カテゴリ:芝居の日( 33 )

 

マクベス (演出:長塚圭史)

a0036755_22112125.jpg

マクベス Macbeth (2013/12/8-12/29、Bunkamura シアターコクーン)

長塚マクベス。少し前に観てきました。席は中二階の舞台横で、けっこう近くて全体も見渡せる良い席でした。六角形でぐるりと席に囲まれた舞台に四方八方から登場する役者たち。観てるというより参加してるというか体験してるような気になった演出が面白かった。

堤真一、立ち姿が美しい!でかい!そして風間杜夫の存在感のすごさ。風間さんはやっぱり声が良いよねって思いながら見ていたのだけど(モルダー!)、声を発しない間もずっと気になって目で追ってしまった。それと、池谷のぶえ最高。小松和重さんもペラペラペラペラーって喋るところ良かったな。

欲を言えば前半にもっと笑いが欲しかったけど。笑いというか…うーん。なんだろう。ドラマチックな展開のはずなのにどこか淡々としてるというか地味というか、全体がピタッとはまってないような違和感があるというか。そういう狙いなのかもしれないけど。

それにしてもシェイクスピアは台詞が長い。途中でうっかりイライラして「結論から言え!」って本気で思ってしまった。これ、今更ながら書かれた当時はどう思われてたんだろうなあ。狂言回し的な二人も含めて、シェイクスピア芝居を体験するっていうのはこういうことなのかも、という気がしました。

孤独になっていくマクベス、良かったです。最後無茶苦茶強いし。マクベス夫人は、もっと底知れない感じを声で出せる人の方がハマるように思った。ただ、後半の壊れて行ってしまうところは納得できたかな。実は普通の女だったんだなと。


≪作≫W.シェイクスピア、≪翻訳≫松岡和子、≪演出≫長塚圭史
≪出演≫堤真一、常盤貴子、白井晃、小松和重、江口のりこ、横田栄司、市川しんぺー、池谷のぶえ、平田敦子、玉置孝匡、福田転球、斉藤直樹、六本木康弘、縄田雄哉、松浦俊秀、井上象策、伊藤総、菊地雄人、山下禎啓、中嶋しゅう、三田和代、風間杜夫
 
[PR]

by marinji | 2013-12-28 22:26 | 芝居の日  

NODA MAP 「MIWA」

a0036755_12312187.jpg

NODA MAP 第18回公演 「MIWA」 (東京公演・東京芸術劇場、2013/10/4-11/24)

10月に観ました。話は野田秀樹が妄想する三輪明宏の人生を宮沢りえが演じるというもので、荒唐無稽なのに妙に納得できて、三輪さんの秘密を知ってしまったような気持ちになった。古田新太の役がよかった!

わざとらしくも見える笑いの取り方や大人数の人の動かし方なんかは、夢の遊眠社や、その後の自分が大学生の頃によく見ていた芝居を思い出した。芝居らしい芝居というか。やっぱり芝居っていいなあと改めて思う脚本・演出でした。


a0036755_1235537.jpg

ロビーにあった舞台セットの模型。やっぱり具体的なセットよりこういう空間で好きに演じるほうが好きだな。想像力で観る方が好き。


≪作・演出≫野田秀樹
≪出演≫宮沢りえ、瑛太、井上真央、小出恵介、浦井健治、青木さやか、池田成志、野田秀樹、古田新太
  
[PR]

by marinji | 2013-12-08 12:36 | 芝居の日  

「冒した者」 @神奈川芸術劇場

a0036755_1038079.jpg

長塚圭史演出・出演ということで見に行った「冒した者」。

松田龍平の、そこにいる感じがすごくよかった。なんと言えばいいか……須永(役名)がたしかにそこにいる、その感じ。髪型や体格、背、肩幅、手のひらの大きさ、着ている服、そんな目にうつるものすべてが須永としてそこに存在していて、憑依型の演技というのともまた違う、ただ須永がいる、そのことにずっとハラハラした。声がまた!またねえ、いいんだよねえ。うっとりと聞き惚れる。本人にその自覚があろうとなかろうと、須永に惹かれるものがあることがよく分かる。柳子や、モモちゃんや、彼女が。そして確かにそこにいるのにそこにいない感じ。須永なんだなあ、あれは。

