<   2013年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

マクベス (演出:長塚圭史)

a0036755_22112125.jpg

マクベス Macbeth (2013/12/8-12/29、Bunkamura シアターコクーン)

長塚マクベス。少し前に観てきました。席は中二階の舞台横で、けっこう近くて全体も見渡せる良い席でした。六角形でぐるりと席に囲まれた舞台に四方八方から登場する役者たち。観てるというより参加してるというか体験してるような気になった演出が面白かった。

堤真一、立ち姿が美しい!でかい!そして風間杜夫の存在感のすごさ。風間さんはやっぱり声が良いよねって思いながら見ていたのだけど(モルダー!)、声を発しない間もずっと気になって目で追ってしまった。それと、池谷のぶえ最高。小松和重さんもペラペラペラペラーって喋るところ良かったな。

欲を言えば前半にもっと笑いが欲しかったけど。笑いというか…うーん。なんだろう。ドラマチックな展開のはずなのにどこか淡々としてるというか地味というか、全体がピタッとはまってないような違和感があるというか。そういう狙いなのかもしれないけど。

それにしてもシェイクスピアは台詞が長い。途中でうっかりイライラして「結論から言え!」って本気で思ってしまった。これ、今更ながら書かれた当時はどう思われてたんだろうなあ。狂言回し的な二人も含めて、シェイクスピア芝居を体験するっていうのはこういうことなのかも、という気がしました。

孤独になっていくマクベス、良かったです。最後無茶苦茶強いし。マクベス夫人は、もっと底知れない感じを声で出せる人の方がハマるように思った。ただ、後半の壊れて行ってしまうところは納得できたかな。実は普通の女だったんだなと。


≪作≫W.シェイクスピア、≪翻訳≫松岡和子、≪演出≫長塚圭史
≪出演≫堤真一、常盤貴子、白井晃、小松和重、江口のりこ、横田栄司、市川しんぺー、池谷のぶえ、平田敦子、玉置孝匡、福田転球、斉藤直樹、六本木康弘、縄田雄哉、松浦俊秀、井上象策、伊藤総、菊地雄人、山下禎啓、中嶋しゅう、三田和代、風間杜夫
 
[PR]

by marinji | 2013-12-28 22:26 | 芝居の日  

竹内栖鳳/ガレ/ミケランジェロ/コルビュジエ/フジタ/古径と土牛/飛天/百段階段

今年は美術展をいっぱい見たのでベスト10でもやってみようかと思ったものの、その前に、まだ投稿して無かったものがいっぱいあったのでとりあえずまとめで!


a0036755_16313259.jpg

竹内栖鳳展 -近代日本画の巨人 (2013/9/3-10/14、東京国立近代美術館)

9月、前期に行きました。とにかく混んでてびっくり。ぎゅうぎゅうで屏風の全体像が見れないのはまいった。でも大・小作品どちらも盛りだくさんで見応えあり。常設展にも関連作品があり、ほんと盛りだくさんでした。動物の絵は可愛かったな。虎、ライオン、象のざばっとしたかっこよさも良かった。人物画はしっとり。



a0036755_16381014.jpg

エミール・ガレ -ベスト・オブ・ザ・ベスト (2013/4/20-10/20、北澤美術館)

10月。美の巨人たちで「フランスの薔薇」を見て、本物を見たくなったので。行ってみてびっくり。エミール・ガレの作品がずらーっと!なんでこんなに持ってるの?って不思議になるくらい。オルセーからの出展もあったけど、ほとんどは所蔵品だからすごい。まるで特別展でいろんなところから集めたかのようなボリューム。こうやって一人の人の作品をある程度の量まとめて見られるのは嬉しい。これぞエミール・ガレ!っていう作品はもちろんのこと、初期の作品や、ライバル的存在だったドーム兄弟の作品や、手軽に買えるように簡易な加工が施された作品もあり、いろいろなガレの魅力で溢れてた。

