<   2007年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

京都音楽博覧会 2007.9.23 梅小路公園 (2)

小田和正の懐の深いライブの後、まだ雨は止まず、ひとます退散して傘を指そうかと思って迷っていると、弦楽器を持った素敵なおじ様たちがズラリと出てきた(Taraf de Haidouks)。可愛らしさもあり、ダンディさもあり。始まった曲は音が軽快に飛び跳ねて、音色豊か、民族音楽のようで(後で確認したところジプシー音楽なのだそうです)、踊り出さずにはいられない。なんと Cocco が踊りながらステージを横断していく。こりゃ楽しい。

降り続く雨のせいで、3曲ぐらい聞いたら「長いな…」と思ってしまったけど(ごめんなさい、寒かったんです…)、それでも最後まで楽しくて、今度アルバムを聞いてみたいと思った。もしかしてくるりとコラボするかな?「ハヴェルカ」とか!と妄想したもののそれはなく、終了。

で、雨も上がっていよいよくるり、となったもののここからが長かった。雨が上がったことで、濡れた服に風が吹いてどんどん冷たくなって体は冷えるし、それにここまでの入れ替えではあまり待たされてないもんだから、まだかな~まだかな~まだかな~......とイライラしてしまう。夕焼けは綺麗だけれど、それでも待ちきれなくて急かすように何度か拍手が鳴った後、くるりはやっと登場した。空はもうだいぶ暗くなって、照明が綺麗に光る。

a0036755_23325867.jpg


ステージ編成はふれあいコンサート(ツアー)と同じ、コーラス等々のザ・サスペンダーズ(三人組)を従えている。一曲目は「ばらの花」!本日2回目です。そして「ハイウェイ」。初めてくるりをフジロックで見てから今まで、あっという間で、でも長い道のりだったなーと思って、また泣きそうになる。この後はほぼふれあいコンサートと同じ。野外だから曲もアレンジも変えて来るかな?と想像していただけにちょっと拍子抜け。もちろんホールで綺麗に響いていた音は野外でも夜空へと綺麗に響いていたけれど。ただ、ちょっと重いんだよなー、音、というかリズムが。なんでもかんでも軽快な方がいいってもんではないけどさ。

「スロウダンス」は可愛らしくてどこか色っぽくていい。「ジュビリー」は録音された音の厚さにまだライヴは勝っていないように感じる。早く化けてほしいな。ジャズっぽい「リバー」は今回一番の驚き。素敵だった。ラストが「宿はなし」なのも、余韻が残って素敵だった。

アンコールで Cocco と何かやってくれないかなーなんて考えていたけど、おそらく時間の都合もあり、スパッとアンコール無しで終了。

出演者としてだけでなく、開催者としての立場があって、きっと不安もいっぱいあって、いっぱいいっぱいで、でも嬉しそうな岸田さん・佐藤くん、二人とも素敵だった。すごいな。

◆ くるりのセットリスト
[PR]

by marinji | 2007-09-27 00:28 | 音楽の日  

京都音楽博覧会 2007.9.23 梅小路公園 (1)

無事に帰ってきました。風邪ひいたのか疲れたのか、今無性に眠いんですが、気持ちが新鮮なうちに書けるだけ書いておきます。音博メインで。

下記の通り大阪に泊まることになったので先に大阪に行って、ホテルに荷物を預けて、京都に行って、ぶらぶらしてるとこでチケットがホテルの荷物の方に入ってることに気がついて、慌てて大阪へ。で、また京都へ。京都駅から梅小路公園まではちょっと距離があるけど、道々に目立つ黄色のTシャツを着たスタッフが矢印看板を持って立っててくれるので迷わず着けます。

駅から向かって入る公園の入り口とは逆側の入り口にリストバンド交換所があって、ステージを横目に公園を延々と横断。面倒~と思ったけど、公園を通りながら「あ、この辺で休める」「ここまで来ればそんなに人もいなくて座れるな」と全体像がつかめて来て、これはなかなかうまい仕組みかも。私が着いたのは13時頃で、この時はリストバンド交換所はもうガラガラですぐ交換してもらえた(開場は11時でした)。

とにかく体調が悪い時はしっかり食べないと!と思い、飲食スペースの屋台に並ぶ。すごい列だけど混乱はなくスムーズ。ちなみにチケットを持っていないと入れないのはステージ・観客用のスペースだけで、チケット無しでも食べ物買って音を聞くことはできる状態でした。なんか面白いかも。で、屋台に並んでる間に通り雨。どかーっと降って、あがる。その間に食べて、充電完了。酒も飲みたかったけど見つけられずあきらめる。

a0036755_23524354.jpg


さて、ステージ。私が会場に入った時にやっていたのは Jason Falkner。雨上がりに爽やかな歌声と曲がよく合う。会場は後ろまで人で埋まってはいるものの、前まで行こうと思えば入っていける。1ステージしかないから人が動かないんじゃないかと不安だったけど、大丈夫だ。

