<   2012年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

チェコめぐり : プラハのテレビ塔

今回は東京スカイツリー開業記念。チェコ、プラハにあるテレビ塔 Zizkov TV Tower です。(写真は2007年)

a0036755_21504784.jpg

静かな住宅街の中にあります。観光地という雰囲気は特に無し。この塔、写真を見てから気になっていて・・・2007年のチェコ旅行の際、友人と別行動した時に行ってみました。遠くから見ると普通の建物なんですが、近づくと、ちょっと変なんです。

・・・>つづき
[PR]

by marinji | 2012-05-27 22:00 | 旅のはなし  

チーズケーキを焼いた

チーズケーキはレアが好きだった気がするのだけど、最近は歳のせいか何のせいかベイクドの方が好きになっている。あのこってりしたチーズの味がいい。ジャクソン・ポロック展の後に寄って久しぶりに食べた Cafe GOTO のベイクドチーズケーキがおいしかったのも理由のひとつかも。

a0036755_2223355.jpg
cafe GOTO で。タルト・タタンもおいしいんだけど、これもおいしい。


気軽にお菓子を作れるようになりたいなぁと最近考えていた。そんな時にほぼ日でなかしましほさんの連載が始まった。クッキーもよかったのだけど、その後に始まった方でチーズケーキのレシピが出た。丁寧な解説は後日で、まずは簡単な説明文で作ってみてツイートする、という企画。

作ってみたいけど丸いケーキ型持ってないしなあ、と思ってたら、ツイートされる写真の中には丸型以外の型で焼いてる人がちらほらと。そうかそれでもいいのか、とパウンドケーキ型で焼いてみた次第。

チーズの他にヨーグルトも使うので、さっぱりしてる。粉もたぶん少なめで、全体的にしっとり、よく冷やして食べるとレアチーズケーキっぽくもあり、おいしい。個人的な好みを言えば底にサクサクのクッキー生地がほしいところだけど、それはそれでもう一手間かかることになるし、材料をざっと混ぜて焼くだけでこれだけおいしいならいいか!と。あとこれ、レシピがいい。ヨーグルトは市販品の1パック分、クリームチーズと生クリームは市販品のちょうど半分の量で、二回作れば使い切れる!お菓子を作るのって、材料をいろいろ揃えなきゃいけなくてしかも中途半端に余っちゃうのが悩ましいから、これは嬉しい。

a0036755_2228135.jpg


というわけで一週間後にもう一度焼いてみた。1回目は少しだけ水っぽくなってしまったので、今回は焼き時間を五分追加&焼いた後に充分冷ましてからラップして、冷蔵庫へ。あと、ほんのちょっと塩を足して(味の好みで)。そしたら、ちょっと、良くなった。

お菓子を作ったのは久しぶり(料理教室を除いて)。だけど気軽に作れるレシピのおかげで楽しかった。丸型とは別の型で焼いてツイートしてくれた人たちにも感謝。少し前に買ってたパウンドケーキ型が活用できて嬉しい。
  
[PR]

by marinji | 2012-05-22 22:30 | 飲み食い日記  

ドイツめぐり : アリアンツ・アレーナ

今回はCL決勝記念、Allianz Arena。(写真は2007年)

a0036755_2213278.jpg


アリアンツ・アレーナはドイツ、ミュンヘンにあるスタジアム。バイエルン・ミュンヘン と 1860ミュンヘン のホーム・スタジアムです。2006年のW杯でも使用されました。そして UEFA Champions League 2011-12 、決勝戦(2012年5月19日!)はここでした。しかも決勝にバイエルン・ミュンヘンが進出、大盛り上がりだっただろうなぁ。なお、UEFA主催試合では「フースバル・アレーナ・ミュンヘン [Fußball Arena München]」呼びだそうです。(Allianzは企業名のため)

試合開催日(夜)はそれぞれのクラブカラーに光るのです。バイエルン・ミュンヘンは赤、1860ミュンヘンは青、ドイツ代表戦などでは白。

2007年にチェコに行った時に、最後ドイツのミュンヘンに寄って、昼に行きました。残念ながら夜の状態は見ていません。

・・・>つづき
[PR]

by marinji | 2012-05-20 22:00 | 蹴球[Football]の日  

ホテルの朝ごはん : ベルギー(ブリュッセル)の Novotel

ベルギー、ブリュッセルのホテル、 Novotel Brussels Off Grand Place の朝ごはんです。(2008年)

a0036755_21464043.jpg

ホットビュッフェありの朝食。とにかく加工肉が好きっていう盛り方だな。ハム、ハム、ベーコン、ウインナー。チーズと一緒にパンに乗せて食べたと思います。さらにスクランブルエッグも乗せてるかも。生野菜はそんなに置いてなくて、きゅうりとトマトだけってパターンが多い気がします。あ、ここまでしっかり茶色いパンがあるのはもしかしたら珍しいかも。

