<   2005年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

音楽の徒然

■ ラン ラン ランスがホームラン♪

前に上司がカラオケで歌っていた曲のPVが saku saku に登場。あらびっくり。どこかで聴いた曲が流れてきたと思ったら。キャプテンストライダムという3ピースバンドで、曲は「マウンテン・ア・ゴーゴー・ツー」。じわっとやな感じでいい感じ(どっちだ)。かなり気になるバンドです。しかしながら上司の歌で先に聞いてしまい、さらにその歌声が強烈な為、本物の方を聴いてもちょっと物足りなく感じてしまうのは困った(^^;A ちなみに上司が歌っていた"ランスがホームラン"なのは「マウンテン・ア・ゴーゴー」の方だけで、「ツー」の方は歌詞が違いました

■ 「今時、サンボマスターを知らなかったら合コンで相手にしてもらえないんですよ!」

飲み会にて、後輩(男)の発言。そうか?そうなのか?むしろ音楽の語りが長そう、と思われて敬遠されそうな気もしますが、どうなんでしょう。ていうかどんな合コンなんだ、それは。サンボマスターは気になりつつも今までちゃんと聴いてこなかったので、これを機に聴いてみようと思います。

■ liquid surprise acoustic  LIVE (4/13)

無戒秀徳アコエレ&曽我部恵一のライヴ、liquid roomのサイトで先行発売。抽選だと思い込んでてハズレ覚悟で申し込んでみたらそのままチケットが取れてた。先着順だったのか。……歌心ある二人。そして悪そうな二人。楽しみ!こういう男を好きにならないように気をつけたい。(なんだそりゃ)

■ ファーンタスーティポー♪

聴くたびに最後の「ポー♪」で笑ってしまいます。助けて。
[PR]

by marinji | 2005-02-28 23:22 | 音楽の日  

一十三十一(ヒトミトイ) 『360°』

saku saku(TVKの番組) および マジックスパイス(スープカレーの店)が好きな私にとっては気になる存在だったヒトミトイ。さらに比叡山延暦寺でライヴした(ライトアップイベントにて)と聞いてはその作品を聴かずにはおれん!というわけで、まずはインディーズ時代のアルバム『360°』。

不思議で、可愛くて、色っぽくて、時には凛々しくて、思わず、付き合いたい!と思ってしまいました。もっと不思議系かと思ってたけどそうじゃなくて意外とポップなところがいい。生音がビリビリくる感じもいい。Bjorkに通ずるものがあるかも。巫女っぽい瞬間もあり(1.いなずま)、比叡山ライヴも納得。これは生で聴いてみたいなー。

なんていうか、すごくおいしそうな、というかご飯をおいしく感じられそうな、音。この前食べた中華のブロッコリーみたいだと思った。下茹でせずにさっと炒めて水・酒・塩を振りいれて蓋をして30秒蒸す。それだけなのに、びっくりするほど鮮やかな緑になって、やわらかいけどちゃんとシャキシャキしてて。なんだろう、「瑞々しい」かな。でもただ生野菜をどんって出すほど野性的なわけじゃなくて、原型を留めないほど煮込んだスープでもなくて。その野菜が一番おいしい状態に調理して出してくれたような印象です。肉や魚やお酒とともに...。デリシャスな曲たち。
[PR]

by marinji | 2005-02-28 23:03 | 音楽の日  

くるり 「BIRTHDAY」

いい曲を、ありがとう。

クリストファ脱退後初の新曲は、前作の「ロックンロール」同様、春の訪れを予感させるポップソングになった。ただ、前作よりも少し落ち着いて、そして突然の出来事ではなく日々の積み重ねのような感触で、やるせない気持ちもなんとなくの寂しさも併せ持ったまま新しい日が始まる、そんな素敵な歌。

頭に浮かぶのは、朝ごはんの匂い。それと湯気。前日に何があっても、毎朝必ずの朝ごはん。味噌汁の出汁の匂い、やかんから立ち上る湯気、長ねぎを刻む音……ああ、もうちょっとだけ寝てようかなぁ。そんな幸せな時間。今は一人暮らしだからそんなひとときは無いけれど。でも、例えば、高野山のお寺に泊まった時の、朝の御勤めの後、静かな廊下に広がっていた出汁のいい匂い。映画『ジョゼと虎と魚たち』の、ジョゼが作る朝ごはんの、魚が焼けていく音。あ!ジョゼ虎の主題歌だった「ハイウェイ」の続きのようにも聴こえるかも。日々の生活の中での新たな始まりに出会う。それが1年であれば誕生日だし、1日なら朝ごはんなのかも。昨日までの悩みが消えているわけじゃないのだけど。その辺が、くるりらしくてやっぱり好きだ。

