<   2012年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

ポール・デルヴォー展(府中)、ジェームズ・アンソール展(新宿)

少し前にベルギーつながりで2展はしごしました。二人ともベルギーの画家。時代も一部重なってます。

a0036755_22583885.jpg

まずは、ポール・デルヴォー 夢をめぐる旅、府中市美術館。Paul Delvaux(1897年 - 1994年)は、ベルギー・リエージュ州生まれ。幻想的で美しく、半分現実でもう半分は非現実であるような世界観に惹き付けられます。

この展覧会では絵の背景になる壁もその世界の一部になっていて、夜見る夢の中にいるような…。絵も夜っぽいものを中心に選ばれたのではないかと。とにかく、どっぷりとデルヴォーの絵の魅力に浸れました。うっとり。でもちょっとこの世のものでない怖さも感じたり。ひとつひとつの絵はもちろんのこと、この場全体が素敵な空間でした。府中市美術館おそるべし。また行きたいなあ。

途中、小さい厚紙にちゃちゃっと描いたって感じのイラストがあって、その紙の大きさと形(丸いのと四角いの)から「これはもしや…」と材質を確認したら、"ビールのコースター"。やっぱり。さすがベルギーだわ。

そうそう、素描もいくつかあって、それがまたうまいし完成されたイラストのようでもあって、あれは見てよかった。というか展示してくれてありがとう!な感じ。展示は”ポール・デルヴォー”らしい絵を描く前から始って、”ポール・デルヴォ-”の絵になって、そしてその後まで。しみじみ良かった。ポスターに選ばれた絵も、目玉(ピーク)なのではなくて入り口という感じで。


a0036755_2259639.jpg

続いて、アントワープ王立美術館所蔵 ジェームズ・アンソール -写実と幻想の系譜-、損保ジャパン東郷青児美術館。James Ensor(1860年 - 1949年)は、ベルギー・オステンド生まれ。仮面や骸骨などのモチーフを色彩豊かに描き、ポップにも感じるもののどこか違和感というか空っぽな感じの気持ち悪さがあって印象に残る。

展覧会はサブタイトルの通り、どのようにして”ジェームズ・アンソール”の絵に辿り着いたのかが中心。ルーベンスやブリューゲルといったアンソールより前の時代のフランドル(ベルギー)の画家の作品もいっぱいで、影響を見て取れるのが面白い。ただ、”ジェームズ・アンソール”になってからの絵は少なくて、そこがちょっと物足りなかったな。もっと仮面うじゃうじゃかと思ってたんだけど。全体の展示作品数は多くてそういう意味では盛りだくさん。ポール・デルヴォーの直後に見たのも影響してるかも。

ここはゴッホのひまわりも見ることができてお得です(常設)。が、うーん、ただの真っ白い壁にかけてあったのはちょっともったいない気がしました。

ちなみにアントワープ王立美術館は工事のため2011年9月から2017年まで休館中。なのでまとめて貸してもらえたんですね。ブリュッセルにあるベルギー王立美術館も近代部門は現在閉鎖中で、ポール・デルヴォーの絵もジェームズ・アンソールの絵もあったはずですが、今回の二展には出展されてなかったです。残念。


ポール・デルヴォー展 関連
>>> ポール・デルヴォー 夢をめぐる旅 府中市美術館 府中市ホームページ
>>> ポール・デルヴォー展 夢をめぐる旅 全国巡回展情報 [インターネットミュージアム]

ジェームズ・アンソール展 関連
>>> ジェームズ・アンソール-写実と幻想の系譜-:美術展・展覧会:NHKプロモーション
>>> SOMPO JAPAN MUSEUM OF ART(展覧会案内)
>>> Royal Museum of Fine Arts Antwerp - KMSKA(英語)


