<   2014年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

O JUN/IMARI/清麿/お花見を

2014年3月に観た美術展。(後で写真追加します)


O JUN 描く児 (2013/12/21-2014/3/2、府中市美術館)

O JUN。初めて見たけど、違和感がけっこうあるわりに嫌じゃなくて、むしろ好き。どちらかというと苦手な絵のような気がしてたので、不思議でした。ちなみに多摩に住んでいる日本人の方だそうです。(たぶん)これぞ!っていうイラスト的な絵から、メモ、スケッチや、油彩画。いろいろな作品を見ることができて面白かった。点描じゃなく、面描とでも言えばいいのかな。あの独特な塗り方。手とか足では筋肉の筋のようでドキッとする。服の生地も妙に質感がある。

最後に机と椅子と画集が置かれたスペースがあって、しばらく読みふけりました。

>>> 府中市美術館


探幽3兄弟展 (2014/2/22-3/30、板橋区立美術館)

個別に投稿


IMARI ヨーロッパの宮殿を飾った日本磁器 (2014/1/25-3/16、サントリー美術館)

焼き物はそこまで興味は無いんだけど、サントリーの年間パスポートを買ったので見に行ってみました。海外に輸出されたIMARI、いかにもな日本趣味であったり、ヨーロッパのモチーフが描かれたものであったり。実際に宮殿に展示されているところの写真もあって、ああそういえばこういう東洋趣味の間ってあるなぁ!と思い出しました。IMARIが流行って、愛されて、そして流行ったがゆえにヨーロッパでも近い物が作られるようになり、また中国・景徳鎮の輸入が安定してしまうことで廃れていく・・・美術品としての展示だけでなく、歴史の要素もある展示で、面白かったです。

それにしてもねー。東インド会社!中学校か高校かで習って、自分の人生に直接関わることは無いだろうと思っていたあの会社がここで登場ですよ。東インド会社によって伊万里焼きが輸出されていたのだそう。IPA(ビールの種類)に続いて人生2回目の東インド会社との出会い。

趣味で伊万里焼を集めてそうな方が多かったですね(客層)。茶碗展の茶道の方々ともまた違う感じだったなー。

>>> サントリー美術館


生誕200年記念 特別展 清麿 -幕末の志士を魅了した名工- (2014/2/26-4/6、根津美術館)

刀についてはさっぱり、まったく知識も無いのだけど、何本も見てるうちに刃文が美しいっていうのはなんとなく分かってきた。それにしてもどれも切れ味が良さそうで、お腹のあたりがざわざわしてくる。展示室2で経文を展示してるのも納得。さらに庭に出て、しばらく歩いて、やっと落ち着いた。いや、なんか、すごいね。ほとんどが個人蔵なのがまたこう、じわっと来るものがあってね。とにかくざわざわぞわぞわしました。それだけ引き込まれる美しさ、強さだったと思います。ふー。

所蔵品展示の雛人形・雛道具も素敵でした。

刀だからか、男性が多めでした。外国人客もいつもより多かったような。

>>> 根津美術館


博物館でお花見を (2014/3/18-4/13、東京国立博物館)

春の庭園開放と一緒に。桜が咲き始めた庭園を歩いて、いやーいいなーなんて思ってから本館へ。桜があしらわれた工芸品や絵画、小袖などなど。華やかで、でもしっとりとして、素敵でした。葵の御紋入り花見セットに驚いた。まだ本館15~19室が改装中だったのが残念だったけど、優雅な一時でした。

>>> 東京国立博物館
[PR]

by marinji | 2014-04-29 10:22 | 美術展・博物展のはなし  

唯美主義/ラファエル前派/支倉常長・クリーブランド・人間国宝展

2014年2月に観た美術展。(後で写真追加します)


シャヴァンヌ展 (2014/1/2-3/9、Bunkamura ザ・ミュージアム)

個別に投稿


ザ・ビューティフル 英国の唯美主義 1860-1900 (2014/1/30-5/6、三菱一号館美術館)

大雪の日に、空いてるかもと思って。思ってたより人がいたけど、ゆったり見られた。東京駅から地下でつながってるのは便利。タイトル通りにうっとりする美しい絵、美しい家具、宝飾品などなど。思ってたより全体に占める絵の割合が少なかったので、あららっと思ったりはしたものの、唯美主義の画家たちへの風刺画などもあって持ち上げるだけじゃないところは面白かった。もちろん絵もうっとりする美しさで、だからもっと見たかったなー。

西美のロセッティはここに貸し出されてました。

>>> 三菱一号館美術館


テート美術館の至宝 ラファエル前派展 -英国ヴィクトリア朝絵画の夢 (2014/1/25-4/6、森アーツセンターギャラリー)

英国つながりではしご。時代・画家がある程度かぶっていて、こっちはテート・ギャラリーからでザ・ビューティフルはV&Aから。テートはロンドンに行った時に寄れなかったので、去年のターナー展含め、東京で見ることができて嬉しい。ミレイもロセッティもたっぷり。エドワード・バーン・ジョーンズは少なかったかな。