Jason Falkner の後、少しだけ待ってすぐに目当ての Cocco が登場。ギターの人と二人で弾き語り。一曲目の「強く儚い者たち」でなんかもう泣きそうになる。久しぶりに生で聞くCoccoの歌声と、雨上がりの野外のキラキラした空気とこの歌が見せる映像とやるせなさに胸が締め付けられる。この歌を生で聞けるなんて、生きてればいいことあるなぁ。次は「小さな町」で、ある意味Coccoらしく、力強い。弾き語りという形態でより生々しくなってたなぁ。初めての京都で浮かれてるなんて話を本当に楽しそうに話しながら、沖縄民謡や「ハレヒレホ」を楽しそうに歌っていく Cocco が本当に本当に素敵だった。最後に「ジュゴンの見える丘」。沖縄の米軍基地の話、ジュゴンの話も、聞くことができてよかった。

Cocco の後はこれまたほんのちょっとだけ待ってすぐに小田和正が登場。小田さんもギターの人と二人で弾き語りスタイル。で、ギターの方の紹介としてやらせた曲が「ラブストーリーは突然に」のイントロ!ちゃかちゃーん♪ってやつです。会場全体どよめき、歌もちょこっと歌ってくれて大盛り上がり。あれを弾いた人か!と皆納得だったのだけど、さらに、"佐橋くん"と呼んでいたので私はもしかして...?と思い、帰ってから確認したら当たり。佐橋佳幸さんだったんですね。私にとって佐橋さんといえば渡辺美里への楽曲提供とギターで気になっていた人。まさかここで出会えるとは。生きてればいいことあるなぁ(2回目)。

その後、新曲「心」から始まり、今の状況にぴったりな曲を...と歌いだした♪雨上がりの空を見ていた(「たしかなこと」)で「おおー」と客がうなるのにびっくりして笑い出してやり直し。いや、こんな状況って今までほとんど無かったんじゃないかしら?もちろん小田さんファンと思われる人もいっぱいいたけど、全体で見ればそこまでファンじゃないって人もきっとけっこういて。で、ギターでのイントロだけでは曲が分からず、でも歌を聞けば皆分かって、「ああそれか!」ってうなったわけで。小田さんはそれを肌で感じて、面白かったり照れ臭かったりしたんだと思う。

で、この曲の前に自分で雨男だと言っていたのだけど、その通り。また雨が降り始めてしまいました。私は晴れ女な方だけど、かなわんな。

それにしても。「還暦おめでとう」というボードを持ったファンが映し出されていたけど、そうですか、還暦ですか。それであの歌声はすごい。切ない、やるせない美声に不覚にも感動。甘甘な歌詞があまり好きじゃなかったのだけど、生で歌声を聞いて納得してしまった。この声ならあの歌詞しかないわ。いい声はそれだけで宝なのだと思った。途中からくるりが出てきて、くるりの「ばらの花」、小田和正の「恋は大騒ぎ」を。どっちも素敵だった。「恋は大騒ぎ」を歌う岸田さんはちょっと苦しそうだったけど(音程が高いよな~)、「ばらの花」を歌う小田さんのしっとり落ち着いた感じはこの曲が若者だけのための歌ではないことを体現していたと思う。MCはある意味還暦らしい、落ち着いて自然体で楽しそうで、さすがベテラン。

......長くなってきたのと本格的に眠くなってきたので今日はここまでで失礼します。おやすみなさい。


京都音楽博覧会 IN 梅小路公園 [公式サイト]
[PR]

by marinji | 2007-09-24 23:30 | 音楽の日  

京都へ

a0036755_1946302.jpg


向かってます。くるり主催の京都音楽博覧会です。

体調を崩していたので直前まで悩んでいましたが(味スタでのFC東京vs清水戦も見たかったし…)、熱が下がったので行くことにしました。おかげで京都の宿が取れずに大阪泊。でもなかなか良さそうなホテルなので嬉しい。病み上がりなうえ、昨日なかなか寝つけず睡眠不足というコンディションの悪さなので、無理せずゆるゆると楽しんできます。

