<   2014年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

Kawaii 日本美術 (恵比寿)

一月・二月に見た美術展で、まだ終わってないもの、そして終わりが近いものから順に。


a0036755_0121363.jpg

Kawaii 日本美術 -若冲・栖鳳・松園から熊谷守一まで- (2014/1/3-3/2、山種美術館)

去年、府中市美術館で「かわいい江戸絵画」という美術展があって、これがとてもよかったので、実はこっちにはそんなに期待していませんでした。行ったのは若冲のマス目描きの屏風『樹花鳥獣図屏風』のため。静岡県立美術館所蔵なので、それが東京で見れるのは嬉しい。

で、先週行きました。行ってびっくり。チケットカウンターに行列が。前売りを買っておいてよかった。私が知ってる限りでは今までで一番混んでました。中も人でいっぱいでしたが、どの絵もふと人が減る瞬間があって、案外見易かったです。閉館前の30分間は若冲の屏風も楽々見られる状態になったし。売店はあきらめたけど。カフェも人は多かったけどすぐ入れました。(淡雪羹おいしかった!←白いほう)


a0036755_0121381.jpg



肝心の展示はというと、だいたいは山種さんのコレクションが占めていて、見たことがある作品もちらほらと。改めて「かわいい」という切り口で見るのが新鮮。そしてそこに何を足すのかっていうことで前述の若冲の屏風と、サントリーお得意の絵巻物を持ってきたのはなかなか、やるな!って感じ(偉そうですいません)。でも本当にこの二つで全体が締まってたと思う。あ、川端龍子『百子図』もだな。

「かわいい」の掘り下げ方については府中市美術館の方が深かったように思うけど、山種さんが得意な江戸時代後の近現代の絵画が持つかわいらしさはまた、より一層きゅんきゅんさせられる要素がありますね。

>>> 日本画の専門美術館「山種美術館」
[PR]

by marinji | 2014-02-28 00:12 | 美術展・博物展のはなし  

今日の「MOBILE ARMOR」

◆ 澤野弘之 「MOBILE ARMOR」(Mobile Suit Gundam UC)

ソチオリンピックで男子フィギュアを見ていたら女子の演技が見たくなって、2012年の世界選手権を見てみた。したらば。インタビュー等々の映像の背後に聞き覚えのある曲が流れていて…UCじゃないの!えー!まったく気づいてなかった。とりあえず2曲、「0001」でSP後のインタビュー(おだやか)、続けて「MOBILE ARMOR」でライバル選手たちの脅威~日本人選手の決意!という流れ。「DESTROYSELF-SACRIFICE」の頭一音とか、「DAGUZA」の頭のピアノとかも組み合わせてたような気がするんだけど、今DVDレコーダーが絶不調で音が途切れ途切れなので確認しきれず。

それと、フジテレビ『フィギュアスケート2010-2011』の”ボレロ〜Passion on Ice”編曲も澤野さんだそうですね。このボレロは覚えてる。歌入りだからあまり好きじゃなくて覚えてる。わーごめんなさい。ボレロは歌無しの方が好きなので。いやボレロはさておき、実際、ニュースの合間のちょっとした取材映像なんかでUCの曲がよく使われてるのは最近気づいていたのだけど、数年前のフィギュアの大会映像でも流れていたとは。気づいてなかったのが悔しいような、今回気づけて嬉しいような。

あー。話変わるけど、そうか、この時はまだ高橋成美のペアの相手はマーヴィン・トランだったんだ。ちょっと切ない。けど、二人とももうしっかり次を向いてるからね。
 
[PR]

by marinji | 2014-02-25 23:11 | 音楽の日  

シャヴァンヌ展 (渋谷)

ペースは落ちてますが、今年も美術館に通ってます。一月は日本画続き。そのことについては後で書くことにして、まずは久しぶりに見た洋画、シャヴァンヌ展から。


a0036755_15292014.jpg

シャヴァンヌ展 水辺のアルカディア ビュヴィス・ド・シャヴァンヌの神話世界 (2014/1/2-3/9、Bunkamura ザ・ミュージアム)

このチラシが出始めた頃は「シャヴァンヌ?知らないなー」と思ってましたが、調べてみたら国立西洋美術館で見ていました。『貧しき漁夫』。好きな絵なのに、今回の華やかなアルカディア風景とは結び付かなくて分からなかった。分かってみれば、平面的な塗りや、惹き付けられる構図とか、「なるほど、シャヴァンヌね」なんて思ったりするんですけど。

展示はわりと普通のうまい油彩画から始まって、壁画の画家として認められていく流れ、壁画はそのものは持って来れないけどその下絵だとか、壁画完成後に本人が絵画として再作成したものがあって(縮小版)、その壁に溶け込むような色と塗りを体験できました。ごてごてと主張してくるわけではないけどしっかり力強い印象を受けるシャヴァンヌの絵。ぽわんとしてるようでどこかギラッともしてるような。いつか壁画としても見てみたいものです。

気になったのは・・・『労働』(ワシントン・ナショナル・ギャラリー蔵、ピカルディ美術館壁画の縮小版)の、不自然な腰布。明らかに下手だと思う、そこだけ。中心のこちらに背を(お尻を)向けている男性と、その右隣。しかも壁画だとその布は無い。誰かが描き足してしまったんでしょうか。気になります。

ワシントン・ナショナル・ギャラリーの縮小版
ピカルディ美術館の壁画(WIKIMEDIA COMMONSより)
[PR]

by marinji | 2014-02-11 16:33 | 美術展・博物展のはなし  

今日の「Not Gonna Get Us」

◆ t.A.Tu. 「Not Gonna Get Us」

ソチオリンピック開幕式を今見てるんですけど(録画で)、ロシアの選手団入場の時の曲がこれのロシア語バージョンでびっくりしました。リミックス版。ロシア語も同じ意味の歌詞なのかどうかは知らないですけど、「誰も私たちを捕まえられない」、いいんじゃないでしょうか。優勝するよ!っていう意思表示と思われ。それにしても、ここぞっていうところで使ったのが t.A.Tu. の曲だったということにびっくりです。いやほんとに。ロシア内でそれほどの存在だっていうことよね。
 
[PR]

by marinji | 2014-02-11 14:59 | 音楽の日  

冬季オリンピックだよ!

a0036755_81106.jpg

フィギュアスケートは昨晩からひっそりと団体戦が始まりました。今回はどれだけリアルタイムで見れるかなあ。基本夜中なので、見る気になれば全部見れるんだけど。平日に関しては、出勤ギリギリまでやってたトリノやさらにその後の午前中いっぱいやってたバンクーバーより見易い。とはいえ、とはいえですよ奥様。眠いよ。でも頑張る。できる範囲で。というわけで昨晩は寝ました。起きてからジャッジスコア見てにやにやしたり唸ったりした。頑張ろう。

写真は2012年のロンドンです。
[PR]

by marinji | 2014-02-07 08:01