久しぶりにそこまで大きくないホールで、近くて濃くて面白かった。戦後のことで、具体的なセットがない舞台ってことで「あかいくらやみ」と印象が少し被ったけど。とにかく松田龍平を、というか須永を追ってしまった。あの家の住人たちと同じ状態だったってことだね。

横浜に見に行ったけど、チラシ見たら東京公演もあったことに気がついた。。。まあいいか。

>>> 葛河思潮社第三回公演 冒した者
[PR]

by marinji | 2013-09-15 10:43 | 芝居の日  

あかいくらやみ ~天狗党幻譚~

a0036755_0451655.jpg

シアターコクーン・オンレパートリー2013+阿佐ヶ谷スパイダース 「あかいくらやみ ~天狗党幻譚~」。先月後半。芝居、かなり久しぶりに見ました。そして、すいぶん変わった気がする、長塚圭史。NODA MAP 「キル」の好きなところと似てて、好き。あと、今まではインパクトはあるんだけどなんとなくスカスカに感じる時があったんだけど、今回はずっと濃かった。すごく面白かった。訳分からんかったけど。

小栗旬は一声で小栗旬と分かる話し方だったけど、役に合ってた。白石加代子はすごいなー。長塚さんの役は、ああ、長塚さんだねっていう安心の役どころ。

舞台での、暗い部分、闇が、すごく綺麗な舞台だった。照明が良いのかな。シンプルだけど技術的にいろいろやってるセットには感動。やっぱり舞台のセットは具体的な風景を作りこまない方が好きだな。

>>> 公演概要&チケット情報 あかいくらやみ ~天狗党幻譚~ Bunkamura
>>> 阿佐ヶ谷スパイダース-公式サイト
[PR]

by marinji | 2013-06-22 01:01 | 芝居の日  

七月大歌舞伎・夜の部

a0036755_0233082.jpg


昨日、母と歌舞伎を観てきました。

歌舞伎はまだ小学生ぐらいの頃に母に連れられて見たもののさっぱり理解できず「つまらない」と思って以来。三十路にして新感線での染五郎の殺陣に惚れ惚れし、野田秀樹演出の歌舞伎に大興奮して(残念ながらDVD観劇ですが)、歌舞伎やばい!!と思ったたわけです。単純な性格なもので。細マッチョ♪な中村獅童も気になるし。



そんなわけで銀座の歌舞伎座へ。
今回、席は花道の近く。

これが非常に非常に非常に楽しかった!!


演目は、一本目『夏祭浪花鑑』。江戸の役者が浪花男を演じます。役者は海老蔵や獅童や勘太郎と若手中心の華やかな顔ぶれ。喧嘩の場面も華やかで見得も多く花道を使うことも多く、なんとも賑やか。夏祭りの提灯が舞台を通ったり、祭囃子が鳴りわたり、衣装も夏の爽やかな柄・生地、本物の泥や水を使ったりと夏らしい演目。

主役は海老蔵だったんですが、スタイルが良くて華がありますね。花道を通ってくれるとうっとりします。ただ、声の魅力は今ひとつ(好みの問題かも)。声は獅童の方が素敵。


それから、脇をかためる中年役や嫁・恋人役もそれぞれに個性的でかっこよくて美しくて魅力的。


分からない部分もあるけど、イヤホンガイドが丁寧に語ってくれるので無問題。また観に行きたいです。


休憩をはさんでの二本目は『天守物語』、泉鏡花作。これは玉三郎が美しくて美しくて。ただ、途中から照明が暗く静かな場面が続いて……はい、寝てしまいました。無念。
[PR]

by marinji | 2009-07-16 00:23 | 芝居の日  

欣也様、かっこよすぎ!