どちらも11/11まで!
[PR]

by marinji | 2012-10-30 23:30 | 美術展・博物展のはなし  

ホテルの朝ごはん : イギリス(ロンドン)の Holiday Inn

イギリス、ロンドンのホテル、 Holiday Inn London Kensington Forum の朝ごはんです。(2012年)

a0036755_21383265.jpg

さすがイギリスのホテル。ビュッフェ式ですが、フルイングリッシュブレックファーストが揃うだけでなく、チーズやハムも充実、クロワッサンもありました(たしかトーストも)。目玉焼きがあるのがさすがイングリッシュなブレックファースト。ブラックプディングがあるのも。左の皿の黒い塊(円のスライス)で、豚の血が使われたソーセージです。しっかりした味でした。それから、生のカットフルーツもいっぱいあって嬉しかったな。飲み物は珍しいところでクランベリージュースを飲んでみました。コーヒーは残念ながらいまいち。

写真だと少し暗くみえるかもしれないですが、明るくて広くて爽やかな朝!っていう感じの場所でした。けっこう広くて開放的で。

このホテルは地下鉄の駅(Gloucester Road)から近く、またその駅が空港まで地下鉄で1本(ピカデリーライン)なのと、ヴィクトリア&アルバートミュージアムには歩いて行けるという便の良さで選びました。部屋の広さもそこそこで、お湯が沸かせる電気ケトルとコーヒー・紅茶のセットなどもあり、シティホテルらしい過ごしやすさでした。

>>> booking.com : Holiday Inn London Kensington Forum
[PR]

by marinji | 2012-10-28 22:00 | 旅のはなし  

今日の「敦盛2011」

◆ 信長と蘭丸 「敦盛2011」

戦国鍋TVのミュージックトゥナイトの曲ですけども。久しぶりに聞きましたけども。ええ。番組内のネタにしては非常によくできた曲でして。ええ。まあ。だから、"俺の心の桶狭間"って何!ああもう!電車の中でも笑っちゃう、出だしから最後まで全部。"天守閣は吹き抜け構造~、ビリーブ!"の流れが特にダメ!耐えらんない。"ビリーブ!"って。二人であわせて。ビリーブ!って。

色男な信長と、かわいいけどどこかとらえどころのない蘭丸、キレキレに踊る二人の後ろで一所懸命なのは分かるけどどう見てもゆるい小姓ダンサーズ。その映像が相まって、いやこれすごいな。何を今さらって話だけど。なんだかもう、見てたら(聞いてたら)、明日は何でもできる気がする。気がするだけだけど。でも気がすることも大事だし。

最近始まった『TV局中法度』で似たコーナーがあるのだけど、曲がどうもイマイチで。。。ネタとしてはよくできてるんだけど、ネタでしかないというか。もしかして、と調べてみたら、作詞作曲が戦国鍋とは別の人だということで納得。やっぱり奥村愛子さんのメロディじゃないと。(戦国鍋(ミュージックトゥナイト)のほとんどの曲の作詞/作曲/編曲は安部裕之/奥村愛子/安部潤、でした)

余談。CMなどでAAAが出てくると、いまだに”上杉さん”を探してしまいます。
  
[PR]

by marinji | 2012-10-25 00:41 | 音楽の日  

ホテルの朝ごはん : ベルギー(ブリュッセル)の Metropole

ベルギー、ブリュッセルのホテル、 Hotel Metropole の朝ごはんです。(2008,2010,2012年)

a0036755_21593461.jpg

a0036755_21594363.jpg

a0036755_21595189.jpg

まったく気付かなかったけど、今年はお皿が変わってますね。絵柄ありから白皿へ。もしくはどちらのお皿もあってたまたま今回白いお皿を取ったのかな?さて、それはさておき。今年はホットサンドマシーンが無くて、非常に残念でした。真ん中の写真のように、ホットサンドが作れたんです。ハムとチーズをはさんでチーズがとろけるぐらいに焼いて。それを楽しみにしてたのでかなりしょんぼり。でもスモークサーモンがおいしかったわ。(前は無かったような?)