写真は新型の新幹線(のぞみN700)。顔が長くて入りきってなくてすいません。
[PR]

by marinji | 2007-09-23 09:43 | 日々の徒然  

音楽メモ

◇ BGM 「群青日和」 東京事変

パワフルな歌・曲が聞きたくて、東京事変の「キラーチューン」を手に取るも後ちょっとでアルバムが出るので我慢。試聴で我慢。試聴機のヘッドホンの性能ってのもあるだろうけどベースの音がかなり強くてぐいぐい引っ張られる感じ。いいなぁー。サビの歌声は喉の限界の線ギリギリで歌っているというか、ちょっと苦しそうでもあるのが味だな。

で、パワフルな歌・曲を…と思いつつ店をぶらぶらして、「キラーチューン」と RYUKYUDISKO を我慢して、今日はルミナス・オレンジの新譜『Sakura Swirl』に飛びついた。久々の新譜だし、全部じゃないけどアヒトくんのドラムだし。帰ってきてわくわくしながら聞いたら、なんとなく前作に似ていて、うーん。ちょっと期待しすぎたか。

あと、石田小吉が石田ショーキチになっていて(これは知ってたけど)、ソロアルバムが出ていた。スクーデリアの途中から、たぶん結婚して幸せになったあたりからの曲は自分の好みから外れてしまって聞いてなかったけど、ソロだとどうだろう。

iPod 用に使ってるヘッドホンが壊れたので買い換えてそれで聞いてみたら、重低音がくっきりそれ以外の音も1音1音はっきり聞こえて驚いた。高いのを買ったわけじゃないのに。
[PR]

by marinji | 2007-09-20 00:26 | 音楽の日  

献杯


少し日が経ってしまいましたが・・・
天国にいるであろうマイケル・ジャクソン氏(ビア・ハンター)に
捧げます。


a0036755_21142412.jpg


一年前に下北沢のうしとらで飲んだ”佐倉・香りの生”。
製造している方(女性)が産休のため一時期醸造を休止してましたが、
無事再開しているそうです。その喜びとともに。


Google News:Beer Critic Michael Jackson Dies
Michael Jackson's Beer Hunter
Wikipedia:マイケル・ジャクソン(ライター)



世界の一流ビール500
マイケル ジャクソン 渡辺 純 Michael Jackson ブルース原田 / ネコパブリッシング
*数々のビールについて、ボトルと専用グラスに注いだ写真があり、その味から醸造所の歴史にまで思いを馳せることができる素敵な本です。
[PR]

by marinji | 2007-09-18 21:32 | 飲み食い日記  

J1第二十五節、清水vs甲府

しばしの休暇の後の再開試合はスコアこそ2:0と快勝に見えますが、かなり運にも助けられた試合でした。でもイマイチな展開の試合で勝ち切ったこと、途中交替の選手(高木・枝村)が結果を出したことは良いことだと思います。

すいません。チェコのことを書いて力尽きたので今回はざっくりと。

青山、遠征・代表戦(五輪)続きで疲れてるだろうに最後までよく頑張った。高木和道とのCBコンビは安心して見ていられる。西部、そのミスはいかん。甲府の幻の1点目はオフサイドで取り消し、でもこれはかなり微妙だと思うので、運に助けられた印象。清水の1点目、フェルのボールキープ良し、イチの速いグラウンダーのクロスも良し、ジェジンがDF陣を引き連れたうえでスルーして(速すぎて触れなかった?)その先に矢島!よく走り込んだ!!完璧です。2点目は純平がゴールラインを割りそうなぐらい深い位置まで走り込んで・持ち込んで、ゴール前へ切り返して枝村!よくそこにいたなー、枝村。そしてそれこそがエダの魅力だと再確認。

実況は倉敷アナだったのですが、いやーやっぱり倉敷さんはかゆいところに手が届く!塚田雄二さんの解説も冷静できっぱりとしていて良かった。ピッチリポーターの小野響子さんもいいところを拾ってきて盛り上げてくれました。

清水エスパルス公式サイト、試合情報
J's GOAL、ゲームサマリー

余談。清水エスパルスの2007シーズン・オフィシャルクラブスポンサーに『すんぷ夢ひろば』が決まったのですが、ここの公式サイトを見てみたら……徳川家康ミュージカル!!えー!?歌って踊って関ヶ原!?ていうか何を歌うのよ?人生五十年~♪ってそれを歌って踊ってたのは信長だよ!……と混乱しながらもう一度よく見てみたら徳川家康ミュージアムでした。よかった。ところで駿府であれば今川氏では駄目だったんでしょうか。駄目か。武田(甲府)に負けてるし。