ソフトバンクCMの犬の声だけでなく
昨年末には毘沙門天役まで演じてしまい
「役が人間じゃなくなってきてるんだけど」と
友人との間で話題沸騰だった北大路欣也を観てきましたよ!

といっても欣也目当てだったわけではなく
劇団☆新感線だからってことで『五右衛門ロック』を観に行ったわけで、
キャストについての下調べをすっかり忘れて行ってしまった私は
新感線の古田新太・橋本じゅん・粟根まことさんあたりはすぐ分かったものの
ゲスト達についてはなかなか分からず。
席は後ろの方だったので顔までははっきり見えなくて、
そういえば江口洋介?ヒロインは松雪泰子だったかな~、
こっちの声は浜田マリっぽいな~とおぼろげな記憶を辿りつつ、
「それにしてもこのオヤジ役、かっこいいな」と思って観ていたのが
北大路欣也だったのでした。

役としては非常に分かりやすい悪役で、
若者がいきがっただけのワルとは違う、貫禄たっぷりの大人の男。
立ち姿はスッと綺麗で力強く、殺陣もさらり・ひらりとして達人の空気感。
そして何より声が素敵。
惚れ惚れ!


舞台全体としてはスピード感があって
休憩挟んで3時間超の長さもまったく感じず最後まで面白かった。
ただ、登場人物・・・というかメインキャラが多くて、
さらに殺陣のシーンが多いので、一人一人が描かれる時間が短かったのは残念。
お祭騒ぎ的にワーッと楽しむにはぴったりなのだけど
魅力的なキャラクターが多かった分、ちょっともったいない気も。
粟根さんもボケ無しだし。かっこいい役だったけど。

主人公のはずの石川五右衛門(古田新太)も案外出てなかったなぁ。
まるでシリーズものの主人公のようで・・・「男はつらいよ」の寅さんとか「刑事コロンボ」とか。
毎回出てくるから1回1回は出ずっぱりじゃない、という感じの登場の仕方。
それで "今回のゲスト俳優" が北大路欣也と森山未来(息子役)、という感じ。
とはいえ実際にはシリーズものじゃないので、ちょい、物足りないのです。


それはさておき、舞台の使い方の面白さ、歌の面白さ、
役者・役一人一人に魅力があって、殺陣の迫力や美しさにもグッと来るものの
やっぱりこれは北大路欣也だな、と。そう思った作品でした。


SINKANSEN☆RX 『五右衛門ロック』
東京公演:2008年7月8日~28日、新宿コマ劇場

五右衛門ロック オフィシャルサイト (音が出ます)
美術担当、堀尾幸男さんの対談 [ほぼ日刊イトイ新聞]


コマ劇の空間は本当に素敵でした。
どの席でも見やすいし、一体感があるし。閉館なんて残念。
[PR]

by marinji | 2008-07-24 23:49 | 芝居の日  

阿佐ヶ谷スパイダースPRESENTS 『失われた時間を求めて』 観劇1回目

すいすい帰ろう水曜日、会社帰りに芝居を観てきました。
7時半スタートというのが嬉しい。
この1ヶ月くらい仕事は目が回りそうだけどなんとか開演に間に合いました。

4人だけの芝居。
舞台にはベンチと街灯と金網のゴミ箱だけ。
客側以外の三方向(右・左・奥)はコンクリートの壁のような状態で、
それぞれの面に一つずつ扉。

シンプルな舞台に、4人の登場人物が
一人現れ、また一人現れ、二人が出会って話が展開して、また一人消え二人消え、
そして別の一人が現れ・・・・・・ほぼ出ずっぱりなのが意外にも
しばらくの間、出演者名に ”あともうひとり” と書かれていた奥菜恵。
奥菜恵演じる<女>が男三人を振り回しながら舞台は回る。
振り回すというのは恋愛的な意味ではなくて文字通り。
伊達さん演じるいかにも中流階級風な<男3>だけはどちらかというと振り回す側。