メトロポールは今まで三回泊まってます。そして毎回数日間泊まってて、一番滞在日数が長い(多い)。朝食のメニューは毎日変わらないんですが、それなりに種類が多いのでわりと飽きずに食べ続けられました。ホットビュッフェはソーセージ、ベーコン、スクランブルエッグ、マッシュルーム、トマト、ベイクドビーンズ、ハッシュドポテト、ゆで卵(ゆるめ)。コールドビュッフェはハムとチーズが数種類、スモークサーモン、ピクルス、フルーツ、ヨーグルト。パンはいろいろ種類あり、菓子パン的なものは甘いもののみ。クロワッサン、ワッフルあり。あとシリアルもあったかな。場所は明るく広くて爽やかな朝。

ちなみにここによく泊まる理由は、ヨーロッパ的な雰囲気を楽しめるのと、そこそこ部屋が広いのと(棚もあって便利)、自由に使える冷蔵庫があって、さらにフリードリンクがついている!水とコーラとビール(ステラアルトワ)。水を買う手間を省けるのはすごく気が楽なのです。

>>> booking.com : Hotel Metropole
[PR]

by marinji | 2012-10-21 22:23 | 旅のはなし  

昨日と今日の「平凡」

◆ オーノキヨフミ 「平凡」

最近ずっときゃりーぱみゅぱみゅの「PONPONPON」を聞いている。たぶん中田ヤスタカが好きなのだ。そしてPerfumeの『JPN』がすごく好きだったのに、「PONPONPON」を聞いてからは何か少し違う気がしてきてしまった。なんだろう。声かなぁ。きゃりーの方が少し、下手な部分を残していて、それが個性として聞こえる。Perfumeは完璧に作りこまれている感じがある。わざと区別してるのかな。あとは『JPN』は恋愛のみの曲が多いことだ。生活の中心が恋愛で、恋愛以外の生活がかすんでいる(全部の曲がというわけではないけど)。それはそれで当然、恋の始まりの段階はそうだろうし、その瞬間をとらえたものとしてすごいなーと思っていたのだけど、うーん、毎日聞くにはそれだけだと間がもたないというかなんというか、うーん。それで「PONPONPON」なのだ。

で、恋愛以外の生活の部分(恋愛が含まれていても)、そっちがメインになっている曲が今の私は聞きたいんだなぁとぼんやり思って、iPodに入れてあった曲のタイトルを眺めていたら急に「平凡」を思い出した。ああ、そう、こういう感じ、これこれ、これが今聞きたい。あとキリンジの「エイリアンズ」、キャプテンストライダムの「マウンテン・ア・ゴーゴー」、bonobosの「愛してるぜ」。
  
[PR]

by marinji | 2012-10-20 11:13 | 音楽の日  

ベルギー&イギリスの旅2012 の メモ(旅日記)

どこに書くか迷ったんですが、旅行中に書いていた日記(メモ)を読み返したらビールの感想が多かったのでビールログ側にしました。こちらへはリンクを載せておきます。


ベルギー&イギリスの旅2012、7/7(土)~7/16(月)

ベルギー&イギリスの旅2012、1日目メモ(成田→ロンドン)
ベルギー&イギリスの旅2012、2日目メモ(ロンドン)
ベルギー&イギリスの旅2012、3日目メモ(ロンドン→ブリュッセル)
ベルギー&イギリスの旅2012、4日目メモ(ブリュッセル、メッヘレン、ルーヴェン)
ベルギー&イギリスの旅2012、5日目メモ(リエージュ、ブリュッセル)
ベルギー&イギリスの旅2012、6日目メモ(ブルージュ、アントワープ)
ベルギー&イギリスの旅2012、7日目メモ(ブリュッセル、ベールセル)
ベルギー&イギリスの旅2012、8日目メモ(ブリュッセル→ロンドン)
ベルギー&イギリスの旅2012、9日目メモ(ロンドン→成田)

