<   2012年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

三菱一号館美術館、夜

a0036755_22285549.jpg

月と一緒に。館っぽく撮れた。

[PR]

by marinji | 2012-11-25 22:30 | 風景写真  

ホテルの朝ごはん : イタリア(フィレンツェ)の ASTORIA

a0036755_16291425.jpg
写真はイメージです。


10年以上前の話。大学卒業前にイタリアに行った。友達と三人で、いわゆる卒業旅行。ローマから入って、フィレンツェ、ヴェネツィア、そしてミラノから帰国。とにかく楽しい旅だった。

その旅行の朝ごはんはほとんど覚えてなくて、写真も撮ってないのだけど、それでも1つだけ今でも覚えていることがある。それがこのホテル、ASTORIA のクロワッサン。

焼きたてで温かくてふわふわで、バターたっぷりのクロワッサン。朝ごはんを食べ始めた時にはまだ出されてなくて、他のものを食べてるうちにバターの香りがしてきて、そして運ばれてきたのだ。既に食べたいだけ食べた後で(ビュッフェ形式)、友人二人のうちの一人はもう部屋に戻っていて、残った友人と私の二人で優雅に食後のコーヒーでも飲んでた頃だ。それでも新しく出された焼きたてのクロワッサンに飛びつき、そして食べたらおいしくて、二人で大騒ぎだった。

翌日の朝、食べ損ねた友人一人も一緒に三人でクロワッサンを待った。バターの香りがする。確実に焼かれている。期待して待つ。でも出てこない。香りはしてるから、待つ。でも出てこない。結局待てなくなってあきらめた。

食べられなかったからこそ今でも覚えてるんだろうけど。あれはおいしかったなー。今もそうなのかしら。そういえば、この旅行の時は私はアルプスより北には行かないだろうと思っていたけど、その後行った国はアルプス以北ばかりだ。

>>> booking.com : Boscolo Astoria
[PR]

by marinji | 2012-11-25 22:00 | 旅のはなし  

世界の料理ショー、再放送中!

今週は旅のはなしの投稿、休みます!

代わりということではないのですが、懐かしの、あの番組が今再放送されていることをお知らせ!もうみんな知ってるかもしれないけど!


グラハム・カーの「世界の料理ショー」です。


懐かしい。いつ以来だ?子供の頃に番組名も知らず、親が見ていたのを一緒に見ていた程度だと思うのだけど。でも最後のレシピをおさらいするところで背後に流れてる音楽、はっきり覚えてた!はー、もう、懐かしい!よく再放送することになったねぇ。ありがとう、テレ東。

グラハム・カーという男性が、主にYシャツ・ネクタイ姿でたまにワイン飲みながらトークしながら観客もいじりながらおいしそうな料理を作っていくという番組です。観客がいて笑い声も入って・・・という料理番組は今見ても新鮮。そして改めてみると、面白いだけじゃなくて、料理も所々で「へー、そうやるんだ」と勉強になる。当たり前といえば当たり前のことだけど野菜や肉を何気なくささっと切るところも、トークしながらカメラ目線しながらでよくちゃんと手が動くなーと驚きます。グラハム・カー、タレント・コメディアンだと思ってたけど、料理研究家なのね。

溶かしバターの使用量がすごく多いので、この番組のレシピをそのまま使うのはちょっと考えてしまうけど、見ていると何か試しに作ってみたくなります。ま、とにかく、好きです。吹き替えがまた、いいんですよ。ほとんどアドリブで喋ってるんじゃないかと思うぐらいペラペラすらすらと話してて、でもグラハム・カーの表情とちゃんと一致してて。あの吹き替えの感じは懐かしくもあって、子供の頃見てたなーっていう外国の番組のイメージで楽しい。それがまた好きです。

放送はテレビ東京、月~金の朝8時から30分間。
[PR]

by marinji | 2012-11-18 22:00 | TVのはなし  

シャルダン展(東京・大手町)

a0036755_04203.jpg

東京駅から歩いてすぐの三菱一号館美術館、「シャルダン展 -静寂の巨匠」です。少し前に行ってきました。ジャン・シメオン・シャルダン(Jean-Baptiste Sim on Chardin, 1699年11月2日 - 1779年12月6日)。ロココ時代のフランスの画家。このポスターで、真っ赤な木苺が三角に積み上げられた絵を見かけた方はけっこういるんじゃないでしょうか。にわか美術好きの私にとっては、名前は知らないしポスターになってる絵もそこまで惹かれずあまり行く気は無かったんですが、建物が気になって行ってみたら面白かった!

