<   2015年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

ウルトラ植物/江戸ダンディズム/乾山/暁斎コンドル/ルーシー・リー/うらめしや/エジプト王妃

2015年7月に見た美術展等。

7月分もとりあえず、行った時のメモから。結果的にですが回顧展中心なラインナップ。それぞれ濃い。もしもうちょい行けたら下に追加します。(8/18追加しました


ウルトラ植物博覧会 西畠清順と愉快な植物たち (2015/7/3-8/16、Pola Museum Annex)

ギャラリーで植物の展示って???と、行ってみるまではピンと来なかったんだけど、見たことない植物だらけで、なんじゃこりゃーな感じのも多く、うっかりすると現代アートにも見えてきたりして、楽しかった!植物を素材としたアート作品の展示ではなく、立体図鑑という感じ。そして入場無料なのに植物の説明が書かれたパンフレットももらえてびっくり(子供向けの説明文つき)。銀座一丁目駅そばで夜8時までやってるので、銀ブラのついでにでも寄ってみてはいかがでしょう!

私は少し日を開けてまた見に行きたいです。花が咲いたり散ったり実がなったり少し枯れたり等々の変化があるはず。

>>> POLA MUSEUM ANNEX
>>> from-sora | 西畠清順 そら植物園 SORA BOTANICAL GARDEN project



江戸のダンディズム 刀から印籠まで (2015/5/30-7/20、根津美術館)

行くかどうか迷ってたけど終了間近になってやっぱり気になって行きました。

刀関連の面白さ、かっこよさ、美しさはもちろんのこと、今回は印籠と根付にしびれた!それぞれの細工の凄さもあるけと、この印籠にこの根付を合わせるのかっていう組み合わせの面白さもあり。しかも柴田是真作の印籠や鞘もあったり!行ってよかったよう。

江戸の男のお洒落小物。今で言うと腕時計とかライターとか眼鏡、靴にこだわるような感じでしょうか。ポスターがかっこよかったなー。

>>> 根津美術館



着想のマエストロ 乾山見参! (2015/5/27-7/20、サントリー美術館)

2回目。変態!と思ったのは2回目の時。

根津美術館のテーマ展示でも乾山のお皿セットがあって、上面の左右半分に斜めに柄が描かれていて、「ふーん、かわいいな」と思いつつしゃがんで下面も覗きこんで見てみたら、上面で絵がある方(右)と逆側(左)に柄が描かれていて、柄がお皿の下をぐるっとまわって包み込んでいるかのようで。やっぱ変態だなーと嬉しくなりました。同じ期間に展示してくれてありがとう!

尾形乾山と河鍋暁斎の作品はちょこちょこと見掛けることがあるのだけど、まとめて見たのは今回が初めてで、企画してくれた美術館に感謝です。

>>> サントリー美術館



画鬼・暁斎 幕末明治のスター絵師と弟子コンドル (2015/6/27-9/6、三菱一号館美術館)

何度か見に行こうと思ってます。弟子であるコンドルが設計した建物での展示っていうのが面白いですね。あと、コンドルさんけっこううまい。

河鍋暁斎は山口晃さんが著書『ヘンな日本美術史』で取り上げていて、それから気になってました。東博や板橋区立美術館等々でちょこちょこ見かけてましたが、まとめて見ることができて嬉しいです。

この企画展で、暁斎の一人目の奥さんが江戸琳派の鈴木其一の娘だったと知って驚きました。国芳のもとで浮世絵を習って、狩野派で修行して、江戸琳派ともつながりがあるなんて。江戸絵画の技のデパートみたいな…!!でも、その人が江戸時代(江戸文化)の終焉と文明開化を体験するなんて。

そういえば、暁斎のザバッとした大きな絵が好きなんだけど、そのタイプは今回無かったかも?技術的に丁寧な作品が多かったかな。

別の日に、東博本館へ「地獄極楽図」も見に行きました。でかい。そして地獄部分の方がイキイキしてるような。ていうか極楽部分が少ない。

>>> 三菱一号館美術館



没後20年 ルーシー・リー展 (2015/7/7-8/30、千葉市美術館)

『画家の食卓』という本で彼女の器と彼女のレシピのチョコレートケーキを見てから、本物を見てみたいなぁと思っていたのです。ありがとう、千葉市美術館。千葉の実家に帰りがてら寄りました。

とにかく色が素敵。うっとり。絵をうつわとした乾山の作品とはまったく別で、ルーシー・リーは形と色、あとテクスチャかなぁ。上から下から横から、しつこいぐらいにじっくり見てきました。

展示数、かなりあったと思いますが、そのほとんどが個人蔵。千葉市美術館、よく集めたね!