ニュースリリース:オフィシャルクラブスポンサー決定のお知らせ
すんぷ夢ひろば

それから、柏へレンタル移籍中の太田圭輔が柏でブログを始めてました。
太田圭輔のCROSS ROAD~太田圭輔公式ブログ~
[PR]

by marinji | 2007-09-17 23:20 | 蹴球[Football]の日  

音楽メモ

◇ BGM 「ラブレター」 倉橋ヨエコ

「殺 ROCK ME!」と「ドラクル」を見た後、”神様を信じる強さを僕に”という言葉を思い出して、小沢健二の「天使たちのシーン」を聞いた。久しぶりに。それからアルバム『犬は吠えるがキャラバンは進む』全体を聞いた。

華やかなアルバムではないけれど、じわじわと熱くなる曲達にドキドキする。歌というよりも朗読というか、話しかけられているようにも感じる歌い方が、このアルバムを作った時の、その”瞬間”の小沢健二を感じさせる。若くて、少し幼くて、でも大人びているというか大人になろうと少し背伸びしているような。あー、私自身ももうこういう時期は過ぎてるよな。初めて聞いた時は確実に私はこの”小沢健二”よりは幼くて、大人っぽいアルバムだと思っていたような気がするけど。リリースは1993年だからもう10年以上っていうか15年近く経ってるのか。

ところで来週はいよいよくるり主催の京都音楽博覧会なんですが、先週月曜日から熱にうなされてるうえに今もまだ下がり切ってないのでどうしたものかと悩み中。あきらめて味スタのFC東京vs清水戦にしようかなーなんて思ったり。

くるりといえば。NHKホールでのくるりを見た後、阿佐ヶ谷の海晴亭に行ったらライヴ帰りの人が2・3組ぐらいいてびっくりでした。前はそんなにいなかったような気がするんだけどな。佐藤くん効果でしょうか。
[PR]

by marinji | 2007-09-17 22:27 | 音楽の日  

EURO2008予選 チェコ対アイルランド=1:0

日本代表もフル代表・なでしこ・五輪代表といろいろありましたが(U17は見てない)、久しぶりにチェコのことを。

実は日本とまったく関係が無い試合を見るのは久しぶり。日本のサッカーに慣れてしまった目にこの2チームはどう映るんだろう…なんて楽しみにしていたのだけど、試合開始早々は両チームともパスミスだらけというかパスカットだらけというかとにかくボールがテレビの右へ左へと飛び交って、ちょっぴり拍子抜け。それでも次第にチェコにボールがおさまり始めて、チェコ得意の小さく速いパスを回してスルッとゴール前へ!というシーンが増えてくる。コラーが出場停止でいないためゴール前で少し迷いがあるようにも見えるけれど、パンパンパンッと横にはたいてスッと縦に抜けるパスが出てくるのは見ていて気持ちいい。しかもチェコは皆よく動く。カメラはボールの動きを追いかける、すると、画面の外からチェコの選手が一人二人三人と走りこんで来るのだ。攻めでも守りでも。これは面白い。ネドベドがいなくなった分を皆で走ってるのかな?

私がチェコの試合を見る目的の大半は、いわずもがなのロシツキ目当て。長身のコラーや厚い胸板のネドベドにまるで息子か歳の離れた弟のように抱きつく(得点の時とかね)ロシツキもいまやキャプテン。キャプテンマークを巻いていると狭い画面の中でも見つけやすくていいなーということでロシツキ中心に見ると、中盤でボールをさばいて、うまいっとうなるようなパスを出すのだけどそれだけじゃない。パスの後はすぐ走り出して深いところまで切り込んで行くし、守備もかなりやってる。右でスライディングをしたかと思えば次の瞬間には左でボールを追いかけてたり。この調子で90分もつのかな?と心配になりつつ、以前ブリュックネル監督が守備力を評価してジダンのマークにつけてジダンを完璧に押さえ込んだことを思い出した。ロシ、可愛い顔してやるなぁ。って私に言われたくはないだろうけど、まぁこれを読むことなんてないだろうからいいや。

スコアはチェコペースの前半のうちに動く。チェコの左SB(たぶん)のヤンクロフスキがプラシルとのワンツーで前に出てさらにアイルランドのDFをぶっちぎってゴールネットを突き破ってコンクリートにめり込んでぶすぶすと煙を上げそうな力強いシュートを決めてチェコが先制。これを見た時にはヤンクロフスキのポジションが分からなくて、「やっぱ欧州のFWは違うなぁ、いや今日はバロシュの1トップだからMFかな」と思ったのだけど、画面に『ヤンクロフスキ(DF)』って出てきて呆然。磐田で得点王を取った頃の高原みたいだったのにあなたDFですか。。。