今回ちょうどガイドツアーの時間にあたってて、詳しい解説を聞くことができたのも良かった。ガラスについての知識はあまり無いので。



a0036755_1635738.jpg

ミケランジェロ展 -天才の軌跡 (2013/9/6-11/17、国立西洋美術館)
ル・コルビュジエと20世紀美術 (2013/8/6-11/4、国立西洋美術館)


10月。ミケランジェロは・・・彼の作品と言うより、人物像に触れるような感じ。それはそれで面白かった。食べたもののメモみたいなやつ、良かったな。

コルビュジエは、やっぱり、本人が設計した場所で本人の絵画作品を観るというのが面白かった。



a0036755_16483255.jpg

レオナール・フジタ 藤田嗣治 -ポーラ美術館コレクションを中心に (2013/8/10-10/14、Bunkamura ザ・ミュージアム)

終了1日前に行きました。観てたら近くで男女の喧嘩が始まって。一応場の空気には気を配っていて小声なんだけど、女の子が無茶苦茶怒ってる口調で何か言いながら男の肩をつかんで壁にばーん!と。さすがに美術館の人に促されて外に出ていったけど、あの後どうなったんだろうなあ。ともあれ絵は無事でよかった。その緊張感がまたフジタの細い線を際立たせて、印象深い美術展となりました。(ややこじつけ)




a0036755_16563848.jpg

古径と土牛 -小林古径生誕130年記念 (2013/10/22-12/23、山種美術館)

11月。実はほぼ和菓子目当てだったんだけど、、、絵もよかった。和菓子は、左が蓮音で右はうず潮。どちらも練り切りなので味・食感は同じだけど、練り切り好きなのでよしとする。

,

a0036755_1785456.jpg

笑う浮世絵 -戯画と国芳一門 (2013/10/1-11/26、浮世絵太田記念美術館)

11月。江戸時代ひでえなっていう下品さと馬鹿さ加減で題名に偽りなし。面白かったー。で、よく見ると着物の柄とか背中の彫り物とかすごく細かくて、この笑える絵でよくそこを頑張る気になったなーと。いやすごいっす。



a0036755_17122623.jpg

天井の舞 飛天の美 -平等院鳳凰堂 平成修理完成記念 (2013/11/23-2014/1/13、サントリー美術館)

12月。近くからじっくり見ることができて面白かった!個別展示されていた飛天は真横からも見ることができて、うわ!飛んでる!と実感して興奮した。色が落ちて渋い侘び寂びな飛天もよかったけど、復元で彩色されたものもよかったなー。華やかで!

ミッドタウンでは、サンタも飛んでた。



a0036755_1722539.jpg

利休にたずねよ×百段階段 (2013/11/26-2014/1/13、目黒雅叙園)

12月。百段階段を見てきた。とにかく装飾がすごくてうっとり!建物と一体の状態のまま見ることができるのは嬉しい。それにしても、何かとのコラボじゃなくて百段階段だけで見てみたいな。何度行っても新しい発見がありそう。季節によっても感じ方が変わりそうだし。今回のコラボは着物がいっぱい見られてよかったけど。



とりあえずこれで全部かしら。何か取りこぼしがあったら追加します。
 
[PR]

by marinji | 2013-12-28 17:27 | 美術展・博物展のはなし  

今日の「Rain」

◆ 坂本龍一 「Rain」

フィギュアスケート、宮原知子さんのSPの選曲(編曲)は良いですね!「Merry Christmas Mr. Lawrence」で始まって「Rain」を挟んでまた「Merry Christmas Mr. Lawrence」に戻る。曲の始まりと終わりをたっぷりと使って見せてくれるのがなんとも言えず、良い。「Rain」を挟んでくるところがまたやられたーって感じで。素敵で好きだ。
 
[PR]

by marinji | 2013-12-23 15:10 | 音楽の日  

今日の「FOREVER」

◆ The Charlatans 「FOREVER」

忘年会の席で聞いた話から急に思い出して、帰り道で聞いている。人生は続いてく。それは絶望にも救いにもなるだろう。この曲は、おそらくそのことに絶望した彼らが、その後に、絶望を抱えたままで祝福するっていう……自分でも何書いてるんだか分からなくなってきたけど。久しぶりに聞いてとにかくその強さに驚いた。弱さとともにあれ。

うなるベースが、主役と言ってもいい(と思う!)ベースの音がたまんない。優しく響くオルガンに涙する。
[PR]

by marinji | 2013-12-19 22:22 | 音楽の日  

井戸茶碗 (根津美術館)

a0036755_1524968.jpg

井戸茶碗 -戦国武将が憧れたうつわ (2013/11/2-12/15、根津美術館)

今日までです!