左上のジュースで目覚めて、ごはん食べて、真ん中の銀のポットがたぶんコーヒーなのでこれを右上のカップに注いで、ゆったりと一日の計画を立てる。そんな朝ごはんです。

ノボテルはブリュッセルの中央駅近く、三軒ホテルが並んでいるうちの一軒です。グランプラスにも近くて便利。値段もそこそこで部屋もそこそこ、こじんまりしたホテルで、帰ってくると少しホッとする場でした。

>>> booking.com : Novotel Brussels Off Grand Place
[PR]

by marinji | 2012-05-13 22:00 | 旅のはなし  

ホテルの朝ごはん : オランダ(アムステルダム)の Sheraton

オランダ、アムステルダムのスキポール空港直結、Sheraton Amsterdam Airport Schiphol の朝ごはんです。(2009年)

a0036755_22455469.jpg

a0036755_2246252.jpg

とにかく豪華。といっても装飾の豪華さではなくて、機能的ですっきりとして、そして何より・・・メニューが豊富(ビュッフェ形式)。生の野菜もたっぷり(たしかサラダバーがあったと思います)。ここは最終日に寄ったので ”ホテルの朝ごはん” にはだいぶ飽きてきた頃だったのが残念。お皿見てもあまり取ってないですね。

でも、パンケーキにはウキウキしてしまいました。それと、写真では分かりにくいのですが、コーヒーカップが大きいマグカップ!なんか嬉しかった。オランダ特有なのかな?

ベルギー旅行の際に泊まりました。ちょっと高いんですが、アムステルダムの中心部のホテルも高いので、それならいいかな~ということで。スキポール空港からホテルまでは繋がっていて、行き来が楽です。空港で買い物も飲食もできるし、空港からは電車ですぐ市街地に出られるし、思ってたより便利でした。それに何より機能的でそこそこ広くて綺麗な部屋は、旅行の最終日にぴったり。景色も、部屋の窓から空港が見えて、特に夜が良かったです。

>>> booking.com : Sheraton Amsterdam Airport Schiphol
[PR]

by marinji | 2012-05-06 23:11 | 旅のはなし  

SPEC 天 (映画)

加瀬亮という文字を見るといつもいつも加地亮を思い出してしまうのだけど、口に出してみるとけっこう違うのだ。かせりょう、かじあきら。(はー、すっきりした。背番号21!)

それはさておき。

SPEC 天、面白かったです。けっこう早いうちからスピーディに飛ばしてそのまま最後まで。あと30分くらいあるかなと思った頃に終わりました。映画らしく派手なシーンあり、ストイックな制服姿好きにはたまらない瀬文(加瀬亮)の軍服的姿あり、映像の美しさもあり、起承転結の”転”らしい展開もあり、とはいえある程度これでカタがついていて、当麻(戸田恵梨香)の凛々しさにぐっと来てかわいさにぐっと来て。あ、あとは馬鹿猪トリオのうちの岡田浩暉・松澤一之さんが好きです。今回はあまり出番無かったけど、いい顔・いい仕事してた。

>>> 『劇場版 SPEC~天~』OFFICIAL SITE
[PR]

by marinji | 2012-05-06 22:08 | 日々の徒然  

「ふしぎなキリスト教」

旅のはなしサボリ中ですm(__)m。今日再開するつもりですがその前にいくつかレビューを。


ふしぎなキリスト教 (講談社現代新書)

橋爪 大三郎・大澤真幸 / 講談社


本屋で目立つところに置かれていて(売れているらしい)、さらに私は宗教の話が好きなので読んでみたところ、面白かった。対談という形式が読みやすくてよいのもあるし、「そうそう、それが分からなかった!」というツボをおさえた質問がいい。読んでいくうちに、ああそういうことだったのかと何度も思うのだけど、それで読み進めていくうちに、私がキリスト教的考えを”ふしぎ”と思うように、私自身の(日本人的な)考え方もずいぶんと”ふしぎ”なものなんだなと気付く。そこはわざわざは書いてなくてちょこちょこと触れられているだけなのだけど、自分の中で、感じ方がくるっと回転した感じ。

特に、キリスト教の考えに則るとこの世界の出来事は科学的なものだということ、そしてこの世界の仕組みを解き明かす科学という行為こそが神の考えを探ることだということは、ちょっと、驚いたけど、妙に納得した。科学とキリスト教って相反するものではないのね。

そして、言われてみれば、米一粒一粒に神が宿ると思うほうが、非科学的だ。ただ、科学は科学で、信仰というか思考みたいなものはそれはそれ、みたいに別々に信じているのが今の私の状態だし、それは自分にとっては自然なことだけど、はい、それこそが、一神教な人たちから見れば自然じゃないこと(ふしぎなこと)なんですね、ということが分かった。それが面白かった。(私の解釈で書いているので、本の内容とはずれているかもしれないです)
[PR]

by marinji | 2012-05-06 17:21 | 本の日