ちなみにチョコレートケーキの方もレストランで食べることができて満足(^^♪

乾山展の最終章【受け継がれる「乾山」】の中で見た "バーナード・リーチ" という名をルーシー・リー展でも見つけまして。時代と国を越えてのつながりに胸熱。

>>> 千葉市美術館



↓ここから追記。(8/18)

うらめしや~、冥途のみやげ展 (2015/7/22-9/13、東京藝術大学大学美術館)

まずは怪談噺を得意としたという三遊亭圓朝ゆかりの品々や、圓朝の幽霊画コレクション(今は全生庵所蔵)。会場の壁には幽霊画の掛け軸がケース無しのそのままでずらっとぐるっと掛けられていて、会場は薄暗くて、行灯なんかもあったりして、しかも真ん中の椅子の上には蚊帳が吊り上げられていて、その下に入ってまわりを見回してみると、あれ、なんかみんな幽霊みたいな……掛け軸の内容だけでなく、それを見ている人たちの後ろ姿もなんだかこれは……蚊帳の中だけが安全で、まわりを幽霊に囲まれているような、蚊帳がまるで結界のような……あ、これはあれだ、あれに似てる、百鬼夜行抄!(今市子)

…ということで、貴重な体験でした…!ありがとうございます!

圓朝コレクション、中村芳中と柴田是真の幽霊画には驚きました。まったくイメージに無い。柴田是真には圓朝が頼んだんだそう。

展示はもう一部屋あって、そっちは展示ケース越しですが、国芳・芳年のおどろおどろしい浮世絵や、伝 丸山応挙の幽霊図(足の無い幽霊のイメージは応挙の作品から広まったそう)、曽我蕭白・河鍋暁斎など有名どころの幽霊画が揃っていてこれまた見応えありました。後期も行きたい。

元々は2011年の企画で、”東日本大震災の諸影響を鑑み、開催直前にして延期を決定したもの”なのだそうです。

>>> 東京藝術大学大学美術館



クレオパトラとエジプトの王妃展(2015/7/11-9/23、東京国立博物館・平成館)

夏といえばエジプト展。年パスの消化で行っただけだったんだけど、これが案外良かった。古代エジプトの王妃にスポットを当てた展示と解説が新鮮でした。セットもいい具合に作り込まれてたし。ちなみにクレオパトラ要素は少なめ。

行ったのが閉館前だったのもあるだろうけど、空いてて、展示もスペースをたっぷり取っていて、せかせかしないで済む、のんびりできる展示でした。

>>> 東京国立博物館
 
[PR]

by marinji | 2015-07-24 22:30 | 美術展・博物展のはなし  

Camera/スー/ボッティチェリ/鳥獣戯画/ドラッカー/松園/虎屋/狗子/鴨居玲/SW/ミラー/乾山

2015年6月に見た美術展等。

これもとりあえず、行った時のメモから。6月からだいぶ…加速してるというか、振り返って「ずいぶん行ってるなー」と思いました。どれぐらいで「ずいぶん」なのかは人に寄りけりとは思いますが、だいぶ、タイトルの文字数制限がきつくなってきています。

6月は何がどうというよりもとにかく色々見たという感じ。


A Life with Camera 上田義彦写真展 (2015/4/10- 7/26 12/27、Gallery 916)

ほぼ日の記事を読んで、会社帰りに上田義彦さんの写真展「A Life with Camera」に寄ってみた。パティ・スミスの写真の前でしばらく鳥肌。湿度まで伝わってくるような写真が、途中から怖くなりました。けどまた見たい。写真ごとのサイズの違い、額の違いも面白く、魅力的。

広告も撮っている方なので、「え、これも?」という写真がぞろぞろと。どれも素敵で、どれもどこか怖かった。なんだろう、怖いっていう感じ。開期中にまた行きたい。

【追記】会期が12/27まで延長されました。元の期間中には再訪できなかったので、これは嬉しい!(詳細は公式サイトでご確認ください。)

