、エッフェル塔みたいなものを想像してました。”塔”ということで。なので、あまり時間も無いし行かなくていいかなぁなんて思っていたんですが・・・行ったら面白かった!城だし!城塞だし!イギリス史ど真ん中だし(たぶん)。しかしこれだけ行きやすいお城ってありがたい。山の上じゃないんですね。川に面して、町中にあります。


a0036755_21333642.jpg

チケットを買って、中に入ってみます。


a0036755_21341289.jpg

この奥のところで、寸劇・・・歴史の芝居をやっていました。


a0036755_21351389.jpg

何種類かありました。歴史クイズ、というよりアンケートかな。問「WHAT REALLY HAPPENED TO THE PRINCES IN THE TOWER ?」、答1 「MURDERD ON THE ORDERS OF HENRY VII ?」4804票、答2 「MURDERD ON THE ORDERS OF RICHARD III ?」 7876票、答3 「NOT MURDERD BUT DISAPPEARED ...」 53296票。エドワード5世とヨーク公リチャードのことですね。イギリス史好きな人ならたまらないのでは。


a0036755_21435470.jpg

メインのホワイト・タワーの中には甲冑の展示が。股間が気になります。あまり目立たない写真を選んだんですが。


a0036755_21452418.jpg

全体はこんな感じ。日本の鎧の展示もあって驚きました。


a0036755_2148218.jpg

宝石や王冠が展示されている館。ドラマ「シャーロック」でモリアーティが忍び込んでましたね。


a0036755_21541278.jpg

ふと見たら、タワー・ブリッジに取り付けられた五輪が下りてました!(ほとんどたたまれてたのでこれにはびっくりした。写真撮ってる人も大勢。)


a0036755_21554370.jpg

ホワイトタワー、外観。横からですいません。


a0036755_21561154.jpg

予想外に面白かった wall walk。城壁の上を歩きます。下から見ていた建物を少し高いところから見るのも面白い。ちょこちょこと建物に入ったりも。しかし予想外に長かった。なので、全体が閉まる30分前には入れなくなってたと思います。歩いてる間に、雨が降ったり止んだりしました。


a0036755_21594614.jpg

最後にはよく晴れました。出たところで振り返っての1枚。

機会があったらまた行きたいです。歴史を勉強してからだなー。知らなくても面白かったけど、知ってたらもっと面白いに違いない。
[PR]

by marinji | 2013-02-03 22:03 | 旅のはなし  

イギリスめぐり : ビッグ・ベン

イギリスといえば、最初にこの建物を思い出す人も多いのではないでしょうか。

a0036755_2294913.jpg
a0036755_2295878.jpg

ビッグ・ベン。英国国会議事堂(ウェストミンスター宮殿)に付属する時計台の大時鐘の愛称、時計台全体を指して呼んでもいます。うーん、ゴシック!この直線的で上に伸びていく感じ。ゴシック建築好きなので、ロンドン楽しいです。中には入ってません。というか、入れないのかな?

まわりに同じ高さの建物が無いこともあって、見えた瞬間はハッとしました。

二枚目の写真は晴れてるように見えますが、天気雨。だから傘をさしてる人がいます。
 
[PR]

by marinji | 2012-12-16 22:00 | 旅のはなし  

イギリスめぐり : BAKER STREET 駅

ロンドンの地下鉄の駅のひとつ、BAKER STREET。

a0036755_21484984.jpg

乗換えで電車を降りてみると・・・線路側じゃない、写真でいうと左手の壁には、


a0036755_21495078.jpg

ベイカー・ストリートといえばのシャーロック・ホームズ!小説の挿絵のような、雰囲気のある絵。


a0036755_2151252.jpg

1つのホームに何枚もあって、一枚ずつちゃんと別のもの。こちらは "The Solitary Cyclist"。小説のフレーズも左に記載されています。一つ上の写真のは "The Red-Headed League"。


a0036755_2274317.jpg

こちらは "The Lion's Mane"。駅のホームにしては物騒な絵。


a0036755_21563111.jpg
a0036755_2156418.jpg

ホームの他にも、通路のタイルにもシャーロックが。おしゃれー!憎いわー。ベイカー・ストリートを歩く時間は無かったけど、駅の中だけでも雰囲気を味わえました。日本で人気があっても現地では・・・ってこともあるけど、愛されてるんだなぁって思って嬉しかったです。もし行くことがあれば壁にご注目を!
  
[PR]

by marinji | 2012-12-09 22:10 | 旅のはなし