昨日行きました。井戸茶碗だけって飽きるかな~と思ってたけど、ひとつひとつの違いがよく分かって面白かった!それにしても、手に持ってみたいなあ。見た目と持った時の印象って違うんじゃないかと思うんですよね。さらにお茶を点てたら…とも思うけど、そこまでは無理よね。
 
[PR]

by marinji | 2013-12-15 11:00 | 美術展・博物展のはなし  

ターナー展/カイユボット展

まだ観に行けるもの二つ。ギリギリだけど!

a0036755_0374452.jpg
a0036755_0375293.jpg

ターナー展 -Turner from the Tate : The Making of a Master (東京都美術館、2013/10/8-12/18)

ターナーは「雨、蒸気、スピード」の印象が強くて、ああいうもやっとした中で何かが起きている!っていう絵の人と思っていた。今回いっぱい見てみて、けっこうちゃんと(形を)描いてるんだなと。夏目漱石の美術世界展の時から少し感じてたんだけど。それがまたうまいし天気の描写なんかが面白かったりして驚く。それと、色。パキッと真っ白だったり真っ黒だったり。特に黒は印象的。そのイメージが無かったこともあって。

今となっては、というか日本人には?素敵なものとして疑いようのない風景画も、キリスト教文化の中では軽んじられていたそうで。それでも描いたのはやっぱり好きだったからなのかなと、今回観ていて思った。考えが単純過ぎるけど。人物画がそこまでうまくないっていうのも影響してるのかしら(ナポレオンとかさ…わざと?)。

水彩画もいっぱいあってこれも良かったけど、Bunkamuraで見た絵の方が個人的には好み。というかこっちは油彩画いっぱいあるからね、それを見るだけでけっこうな疲労。もちろん楽しいけど。

パレットや絵の具のチューブなどの道具、スケッチブックなどが展示されてたのも面白かった。スケッチブックで開かれていたページにはプラハが。これがまた見たことがある教会・広場が描かれていて、なんか、不思議だったな。時代を超えて出会えた感じ。


開始数日後の平日に行きましたが、それでもそこそこ混んでました。今はもっとかな。そういえば初めてレストランIVORYに入れましたよ!ターナーにちなんでイギリス系のコースが用意されていて、なかなかおいしかったです。



a0036755_0522354.jpg

カイユボット展 -都市の印象派、日本初の回顧展 (ブリヂストン美術館、2013/10/10-12/29)

コレクション展示で「ピアノを弾く若い男」を見て以来、気になっていたカイユボット。うまく言えないんだけど、画面にぐいっと引き込まれてしまうその引力みたいなものが気になってました。「ピアノを弾く若い男」は音が "聞こえてくる" のではなくて大音量で "鳴ってる" ような感覚で。どーんと画面の中に取り込まれてしまうというか。

いくつか観てみて思ったのだけど、たぶん、ある一点から前・右・左・上・下といった風に様々に向きを変えて見えるその見え方から構成して一枚の絵にしているような気がする。写真の「ヨーロッパ橋」だと、まずまっすぐ目の前の景色、それから下を向いて犬を見て、右を向いて男の人を見て・・・という感じ。いろいろな場所から見てるわけじゃなくて、一点から。それで、まるでそこに自分が立っているかのような感覚になるのではないかと。一番分かりやすかったのは「昼食」。全部がこの構成というわけではないのだけど、その構図に引き込まれました。色もよかったなー。

カイユボット、今回初めてちゃんと観ましたが素敵でした。ブリヂストンならではの、同時代の関連画家の作品(所蔵品)と並べての展示も贅沢!
 