ここが好き。

♪ 少し背丈が 伸びた みたいだ

本当に背が伸びるのも良いし、シャキッとして背筋が伸びて、まるで背が伸びたみたいな気分……とも取れるし、子供の成長を見守っている親のつぶやきのようでもあって、なんだかとても気持ちが良いフレーズ。岸田さんの声もやわらかくて気持ち良いです。イノトモさんの声も少しやるせなくて良い。声フェチにはちょっとたまらない状態になっておりますよ、この曲。

カップリングは「真夏の雨」と、初回盤限定の「水中モーター」(ライヴ録音)。この「水中モーター」のギターの鳴りっぷりが無茶苦茶かっこいい。買う人も、借りる人も、是非「水中モーター」が入ってるのを探して下さい!ちなみに初回盤のブックレットは歌詞が間違っているそうで、こちらで正しい歌詞が確認できます。

... 3/1追記:ジャケット写真についてなど
[PR]

by marinji | 2005-02-28 22:52 | 音楽の日  

唐招提寺展 国宝 鑑真和上像と盧舎那仏

a0036755_22384048.jpgいいもの見た!いいもの見ましたよー。仏教とかお寺とか好きな人は是非見てきて下さい。金堂平成大修理記念 『唐招提寺展 国宝 鑑真和上像と盧舎那仏』、東京国立博物館(上野)で1月12日(水)~3月6日(日)です。

実はそんなに期待していなかったんです。たぶんガラスケースの中に仏像をずらずらっと横並びに並べてるだけだろうなーなんて思っていて……ところが、入ってみると、【金堂再現】というコンセプトで、広間に寺のように仏像達が配置されてる。すばらしい!すばらしいよコレは!いや、もう、ありがとう東京国立博物館。しかも金堂に行ったとしても外側からしか眺められないらしく、その中に入って見ることができるのは贅沢な体験。お寺の装飾が無いのもシンプルに仏像たちのパワーを感じられていい。酔いそうなぐらい。後姿をじっくり見ることができるのもいい。どれも後姿が綺麗なのよ。背中のラインとか、全身のすっと流れるようなバランスの良さとかね。それぞれの真後ろに立って、しばらくうっとりと眺めてきました。

彼ら一人ずつの違いなんかを見比べつつ、徐々に気分を盛り上げながら奥のラスボス・盧舎那仏坐像へ。でかいなぁーなんて当たり前のことを思いつつ、彼(盧舎那仏)の背中も綺麗なラインで「いいねぇ」なんて思いつつ、頭のパンチパーマ(螺髪)がちょっと欠けてて「彼も苦労してるんだよ。ハゲがあった」なんて相方の言葉に笑いつつ、ふと彼(盧舎那仏)の背後から全体を見渡して。全員(仏像)の姿(みんな後ろ向き)を目にして、「あ、これはチームだ。」と発見かつ確信。ボスが、「よし行け!」と部下を放ったように見える。じゃぁ今度は、と正面から全体を眺めてみたら、おお、これはサッカーのフォーメーションじゃないか!FWの位置には四天王より持国天と増長天で、それぞれ武器のようなものを手にしているから攻撃的な選手(?)といえるし、増長天はちょっと目立ちたがり屋な感じで大久保っぽいような気もしてきて、持国天の渋い一撃必殺っぽい佇まいは久保や高原のようだ。作られたのが奈良時代であるせいか、足の動きはまだ大人しい。さて、中盤には冷静で頭の良さそうな雰囲気の梵天と帝釈天。彼らは鎧の上に袈裟を着ているので少しソフトに見えて、司令塔っぽい。キラーパスをがんがん出してくれそう。その後ろ、DFにはまた四天王から広目天と多聞天。彼らはしっかり者っぽいのでDFにはぴったり。多聞天が攻撃参加しそうな佇まいなのも良い(多聞天は毘沙門天でもあるし)。左サイドを駆け上がって欲しい。広目天の顔の横幅の広さと眉毛の太さもDFキャラっぽくてたまらない。盧舎那仏は当然GK。彼がゴールを守っているなら安心だ。「え?じゃぁあれが川口?それはちょっと…」と相方。私的にもそれはちょっと。ここはやっぱりカーンでしょ。貫禄もあるし。