ミレイの「オフィーリア」、久しぶりに見たけど自分の頭の中にあったイメージより小さかった。なので一瞬こんなもんかーなんて思ってしまったんだけど、顔と手の表情に見入ってしまった。ロセッティは今まではそこまで好きじゃなかったんだけど、美人画コーナーでうっとり。「ベアタ・ベアトリクス」と「プロセルピナ」が近くに展示されてたのがよかったなぁ。どっちも表情がすごい。目の前から動けなくなる。それと、全体的に額装が凝ってて素敵でした。

>>> 森アーツセンターギャラリー


モネ、風景をみる眼(2013/12/17-2014/3/9、国立西洋美術館)

個別に投稿


上記4展は時代が近くて少しずつ関連していて、なんだかドキドキしました。


支倉常長像と南蛮美術 400年前の日欧交流 (2014/2/11-3/23、東京国立博物館)
クリーブランド美術館展 名画でたどる日本の美 (2014/1/15-2/23、東京国立博物館)
人間国宝展 生み出された美、伝えゆくわざ (2014/1/15-2/23、東京国立博物館)


支倉常長像は日本の侍が描かれているのに洋画ならではの様々なモチーフが描きこまれていて面白かった。

クリーブランドは、ボリューム的に少し物足りなかったかなー。通常なら平成館2階全体で一展もところを半分での実施なので(もう半分は人間国宝展)、実際量は少ないんだけど。河鍋暁斎の「地獄太夫図」が鮮やかだった。それと、春の風塵雷神図屏風祭り前の伊年印「雷神図屏風」。日本画以外の絵も出ていたのが不思議だったけど、ルソーの「トラとバッファローの戦い」の緑の深さはよかった。

人間国宝展はとにかく人が多くて!過去の作品(国宝)と、現代の人間国宝が作成した作品を並べて展示してるのが面白かった。過去から繋がっている感じが。今の作品の新しさも。だからもっと空いてるタイミングでじっくり見たかったな。

>>> 東京国立博物館


Kawaii 日本美術 (2014/1/3-3/2、山種美術館)

個別に投稿
[PR]

by marinji | 2014-04-27 21:30 | 美術展・博物展のはなし  

博物館に初もうで/雪松図/プライベート・ユートピア/和歌を愛でる

2014年1月に観た美術展。(後で写真追加します)


博物館に初もうで (2014/1/2-1/26、東京国立博物館)

1/2に正月早々出勤した帰りに寄りました。タイトルの通り、おめでたい品々が並ぶのですが、今回はなんと言っても「松林図屏風」長谷川等伯!美術館(展)めぐりを最近始めた私に取っては未見の憧れの作品。思ってたより早く出会えました。

松林図屏風、遠くから見るとうっすらと幻想的な美しい松の話なのだけど・・・近寄って見ると思いのほかざくっとした線で、荒々しい。近寄って、離れて、ずーっと見ていたくなります。いつか畳の上で一人きりで見てみたいなぁ。コピーでも。

それから、黒楽茶碗のムキ栗。思わず欲しい!と思う茶碗でした。

>>> 東京国立博物館


楽茶碗と新春の「雪松図」 (2013/12/4-2014/1/25、三井記念美術館)

こちらは丸山応挙。これも見てみたかった作品。ほどほどの混み具合で、ゆったりじっくり見ることができてよかった。これまた屏風を肴に日本酒でも飲みたくなる作品。雪の白さがキラキラと浮かび上がって輝いてる。上に向かっていく若い松と、雪が重そうな、下に向かう老松。その対比も面白いのだけど、それより線が・・・応挙っぽくなく、というか日本画っぽくなくて?面白かった。漫画的と言うか。サインペンでざっと描いていったのような。うまい人の線。不思議な中毒性があるような気がします。

雪松図の展示は1月からなのが残念。12月から展示してくれたらなー。

>>> 三井記念美術館


プライベート・ユートピア ここだけの場所 -ブリティッシュ・カウンシル・コレクションに見る英国美術の現在 (2014/1/18-3/9、東京ステーションギャラリー)

面白かったんだけど、現代美術は疲れる。私には難しかった!ただ、鑑賞ガイドがあって、入っていきやすいように工夫されてました。映像作品が面白かったな。

>>> 東京ステーションギャラリー


和歌を愛でる (2014/1/9-2/16、根津美術館)

書に興味が薄い自分にはこの企画展はちょっと渋くて、うーん、という感じにもなったけど、屏風が素敵だった。それから別室展示の百椿図、小袖、茶道具、庭園が良くて、ゆっくり見てゆっくり過ごすうちに心が整った(長谷部誠風)。企画展自体も今回のはコレクション展示なので、名家にお呼ばれして数々の収集品を見せてもらうみたいな感じだったな。庭でちょっと遊んだりとかもして。贅沢。根津さんの趣味は良い。というか私は相性がいいと思う。

>>> 根津美術館
[PR]

by marinji | 2014-04-27 13:26 | 美術展・博物展のはなし