[PR]

by marinji | 2013-12-14 01:16 | 美術展・博物展のはなし  

NODA MAP 「MIWA」

a0036755_12312187.jpg

NODA MAP 第18回公演 「MIWA」 (東京公演・東京芸術劇場、2013/10/4-11/24)

10月に観ました。話は野田秀樹が妄想する三輪明宏の人生を宮沢りえが演じるというもので、荒唐無稽なのに妙に納得できて、三輪さんの秘密を知ってしまったような気持ちになった。古田新太の役がよかった!

わざとらしくも見える笑いの取り方や大人数の人の動かし方なんかは、夢の遊眠社や、その後の自分が大学生の頃によく見ていた芝居を思い出した。芝居らしい芝居というか。やっぱり芝居っていいなあと改めて思う脚本・演出でした。


a0036755_1235537.jpg

ロビーにあった舞台セットの模型。やっぱり具体的なセットよりこういう空間で好きに演じるほうが好きだな。想像力で観る方が好き。


≪作・演出≫野田秀樹
≪出演≫宮沢りえ、瑛太、井上真央、小出恵介、浦井健治、青木さやか、池田成志、野田秀樹、古田新太
  
[PR]

by marinji | 2013-12-08 12:36 | 芝居の日  

『エロイカより愛をこめて』の「古城販売作戦」に・・・

青池保子さんの『エロイカより愛をこめて』、文庫版23巻を読んでいたら、「古城販売作戦」に武者絵を描くユニクロ好きな日本人画家が出てきまして。その画家の描く絵の感じ、線の感じが、あら、これもしかして、そういや服装もなんとなく・・・山口晃さん?

と思って調べてみたら、どうもやっぱりそうらしい。(正式な情報は見つけられませんでしたが)

山口晃さん風の伯爵の騎士絵が素敵でした。


エロイカより愛をこめて 23 (秋田文庫 20-34)

青池 保子 / 秋田書店




美術に興味が無い方でも見たことがあるかもしれない山口晃作品。(表紙、ジャケット)
群馬県立館林美術館の山口晃展では原画が展示されてます。

風が強く吹いている

三浦 しをん / 新潮社


風が強く吹いている (新潮文庫)

三浦 しをん / 新潮社


LIFE IN DOWNTOWN

槇原敬之 / EMIミュージック・ジャパン


ほんの少しだけ

槇原敬之 feat.KURO from HOME MADE 家族 / EMIミュージック・ジャパン


2012 [Blu-ray]

WORLD ORDER / ポニーキャニオン


[PR]

by marinji | 2013-12-08 12:18 | 本の日  

2013 GOLDEN SPIN OF ZAGREB で

安藤美姫とキム・ヨナが出場している(あとタクタミシェワも) 2013 GOLDEN SPIN OF ZAGREB。

安藤美姫が3-3を飛ぶというのでその種類が気になってました。
SPが終わったのでスコアを見てみたら、3T-3T。そう来たか。昔飛んでたLz-Loを見たいけど、やっぱり、難しいんだろうな。とはいえ、回転不足は取られたものの3-3を飛んだなんて胸熱。その後の3Lzと2Aは加点ついてるし!気になるのはスピンで2つレベル1がついてるところだけど、PCSは悪くないんじゃないかしら。

↓結果、スコアはこちらから。
2013 GOLDEN SPIN OF ZAGREB

SP終了時点で2位、1位はキム・ヨナです。3Lz-3T、3F、2Aで、spとsqのレベルの取りこぼしもほぼ無し。すげーな。

【追記】
FSも終わり、安藤美姫は総合2位でした(1位はキム・ヨナ)。スコア全体を見ると、ジャンプではF(フリップ)が無いんですね。そういえば休みに入る前も抜いてたっけ。FSの方が回転不足が増えてるのと、PCSの平均が低くなっているのは体力不足なのかな。演技を見てないので想像でしかないけど。転倒が無いのはさすがです。
 
[PR]

by marinji | 2013-12-07 22:53 | 日々の徒然