阿佐ヶ谷スパイダースの、というか長塚圭史の
ドロドロした展開やずしっと重くのしかかる余韻は今回は弱くて、
そういえば登場人物同士の因縁も無い、
いったいこの空間は何なのか、どこなのか、
<女>の挙動不審さ必死さは何なのか、と少し謎解きっぽい感じがあり、新鮮。
答えは明確には語られないけれど、爽やかな余韻が残ってこういう阿佐スパもいいなと思った。

今回は席が3列目!で、久々に汗まで見えるような近さで嬉しい。
男性陣三人はそれぞれ皆今までより少し年が上に見える風貌。
髪型とか、服装とかだと思うのだけど・・・。
それも新鮮。

中山さん<男1>は始めから狂っている役で
なんというか妙にリアルなやばさで見てみてむず痒くなるくらいだけど
それも徐々になんとなく理由が分かってくると
純粋な部分、真面目な部分が見えてきて面白い。
”隠れた狂気”なのではなくて”隠れた正気”がキラリと光る。

長塚さん<男2>はたぶん役としては一番普通の人。
友達とか職場にいてもおかしくないタイプ。
そう演じるということはむしろ難しいような気もするのだけど、抜群。
それにしても父親に似てきましたね、顔。

伊達さん<男3>は中流階級なちょっとすましたエリートっぽい雰囲気で
<女>が現れてもまったく気にせずに本を読み続けていたりする。
<男3>の登場から、舞台上の謎が転がりだすというか、流れが変わる。
それでも傍観者的なのは、少しだけ神様っぽいかもしれない。
その傍観者っぽさが冷たくはならないけれど近づき過ぎることもないのは
伊達さんの持ち味だと思う。
演じているというよりもそういう人のように見える空気感は、じわじわと、来る。
声の良さも含めて、一番気になる人。

奥菜恵<女>は、とにかくまず外見に華があって、
背は小さいのだけど目が大きくて印象的、そして顔が本当に綺麗、表情もいい、
だからこそ強引に<男1>を振り回しても理不尽な感じはしない(いや、したかも)。
演技は、表情や立ち方がとても魅力的。
ただ長い台詞は、ちょっと一本調子かな。

全体的に、まだ少し、たまに間延びするような感じもあったので
それがどう変わっていくか、次に観に行く時が楽しみです。
[PR]

by marinji | 2008-05-15 00:13 | 芝居の日  

5月は『失われた時間を求めて』

阿佐ヶ谷スパイダースの少人数公演。出演者は4人。
なんとか2回分チケットを取ることができました。楽しみ。
たっぷりガッツリ阿佐スパの3人が見れる!
奥菜恵も『胎内』が良かったので楽しみ。


阿佐ヶ谷スパイダースPRESENTS
失われた時間を求めて
作・演出:長塚圭史
出演:中山祐一朗 伊達 暁 長塚圭史 奥菜 恵
公演日程:2008年5月8日(木)~27日(火)
会場:ベニサン・ピット
[PR]

by marinji | 2008-05-03 09:50 | 芝居の日  

「十字架」をもう一度観たい

ドラマSPの紅一点・・・岡田くん好きの友人が「あの女の人かっこいい」と言っていて気になっていたのですが、最終回間近になってやっと見ました。彼から「サマータイムマシーンブルースの真木よう子だよ」と言われてびっくり。印象が全然違う!髪型より、目の印象かな。メイクや表情にもよるのかも。

ところでサマータイムマシーンブルースの前にも阿佐ヶ谷スパイダースで見てるはず…と確認してみたところ「十字架」でした。ここでの真木よう子は現状にイライラしっぱなしのピチピチの女子高生役。若いってこういうことと言わんばかりの勢いの良さが素敵だった。母親役が千葉雅子さんというのがまた不思議にしっくりで。