>>> Gallery 916
>>> 写真にドキドキし続けている。写真家・上田義彦さんの35年。 - ほぼ日刊イトイ新聞


スー・ブラックウェル Dwelling すみか (2015/4/29-6/14、Pola Museum Annex)

計3回見ました。本から立ち上がってくる風景にうっとり。とても細かい作品で、じっくりいつまでも見てられる感じ。欲しくなってくるけどいくらするのかなー…。作者紹介の映像も流れていたんですが、ピルスナー・ウルケルの作品もあって、ふふっと笑ってしまいました(チェコのビールです)。

>>> POLA MUSEUM ANNEX



ボッティチェリとルネサンス フィレンツェの富と美 (2015/3/21-6/28、Bunkamura ザ・ミュージアム)

二回目。金曜日は21時までやってるのが嬉しい!改めてポスターになってるフレスコ画が素敵でした。サヴォナローラがいなけりゃなぁ…もっと華やかな絵を描き続けてくれたのかなあ。それでもフィレンツエがフランスに攻め込まれたりしてる時代だから、変わらないかな。

>>> Bunkamuraザ・ミュージアム



特集 鳥獣戯画と高山寺の近代 (2015/4/28-6/7、東京国立博物館)

企画展「鳥獣戯画 京都高山寺の至宝」は連日の混雑情報を見てあきらめてしまいました。で、企画展とは別に本館で展示されている模本を見に。模本は写真撮影OKでした。甲乙丙丁揃ってたし、甲巻は全場面展示。太っ腹でした。ポスターにも使われてた猫と蛙、かわいい。

>>> 東京国立博物館



ドラッカー・コレクション 珠玉の水墨画 (2015/5/19-6/28、千葉市美術館)
千葉市美術館開館20周年記念 歴代館長が選ぶ所蔵名品展(後期2015/5/19-6/26、千葉市美術館)


経済学者、もしドラのドラッカーです。実家に帰りがてら、母と。びっくりしました。ドラッカーの名前を出さなくても大丈夫なくらいのボリューム!でも掛け軸しかなかったのが印象的。飾れるスペースを意識して選んでたんですね。

所蔵名品展は、前期のうちに見に行くべきだった…(後期の間はドラッカー展がメインなため、展示数がかなり少なかったのです)

>>> 千葉市美術館



松園と華麗なる女性画家たち (2015/4/18-6/21、山種美術館)

松園は近寄るほどにその細やかさにぞくっとする。河鍋暁斎の娘、暁翠の作品があって驚いた。そして小倉遊亀と片岡球子は異彩を放ってた!

恒例の和菓子は、初ほたると夜長をいただきました。柚子あん、胡麻あんの練り切り。どっちもおいしかったけど、胡麻あんの方が好み。

>>> 山種美術館



虎屋文庫のお菓子な展示77 (2015/5/20-6/16、虎屋ギャラリー)

気になってたものの行ったことがなかった虎屋文庫へ。展示スペースは広くなく、広報スペースという感じではあったけど、内容は凝ってた。今回はこれまでの展示を振り返る回顧展。歴史との関連性とか、古い和菓子帳、注文帳とか、源氏物語の各場面ごとにあつらえられた和菓子とか、現代アートとのコラボとか!面白そうなものばかりで「うわー、これ見たかった!」と地団太踏んできました。

過去の展示の際の冊子をもらうことができました(在庫があったもののみ)。ありがとうございます。この展示の後はしばらく休館するようです。

>>> 虎屋文庫



「朝顔狗子図杉戸」展示 (2015/6/16-8/2、東京国立博物館・本館)

円山応挙の杉戸絵の展示。これは見てみたかったので、嬉しいです。応挙の仔犬は本当にかわいい!!他には、蘆雪がどれも良かった(好みでした)。「方広寺大仏殿炎上図」、「寒山拾得図屏風」(虎!!)、「雀図扇面」。屏風の間は「厳島遊楽図屏風」が楽しくて楽しくて。鹿を探すよね。