……何の話をしてるんだか分からなくなってきましたが、唐招提寺展です。次の【金堂 -平成の大修理-】は博物学的な展示で、修理の内容やその歴史、瓦の陳列など。これは「へぇー」って感じ。

最後の【御影堂再現】は、これもまた素敵な空間。東山魁夷による障壁画(ふすま絵)と屏風絵、そして鑑真和上坐像。絵はどれも素敵だったけど特に日本が描かれた「濤声」と「山雲」がすごく良い。「濤声」は海の絵なのだけど、波が本当に動いているようで、波に飲み込まれそうになってしばらく動けなり、酔いそうになる。

同時開催の親と子のギャラリー「仏像のひみつ」も面白かったですよ。仏像のことが分かりやすく解説されてました。行きか帰りに、ちょっと歩いてみつばちのハニー焼きもどうぞー。
 
[PR]

by marinji | 2005-02-27 22:22 | 美術展・博物展のはなし  

Arminia Bielefeld - Bayern München 3:1 (1:0)

ブンデスリーガ第21節。起きましたよ、番狂わせが!
2部からの昇格組、連敗中、12位のビーレフェルトがホームで向かえたのは、
連勝中、現在首位で泣く子も黙る(?)常勝・バイエルン。

バイエルンにしてみれば、楽勝できるはずの相手。
ここの試合で2位との差を大きくしたい。
しかしピッチ上には雪。その為ボールはカラーボール(オレンジ色)。空からも雪...。
そんな試合で、出ました、3:1。
ビーレフェルトの圧勝!
いやー、ビーレフェルト面白い。応援したくなっちゃうチームです。熱いのよ。

首位争いは勝ち点41でSchalke04と横並び。面白くなりそうです。
バイエルン、次は調子を取り戻し始めたドルトムントとの対戦。頑張れドル。
ロシの復帰はまだかな?

余談ですが、点を取られてガックリうなだれるカーンに男の色気を感じてしまったり。
兄貴、俗な目で見てごめんよ。他の試合結果、順位はこちらkicker誌のサイトをどうぞ。
[PR]

by marinji | 2005-02-15 02:07 | 蹴球[Football]の日  

仙台の ... omoide in my head

Scudelia Electro が解散 です。
このチームは解散とか無いと思っていたので、正直、驚きました。
例えばSEでアルバムを作らなくても、チームとして続いていくものと思っていたので。
『フラミンゴ』より後の作品はあまり聴いていなかったけど、解散はやっぱりショック。


木~土で仙台・蔵王に行ってきたのですが、
前に仙台に来たのっていつだったっけ?と考えて思い出したのは、
くるり vs ナンバーガール@Zepp仙台(2002.08.20)。
ちょうど、くるりからはもっくんが脱退した直後で、ナンバーガールは解散発表前でした。

その時に書いたレポを読み返してみたら、
「また見たいなー」なんて書いてある。二度目は無かったね。

その後、くるりにはクリストファが加入、初武道館、そして脱退。
ナンバーガールは解散し、向井&アヒトはZAZEN BOYSを結成、そしてアヒト脱退。

今年、くるりは2/23にシングル「BIRTHDAY」をリリース。
ZAZEN BOYS には新しいドラマーが加入し、アヒト君は新しいバンドを結成
そして、2/20に岸田繁vs無戒秀徳(恵比寿 LIQUIDROOM)が!!でも行けない私。

変わっていくものも、変わらないものも、あるよなぁ。当たり前のことかもしれないけど。
あっという間に過ぎたような気がする2002年8月からの日々に、思いを馳せました。


そういえばSUPERCARも解散だ。『HIGHVISION』の音は滅びの美学っぽかったけども。


ナンバーガール公式サイト『狂う目』が期間限定で復活中です。
[PR]

by marinji | 2005-02-14 01:23 | 音楽の日  

笠原さん、やっぱいい男

旅行中の金曜日夜、たまたま『特命係長・只野仁』を見ていたら、知っている顔が。
あ、あなたは、『演じ屋』および『駄目ナリ!』の笠原紳司!!!!!