まず場所が素敵。建物が。明治時代に建てられた洋風のオフィス用の建物をレプリカ再建したとのことで、展覧会用のハコっていう感じじゃなくて、ちょこちょこと部屋が分かれていてしかもちゃんと壁とか床とかが部屋の内装になっていて、ちょっとした小さな部屋に二・三枚だけ絵がかけられたりしてて、なんとも素敵。ヨーロッパの美術館で見る雰囲気に近いというか、どこかの立派な屋敷に上がらせてもらってる感じというか。持ってきて壁にかけました、じゃなくて、元々そこにあるもの…という感じがして、それがまたシャルダンの絵にぴったりで、しみじみ良かった。他の人の絵だとどうなるのか、それもまた見てみたいなあ。

絵は、サブタイトルの通り、静寂…静物が中心なのだけど、目の前にある止まっている物そのものだけでなくその周囲の空気や流れる時間まで描きうつしてるようだと思った。瞬間を切り取ってるんじゃなくて、空気・時間が流れてる。食べ物なんか、しばらくすると時が流れた分腐ってくるんじゃないかと思うぐらい。人物画でも静か。静かだけど、時は止まってなくて、流れてる。

金属と陶器の質感は絶品!銅鍋には惚れ惚れ。布や肌はそうでもないかな。花も。それから食べ物がまったくおいしそうじゃないのが印象的。食べ物だっていう情報無しに、ただ目の前にある物体としてその姿を追求してる感じ。ポスターにもなった木いちごだけは唯一おいしそうだと思ったけど、あれはおいしそうに見えるように描いたわけじゃなくて色が赤っていうのが大きいんだと思う。

とにかく、バーンと派手な絵では無いので、この建物のように”部屋”に展示されているのがよかったと思います!たっぷり見られてお腹いっぱい。あ、それぞれの絵の説明にサインの場所が書かれてたのが面白かったし、よかった。その情報を頼りにサインを探してみるとうっすら、気付かないよって程度に書かれているサインを見つけることができて。


空き具合もほどほどで、文句無しだったんですが、敢えて言うと、話してる人が多いのが残念。これは場所柄だと思うのだけど。美術展に来たというよりもうちょっと気軽な感じなんですね。それはそれで悪くないと思うのだけど・・・でもやっぱりすぐ横で「木いちご、木いちご、ふうーん、これ木いちごだって」「へー」なんてやられると。。。それが耳に入らないくらい集中できてればいいんだろうけど・・・私にはまだまだ。


シャルダンから影響を受けた画家としてミレー、セザンヌ、マルケの絵も展示があり、このセザンヌの静物(りんご)が素敵・好みだった。


a0036755_085428.jpg

2013/1/6までです!

>>> Chardin シャルダン展―静寂の巨匠|三菱一号館美術館
>>> 三菱一号館美術館
[PR]

by marinji | 2012-11-12 00:27 | 美術展・博物展のはなし  

イギリスめぐり : ロンドンの電話ボックス

ロンドンといえばの赤い電話ボックス。
a0036755_21561899.jpg


コヴェントガーデンには、いろいろと面白い電話ボックスがありました。
a0036755_2157310.jpg
a0036755_21571557.jpg
a0036755_21572318.jpg

a0036755_21573321.jpg


実際に使うこともできるのかしら?と思って見てみましたが、使えなさそうです。各ボックスの足元には作者名が。作品名もあったかな。Bt ArtBox という企画のようです。
  
[PR]

by marinji | 2012-11-11 22:06 | 旅のはなし  

イギリスめぐり : St.Pancrass Station , Kings Cross Station

今年7月の旅行から。

a0036755_2142226.jpg

ユーロスター発着駅のセント・パンクラス。ヨーロッパに来た!っていう感じの立派な建物。ゴシックなのはイギリスっぽい(ヴィクトリア朝ネオゴシックだそう)。


a0036755_21515449.jpg

ユーロスター発着ホームには五輪がかかってました。素敵。ユーロスターで到着したらまずこれが目に入る、と。建物内には様々なショップがあって、改札の中へ入らなくてもいろいろ楽しめました。



a0036755_21551445.jpg

こちらはキングス・クロス。セント・パンクラス駅に隣接しています。これ、見覚えのある人も多いのでは?ハリー・ポッターでホグワーツ特急が発着する、9¾番線に行ける煉瓦の壁。カートが壁を通り抜けようとしてます。改札の中に入らないと見られないかと思ってましたが、外にありました!気軽に見に行けていいですね。ハリー・ポッターの真似をして写真を撮る若者たちでいっぱいでした。
[PR]

by marinji | 2012-11-04 22:05 | 旅のはなし  

今日の「シマバラン伝説」

◆ 天草四郎と島原DE乱れ隊 「シマバラン伝説」

戦国鍋TVの、録画していて見ていなかった回をまとめ見していたんですが。ダメだ。ダメだこれは。好き過ぎる。ツボすぎる。番組の思うつぼな自分。だって少年隊好きだし!!詞もすごいよねぇ。ちゃんと歴史分かるし。無駄に詳しくなるし。だけどいい具合にアイドルっぽい上からなオラオラ系な感じだし。ダンスもすごいし。かっこいい振りとおかしな振りとそのどちらもきっちり真剣に踊りきってて。すごいなー。足よくあんなにキレよく上がるよねぇ。イケメンが真剣にアホなことやるとすごいなー。三人ともそれぞれに良い。髪型とか衣装とかも。もう何度でも繰り返して見続けてしまう自分。ダメだ自分。ジェロニモ!ジェロニモ!

シマバラン伝説を見て思ったけど、最近のジャニーズのグループはこんなに忙しくは踊ってないね。踊りの種類が違うというか。それが良いとか悪いとかいうことじゃなくて、今はそういう感じなんだなと改めて思った。流行含めて。

>>> 戦国鍋TV番組ホームページ「天草四郎と島原DE乱れ隊」
[PR]

by marinji | 2012-11-04 16:08 | 音楽の日