久しぶりに「十字架」のパンフレットを見てみたら、意外に出演者たちの顔があまり変わっていなくてびっくり。もっと「うわー、若いなー」って感じると思ってたけどそうでもない。この前の「キル」に出ていた村岡希美さんも出てたんだよなー。あ、村上航さんだ。あれ、加藤啓さんまで。あれーあれー、どんな役だった?ダメだ、ぼやっとしか思い出せない。この時の「十字架」(2002年)、もう一度観たい。録画されたものはないのかしら。きっとシアターテレビジョンとかなら観れるのかも・・・でもうちじゃ無理だし。ビデオテープでもDVDでも戯曲だけでもなんでもいいから販売してくれないものかしら。そして、また新たなメンバーで再演して欲しい。「十字架」、面白かったけどもっと面白くなるんじゃないか?と感じた・・・覚えがあるのよね。うろ覚えだけどね。そんなわけで今の長塚さんがどう演出するか、観てみたいわけで。いつか、再演してほしい。

阿佐ヶ谷スパイダースの次回作は出演者が「中山祐一朗 伊達 暁 長塚圭史 あともうひとり」とのことで、これはかなり楽しみ。大勢の芝居もいいけど少人数でもう、これでもかっ!ってぐらい、あー、もう観たくない!ってぐらい出ずっぱりのも観たい。

あ、そういえば。SPには伊達さんも出ていて、びっくりしました。私が見つけたのは最終回の最後ちょこっと。堤真一にひそひそと話しかけた人です。

蛇足ですが。「十字架」のパンフレットで各役者へのインタービューとして「修道院入り(出家)することになったとして・・・。一つだけ『俗世』を持ち込んでいい、と言われたら何を選びますか?」という質問がありまして。中山祐一朗さんが「ビア」と答えていますが、いやもう、持ち込むなんていわず、修道院でビールを造らせてほしいです!ベルギーかドイツの修道院で!
[PR]

by marinji | 2008-02-13 00:09 | 芝居の日  

『キル』について、もうちょっと

今回のキルは、阿佐ヶ谷スパイダースの中山祐一朗さんが出ていて、それもすごく楽しみでした。野田さん演出での中山さん。旅人ポロロンの役だったんですが、うーん、もっと長く観たかった!旅人グループのパートは、後半けっこう削られてると思うんですよ。戯曲を確認したわけじゃないので過去のおぼろげな記憶なんですが・・・"先生"がロウになって消えた後、残った旅人三人が決意するシーンがあったような・・・で、それが今回は無く、旅人部分はあっさり終わってしまったので、ポロロンも面白おかしい人で終わってしまった印象。狂気をはらんでいない感じがむしろ中山さんの演技としては新鮮でしたが、うー、でももっと観たかったなー。兵士役として最後まで出続けるのですが、そこはあまりキャラクター付けが無いので。。。

もう少し年を取ったら、中山さんの結髪を観てみたい。とにかくまっすぐなテムジン(主人公)に対して、おいしいところを持っていきつつ実はテムジンを裏切っていたりもする(恋愛面で)、そんな結髪は毎回芸達者な役者さんで面白い。渡辺いっけいさんのテムジンは妙におかま言葉が板についていてでもこずるい男っぽさもあって、古田新さんの結髪は美女と野獣なかっこ悪さとかっこ良さ、今回の勝村政信さんの結髪はたよれる兄貴だけどお調子者...シルク(ヒロイン)とこっそりうまくいってしまう弱さも妙に納得できる。この役、段田安則さんでも見てみたいなー。というか野田さんと段田さんという組み合わせをまた見たいというのもあるのですが。

そうそう、中山さんといえば。阿佐ヶ谷スパイダースのみならず長塚圭史の演出作品にはほとんど出ていたのですが、そういえばこの前の『ビューティー・クイーン・オブ・リナーン』には出ていなくて。黒田祐樹(体調不良で降板)の代役は中山さんでも面白かったんじゃないかなと考えたのだけど、同じ時期に別の芝居に出てたんだっけ。(代役は長塚さんでした)

ヒロインのシルクは、どうしても初回の羽野晶紀がよかったなーと思ってしまう。他の役は、上記の結髪のようにその都度楽しめるのだけど。もう一度羽野晶紀で観てみたい。
[PR]

by marinji | 2008-01-18 00:04 | 芝居の日