おそらく今回のストーリーのみの登場で、役はホスト。
お店のトップさんで、分かりやすく悪い男。
主人公・只野仁(高橋克典)に自信満々で向かっていって、あっさりやられてました。

でも、でもさ、アンタの方がかっこいいよ、笠原さん。
......ていうかそれはただの好みの問題か。

主力会作品以外で笠原さんを見るのは初めてだな。
やられ役だったけど、ホストはなかなかハマってて(悪そうで)素敵でした。

笠原さんは涼しげな美形で、かつ悪そうな表情もよく似合う、
でも本当は優しい人かも…なんて思わせるいい男。今後の活躍に期待です。
[PR]

by marinji | 2005-02-13 23:01 | TVのはなし  

仙台:抹茶クリーム大福

木、金、土の間、友人たちと仙台・蔵王に行ってきました。
仙台銘菓といえば、萩の月、ままどおる、かもめの玉子、ずんだ餅…といろいろありますが
今回、旅仲間の後輩が会社でお土産に指定されたのがこれ。

お茶の井ヶ田の抹茶クリーム大福。

商品紹介のページによると、
“高級抹茶を使用した抹茶クリームを、甘さを控えたこし餡と、柔らかなお餅で包み込んだ逸品。”

見るからにおいしそうだったので全員1個ずつ買って食べてみると、
これがまた……うまい!
餅+餡+生クリームというだけで最高ですがさらに抹茶味なのがたまらないです!
餅は薄くて柔らかく、餡とクリームはたっぷりで、でも甘過ぎなくて上品な味わい。
小ぶりでさっぱりした味なので何個でも食べられちゃいそう。
思わず後輩がお土産用に買った分(23個)も食べちゃいそうになりました。

仙台へ行った際には是非食べてみて下さい。仙台駅改札外の土産物コーナーにありました。
ちなみに北戸田でも食べられるみたい
[PR]

by marinji | 2005-02-13 20:48 | 旅のはなし  

勝った!勝った!よかった!

a0036755_0391592.jpgというわけで試合中に上司の家で食べてたキムチ鍋。

今日は5時過ぎには仕事を放り出し、仕事仲間たちと上司の家へ。最寄駅で降りた後、スーパーで鍋の材料を、酒屋で酒を購入。7時前には皆でこたつに入っていたのでした。

試合中はずっとお祭り騒ぎ。前半4分でのいきなりの日本ゴール、同僚の鞄から出てきたのはでっかいクラッカー。ドーン!!!その後ゴム風船(阪神ファンが7回に投げるやつ)も登場。ことあるごとに ドーン!ぴゅー!ドーン!ぴゅー!

でも後半16分、同点に追いつかれた後はしばらく日本劣勢。もう1点取られそうな雰囲気!その頃、キムチ鍋はいよいよ佳境に。後輩がラーメンを投入して、これがなんともいえないやばい味!麺つゆを足したら今度はしょっぱすぎ。さらに水を足して煮込むことしばし。やっと食べられる味になった頃、日本はメンバー交替、そして日本が攻め込むシーンも増えてきた。でも、このまま終わりか?と思ったところで日本・大黒のシュート炸裂! 勝ってよかった。よかったよホント。いい気分でデザートの抹茶アイスと雪見大福を食べたのでした。

試合の内容はこちら[スポーツナビ試合速報]をどうぞ。
北朝鮮の得点はダイレクトパスでポンポンとつないで美しかったなー。うらやましい。

あ、お酒は結局普通にビールと氷結果汁でした。マッコリ飲みたかったけど酒屋じゃ売ってないね。
(*この記事は、携帯から写真を投稿して、文章をPCから追加しました。)
[PR]

by marinji | 2005-02-10 00:39 | 蹴球[Football]の日  

明日は決戦

ついに、明日ですよ。いよいよですよ。血湧き肉踊るっすよ!
2006FIFAワールドカップサッカーアジア地区最終予選「日本×北朝鮮」 。
いやいやいやいやー。ついに来ましたね、この日が!どうなるのか?ていうか勝って!

明日は仕事の後、上司の家に集まってテレビ観戦!
敵に敬意を表して鍋にはキムチをいっぱい入れたい。酒はJINROかマッコリで。
[PR]

by marinji | 2005-02-08 23:21 | 蹴球[Football]の日