目次と後書き


なんとか全部書き終わりました。ビールの話が中心なのですが、今回はある程度ビール以外の部分も写真や文章を載せるようにしたつもりなので、ビールに興味が無い方にも楽しんでいただけるのではないかと。また、ビールに興味は無いけど、ベルギーに行くことになって、多少はビールも楽しんでみたい・・・という方にも参考にしていただけるのではないかと思います。場所的に行きやすいお店がほとんどなので。

来週からはまたこのブログで旅の話の週一投稿を再開します。
  
[PR]

by marinji | 2012-10-14 22:00 | 旅のはなし  

ツタンカーメン展(上野)、大英博物館 古代エジプト展(六本木)

古代エジプト系、2展。少し前ですが、それぞれ別の土日の朝イチで行きました。

a0036755_2254315.jpg

KINGTUT ツタンカーメン展 ~黄金の秘宝と少年王の真実~(上野の森美術館)。まず言っておきたいのは。ポスターに写っているものが当然この特別展の目玉なわけですが、これは黄金のマスクでも棺でもありません!知ってましたか。気づいてましたか。はい、では続いて感想です。

古代エジプトの秘宝の中からツタンカーメンという人物に関連するものをポイントにして展示しているのは面白かった。ただ、うーん、サブタイトルは大袈裟かな。真実の解明というよりも純粋に秘宝を愛でることでよかったのではないかと。ポスターになったツタンカーメンのカノポス(内蔵を入れておく容器)はすごく綺麗だったし細工も細かかったし。化粧容器のライオンの飾りとか、王冠を被った像とか、他の展示品も素敵だった。だからむしろ変に煽らない方がよかったんじゃないかと。

煽った効果か朝イチでも大行列だったけど、案内の人たちは皆手慣れていて混乱は無く、列が60分待ちを超えたところで以降は時間指定の整理券に切り替え。いよいよ入るという所では一旦小部屋に一定人数を待機させて簡単な説明ビデオを見せてからという流れになっていて、中の人数のコントロールがうまいなと思った。来客数はマウリッツハイスやベルリンより多いんじゃないかと思うけど、中での見やすさは断然こっち。絵画じゃないから360度ぐるりと見られるというのも大きいか。ショップが外というのも便利だったな。

面白かったし素敵だったけど、1時間並んで待つほどじゃなかったかなぁ、というのが正直な感想。ただ、正直に言うと、この感想は、黄金のマスクがあるんだろうなと思い込んでいたのも大きいです。昼ぐらいに行って2・3時間後の整理券をもらって、別の博物館・美術館のすいてる常設展を堪能して戻ってくるのがちょうどいいかな。


a0036755_22592461.jpg

大英博物館・古代エジプト展 -『死者の書』で読みとく来世への旅 (六本木ヒルズ・森アーツセンターギャラリー)。こっちも列はできていたし、しかも入場券は持ってなくて当日券購入からだったけど、そんなに待たずに入れた。ちなみに行ったのは最終日。

こちらは「死者の書」が中心。展示品のボリュームの多さと、また人がまばらだったのと、丁寧で分かりやすい解説で見応え十分!一通り見ているうちに、古代エジプトの死生感が自然と伝わってくる展示は見事。「死者の書」が一続きに並べて展示されているのも圧巻。ミイラも来てます(棺だけでなく)。いやー、これだけゆったりとしっかりと見せてもらえたら言うことなしです。死者の書の研究についても触れているところがまた憎い。


KINGTUT ツタンカーメン展 関連
>>> KINGTUT ツタンカーメン展 -フジテレビ (※音が出ます)
>>> 上野の森美術館

大英博物館 古代エジプト展 関連
>>> 大英博物館 古代エジプト展
>>> 大英博物館 古代エジプト展 六本木ヒルズ - Roppongi Hills
>>> 森アーツセンターギャラリー
>>> British Museum - Visiting (日本語)
   
[PR]

by marinji | 2012-10-09 23:28 | 美術展・博物展のはなし