アイルランドの選手交替、ハントが入ってからはアイルランドがサイドを使って崩せるようになってきて、チェコ危うし!な展開。さらに危険なプレイが増え始めて、チェコ側に連続してイエローカード。この辺、審判はチェコホームということで公平に裁かなければと意識しすぎた?いい気になったのかアイルランドは肉弾戦に持ち込んで、激しさは増す一方。こうなるとサッカーじゃないというかなんというか…別の面白さはあるもののサッカーとしては面白くない。チェフ(チェコのGK)がハイボールを取る時にアイルランドの選手が後ろから手でチェフをはたいてたりとか、本当にひどかった。ロシも消えてるし。本当はここでロシには翼くんばりに「そんなサッカーは認めないよ!」と華麗に一発決めて欲しかったのだけどこの時間帯で怪我しなくて済んだだけ良しとすべきかも。

この後ハントがレッドカードで退場になり、アイルランドの粘りも及ばず。1:0で終了。

ちなみにフォローではないですが、ハントは過去にチェフに怪我を負わせた選手で、選手交替で入った瞬間から大ブーイングを受けてました。自業自得とは思うけど、そんなこともあってアイルランド側が熱くなりすぎてしまったという面もあるかも。

W杯後の新たなチェコがけっこういいチームになっているのと、ロシツキがいい仕事してるところが見れてよかったです。次はいよいよドイツ戦。

それと、両ゴール裏にガンブリヌス(チェコのビール)の広告を見つけてニヤリ。

TOMAS ROSICKY official website (※モーツアルトの曲が流れ出します、注意)
uefa.com UEFA EURO 2008(日本語)
↑のチェコ対アイルランド戦レポート
スポーツナビ EURO2008
WOWOW EURO2008予選 放送予定
  
[PR]

by marinji | 2007-09-17 22:08 | 蹴球[Football]の日  

芝居を2本

ちょっと前からずっと熱にうなされてまして、会社を休むほどの高熱ではないけどじゃぁ会社に行って使いものになるかというとそうでもなく、ぼやーんと過ごしてしまったりしてます。で、行くか寝るか悩みながらもパワーをもらいたいなんて思って今週は芝居を2本観てきました(チケットを取ったのはだいぶ前のことだけど)。

1つめは”劇団鹿殺し”の『殺 ROCK ME ~サロメ~』。この劇団の芝居は初めてですが、中村まことさん(猫ホテ)と加藤啓さん(ムニエル)が出るというので行ってきました。2つめは長塚圭史作・演出の『ドラクル』。長塚圭史はこの前の阿佐ヶ谷スパイダース公演(少女とガソリン)を見逃してしまったので久しぶり。

それぞれの感想はまた後で書くことにしますが、どちらもキリスト教への信仰が話のベースにあって、改めてキリスト教はドラマ性が高いなぁと思いました。聖書の中で語られる物語にしても、神の存在にしても。 仏教や神道では何かあったっけ?と考えてみたものの、思い出したのは聖闘士星矢(乙女座のシャカ)・・・・・・ごめんなさい。
[PR]

by marinji | 2007-09-12 23:39 | 芝居の日  

音楽メモ

◇ BGM 「恋のブブブン」 HALCALI

暑かった時から、涼しくなった今もHALCALIの『サイボーグ俺達』ばかり聴いている。とにかく声と音が気持ちいいったらない。自然体でやっているようですごく歌がうまくなってるのにびっくり。前作だとまだ自分の癖のままに歌ってる感じなのだけど(ラップも)、今回は完全にまずきちんと歌いこなしていてその上で個性として癖が出てくる。だからこのパートはハルカの方がいいとかユカリの方が合ってるっていう分け方がなくて二人が縦横無尽に歌っているのが聴いていて本当に気持ちいい。そういう意味でPUFFYみたいだ。

お祭り騒ぎっぽい歌詞もせつない恋愛もゆるい恋の歌もいいのだけど、青年の主張!的な歌詞は違和感がある(LOOK、Tip Taps Tip)。大人が考える”若者の悩み”を歌わされてる感じがして。このジャンルまでHALCALIでやらなくても……なんて思ったのだけど、今確認してみたら「LOOK」の作詞者にHALCALIの名前が入ってるな(Kenji Kuboと)。。。あらま、これは予想外。

東京事変の「キラーチューン」、久しぶりにパーンと開いてる椎名林檎の歌声が素敵。

くるり主催の京都音楽博覧会、メンツがなんだかすごいことになってる。

音楽のことを書く時はタイトルをつけにくいので、昔やってたBGMだけ記す形式にしてみます。
[PR]

by marinji | 2007-09-03 23:43 | 音楽の日