呉服商「大彦」の小袖コレクション、それと最近話題の刀剣・三日月宗近も見てきた。

>>> 東京国立博物館



鴨居玲 踊り候え (2015/5/30-7/20、東京ステーションギャラリー)

北陸新幹線開業記念(金沢生まれ)。作品だけでなく本人の写真があったんですけど、これがかっこよくて。ハンサムで、絵もうまくて世間的にも認められてて、恵まれてるなぁっていう風に見えるのに、描かれる自画像はなんともダーク。ダークサイド。東京ステーションギャラリーの赤レンガの壁がまた…相乗効果で、息が詰まるような、苦しい展示でした。でもまた見たいような。中毒性がある作品かもしれません。

>>> 東京ステーションギャラリー



スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。(2015/4/29-6/28、六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー内スカイギャラリー)

行った時は混んでたけど、まぁまぁ見ることができて面白かった。スター・ウォーズを題材としたアート作品があってそれはそれで面白かったけど、衣装とか小物とかの方がわくわくしたなー。とはいえ入ってすぐのところが一番興奮しましたが。

>>> 六本木ヒルズ 東京シティビュー



高橋コレクション展 ミラー・ニューロン (2015/4/18-6/28、東京オペラシティ アートギャラリー)

日本の現代アート盛り盛り。個人コレクションとは思えない物量と幅広さにびっくり!現代アートはちょっと苦手だったんですが、魅力的というか欲しくなる作品が多くて(買えないけど)、苦手意識が少し減りました。出てから「これが全部一個人のものだと思うとムカついてきた」と言ってた人がいて、そう思うくらいいい作品が揃ってたなと、改めて。それにしても個人コレクションは所有欲を刺激されるなー。

作品自体の質量もなんだけど、現代の収集家の活動を垣間見るというか。この人に購入されることが日本の芸術家たちにとって一つの基準になってるのかも…なんて思ったりしました。

>>> 東京オペラシティ アートギャラリー



着想のマエストロ 乾山見参! (2015/5/27-7/20、サントリー美術館)

尾形光琳の弟で、陶芸家の乾山。今年は琳派関連の展示が多いのでそこでもよく作品を見かけますが、かわいいなーぐらいの気持ちでいたら大間違いだった。いや、かわいいんだけど。

「うつわを絵で飾るのではなく、絵をうつわとする」という解説に納得。形はパッと見ぼてっとしていたりするのだけど、絵と一体化していていくつも見て行くうちにゾワゾワしてきて、「うわぁ、変態だこの人!」と思ってしまいました。(褒めてるつもり)

>>> サントリー美術館
 
[PR]

by marinji | 2015-07-23 22:30 | 美術展・博物展のはなし  

ワシントン/スー・ブラックウェル/若冲蕪村/マグリット/片岡球子/光琳デザイン/ルーヴル

2015年5月に見た美術展等。

投稿しないままだいぶ時間が経ってしまっているので、とりあえず、行った時のメモ書きから。

5月は後半とある理由でまったく行けなくなったので「あまり行かなかったなー」と思っていたんだけど、振り返ったら前半にけっこう行ってた。そういえば17日終わりの企画展が多かったんだった。


ワシントン・ナショナル・ギャラリー展 (2015/2/7-5/24、三菱一号館美術館)

今回のは個人コレクターから寄贈された作品が中心で、有名な画家たちの小さいサイズの作品が多かったんですが、「こういうのも描いてたんだー」という新鮮さがあって面白かったです。穏やかな絵が多かったな。小さい作品が多かったので、自分が買うなら…という妄想も膨らませやすく。ルドンの風景画とか、欲しい。それぞれの作品の説明に元が誰のコレクションなのか(誰からの寄贈なのか)が載っているので、自分の趣味が誰と近いのかを見ていくという楽しみも。私は今回企画展の説明として取り上げられている女性コレクター・エイルサよりも、弟夫婦の方が相性が良さそうでした。

>>> 三菱一号館美術館



スー・ブラックウェル「Dwelling すみか」 (2015/4/29-6/14、Pola Museum Annex)

ブック・スカルプチャー(本を素材とした彫刻) というスタイルなのだそうです。ため息出ました。上から、横から、下からといろんな角度から眺めて、またため息。影さえも幻想的。

>>> POLA MUSEUM ANNEX



生誕三百年 同い年の天才絵師 若冲と蕪村 (2015/3/18-5/10、サントリー美術館)

3回目。3回目は若冲の「白象群獣図」を見に。想像より小さかった。その分丁寧に描かれている印象。個人蔵ですか!うらやましい。色もシックで落ち着いてて。ところで、象は見たことあったんですかね。もちろん本物そっくりに描かなくてもいいわけなんですが、口元がどれも気になって。

>>> サントリー美術館


マグリット展 (2015/3/25-6/29、国立新美術館)

そこそこ混んでたけど、それでもわりと見易かった。「マグリットだねぇ」っていう作品はもちろんのこと、「あら、こういうのも描いてたの」っていう作風のものもあり、興味深い展示でした。印象派ぽいタッチで絵本みたいな絵は意外だったなー。

見た後は、ベルオーブ六本木へ。マグリットにちなんだメニューから、「心の琴線」(マグリット展では展示無し)に見立てたサラダをいただきました。雲代わりの白いふわふわなドレッシングが素敵でした!今の季節らしい爽やかな味わいでおいしかったです。

>>> 国立新美術館



生誕110年 片岡球子展 (2015/4/7-5/17、東京国立近代美術館)

思ってたより人が多かった!熱気にあふれてました。説明に制作時の年齢が書かれていたんだけど、でかくて力強い作品が描かれたのが84歳とかで、もう、びっくり。いやーすごい。

「大阪万博1970 デザインプロジェクト」(2015/3/20-5/17)は万博が始まる前のシンボルマークやポスターのデザイン募集から、会場の案内役のユニフォームなど、様々なデザインが興味深かったんだけど、やっぱり、太陽の塔がすごい。

MOMATコレクション(所蔵品展示、2015/3/7-5/17)、今回かなり充実?片岡球子の面構えシリーズにちなんで肖像画特集とか、また、女性画家特集とか。山種で上村松園展やってるはずなのにこっちでも上村松園を3点展示してたり!

>>> 東京国立近代美術館



燕子花と紅白梅 光琳デザインの秘密 (2015/4/18-5/17、根津美術館)

根津の光琳、二回目。尾形光琳の国宝金屏風揃いぶみなだけあって、激混み。でも夜間展示の時間帯に行ったからまだマシだった方?そして閉館時間直前には、みんなまた屏風の前に戻ってくる。混雑は好きじゃないけど、今回は、みんなで同じ思いを共有してるみたいな仲間みたいな感じもあってちょっと面白かった。

>>> 根津美術館



ルーヴル美術館展 日常を描く-風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄 (2015/2/21-6/1、国立新美術館)

激混みで警戒していた美術展です。金曜の夜間展示で行ったら、前半は空いてて「やったー!」と思いました。でも後半は最後まで人が残ってた。さすが。けどわりと快適に見ることができました。ルーヴルといえばっていう大作は来ていなかったと思うけど、見てみたかった作品のいくつかは見ることができたし、ティツィアーノ、フェルメールもあったし、風俗画っていうことでフランドル、オランダぽいところからちょこちょこあって、俺得的なセレクト。井出洋一郎さんの本を読み返したら、ルーヴルにブリューゲルは一作しかないと書いてあって、それが来てたというのも嬉しい。

なんといってもマセイス!「金貸しとその妻」は見れば見るほど、描かれているそれぞれの素材の質感にびっくりするし、全体のバランスみたいなところでも引き込まれるし、ずーっと見ていられる。扉の奥の人影にはすぐ気がついたけど、鏡の中の人にはなかなか気がつかなくて、気付いた時はびっくりした。空間が急に広がった気がして。とにかくすばらしくてぞっとする!Bunkamuraのボッティチェリ展で同じ構図で別の画家の作品がありましたが、Bunkamuraの図録の解説によると元々のオリジナルはファン・エイクらしい。

そういえば、コローが良かったな。風景画、女性、女性のいるアトリエ(三菱一号館のワシントンギャラリー展にも)、とそれぞれにあの冷たいというか静かな感じがあって。地味なんだけど、じわじわと良いと思う。

>>> 国立新美術館
 

★ おまけ。 【各展覧会のポスター・看板など】
[PR]

by marinji | 2015-07-22 23:21 | 美術展・博物展のはなし