カテゴリ:音楽の日( 230 )

 

今日の「夢をあきらめないで」

◆ 岡村孝子 「夢をあきらめないで」

最近CMでこれのサビをカバーしてるのをよく聞いたので、一言言っておきたい。あのね、この曲は、人生の応援歌じゃないから!失恋の歌だから!あなたの夢のために私はあきらめて身を引くっていう、だからあなたはこの先その夢をあきらめてその辺の誰かと結ばれるなんて許さないからっていう、そのための"あきらめないで"ですから!!いわば呪いですから!それがこの歌の面白さ、魅力なんです。
  
[PR]

by marinji | 2015-11-23 16:52 | 音楽の日  

一昨日の「透明少女」

◆ ナンバーガール 「透明少女」

♪気付いたら 俺は なんとなく 夏だった

というわけで、今年ももうそんな季節が来たな、と思って久しぶりに聞きました。そういえばこれ何年だっけ、と確認したらなんと1999年5月26日発売。もう16年経つわけですか。びっくりだ。歳取ったな(自分)。

歳と言っても実際の年齢の話というわけではなく…たとえばテレビで最近のバンドの曲を聞いたりすると、それはそれで悪くないというかむしろ好きかもしれないと思うのだけど、なかなか実際に手を伸ばしてみようと思うところまで行くことがなくて、そういうところも歳を取ったなと思います。少し前の『しくじり先生』に元・大事MANブラザーズバンドの立川俊之さんが出て、その時に語られた内容が、聞き手としてもすごくよく分かる、実感があるものでした。「(今は)歌で伝えたいことがない」、名言。だからこそ、今の自分にぴたっとくる歌詞が出てくると「おおー!」と感動するけど。ただ、なんというか、もう、歌詞で感動しなくてもいいかな、という風な気持ちの方が多めかもしれない。少なくとも今は。純粋に"音"を"楽"しむ、でいいかなーという。ああ、そういえば、それで久しぶりにアヒト・イナザワのドラムが聞きたくなってナンバーガールを聞いたんだった。
 
[PR]

by marinji | 2015-05-06 00:16 | 音楽の日  

今日の「&Z」

◆ SawanoHiroyuki[nZk]:mizuki 「&Z」

いよいよ終わりが近づいているアルドノア・ゼロですが。二期オープニングのこの曲を聞いていると、何か救いはあるのかなと思うんですけど、というかあって欲しいんですけど、うーん、どうなるか。

アルドノアでの澤野さんによるヴォーカル入り作品は一期エンディングや挿入歌も好きですが、「&Z」もまた良いです。私は高い声を裏返さずにキープして歌っているのが好きなんで、mizukiさんの声・歌い方はかなり好み。歌詞は相変わらず(?)よく分からないけど、響きがよくてこれはもうノエル・ギャラガーかと。


声といえば…アルドノア・ゼロは、久しぶりに声フェチの蓋が開いた作品でした。界塚伊奈帆(花江夏樹)。戦闘シーンでの通信、伊奈帆の姿はまだ登場してない状態で声だけすっと入ってきた時はもう!!あれだよ、鞠戸大尉の時だよ!脚本の人、よく分かってらっしゃる!むしろあざとい!でもありがとうございました。
[PR]

by marinji | 2015-03-27 23:47 | 音楽の日  

UnChild (Zepp Tokyo)

機動戦士ガンダムUC episode 7 公開記念スペシャルライブ "UnChild"
SawanoHiroyuki [nZk] : Aimer

ガンダム続きですが。澤野さんのライヴを見てみたかったのと、Aimer(エメ)さんの歌を生で聞いてみたかったので行ってきました。Aimerさん、勝手ながら(失礼ながら)あの独特な歌い方からライヴでは残念な感じになるんじゃないかと想像してたんですが、どっこい、すごい声量で圧倒されました。特にいきなりばーんと声が出るところとかすごいな。高音も全部綺麗に出てたし。

澤野さんはMCが・・・いい人そうっていうか。普通の人っぽくて、うん、よかった。もっと神経質そうな、線の細そうな人かと勝手に想像してたんだけど。音は、ずしっと腹に響く感じで、かっこよかったなぁ。バイオリンが入ってるのも面白い。(曲を考えれば当然ではあるけど)

曲は、覚えてる限りで (順番はかなり怪しいです)


StarRingChild (曲の頭部分の独立版+この曲)
A LETTER
Destiny (Mobile Suit のヴォーカル版)
But still (Sternengesang の英語版)
UnChild用新曲
DESERT (歌無し)
MINEVA (歌無し)
UnChild用新曲
UnChild用新曲
REMIND YOU
EGO
UnChild用新曲
RE:I AM (英語版)

-- アンコール --
BEGINNING (サビ)
流星のナミダ
Beyond The Time ~メビウスの宇宙を越えて~
StarRingChild (英語版)
RE:I AM


アンコール後の3曲はカバー曲。なんといっても「Beyond The Time」でしょう!これはもう・・・びっくり&感激です。かっこよかったなー。「RE:I AM」(日本語版)も、これが聞けずに終わるのだけが残念だと思っていたところ最後の最後にやってくれて、もう、何も言うことはございません。行ってよかった。あ、でも「Sternengesang」は元のドイツ語版の方が響きが好き。なのでドイツ語版で聞いてみたかった。

客入れ・客出し時の曲もガンダムUCのサントラで、ずっとUCの雰囲気が続いててよかったです。特に開始前の最後は「GUNDAM」で、「Sternengesang」のメロディに入る直前で切れたので「Sternengesang」から始まるんだな!って大興奮したんですけど。そうじゃなく「StarRingChild」で始まるという。読みが外れました!

ライヴの始まりにはUCの映像も使っていました。映像を写す幕が取り払われた後にも、セリフが入る瞬間があり。思ってたよりUCにしっかり寄せていて、音楽は音楽で別ですっていう感じじゃないのが嬉しかったです。

Zepp Tokyo でお台場ってことでガンダム見てから帰りました。
 
[PR]

by marinji | 2014-06-02 00:53 | 音楽の日  

今日の「ETERNAL WIND ~ほほえみは光る風の中~」

◆ 森口博子 「ETERNAL WIND ~ほほえみは光る風の中~」

心のベストテン第一位。(今カラオケで歌いたい曲部門)
しょこたんがカバーしたのも好き。

第二位は TM NETWORK 「Beyond The Time ~メビウスの宇宙を越えて~」。

要するにガンダム。UCがいよいよep7公開なので!
CHiAKi KURiYAMA さんの「流星のナミダ」にもハマってる。音の取り方が好きだ。それにしても女優の時の"栗山千明"と、この歌声が自分の中でうまく結びつかないんだよなー。
 
[PR]

by marinji | 2014-05-16 00:38 | 音楽の日  

今日の「Don't Stop Me Now」

◆ Queen 「Don't Stop Me Now」

ソチ・オリンピックのフィギュアスケートEX、町田樹選手の「Don't Stop Me Now」は何度見てもいいですね。じわじわ来る。大人しくて真面目そうな青年がロックスターを夢見てワンマンショー状態で踊りまくって、でも最後はまたメガネをかけて真面目な青年に戻る…というストーリー。ロックスター部分が妄想とも思春期の自宅の部屋での一人暴走にも見えて、なんていうか…ハマりすぎです。で、途中にエアギターがあるのだけど、その度に「そっちかー!なりたいのは(フレディじゃなくて)ブライアンなのかー!」と思ってしまう私です。フレディっぽい全身タイツ的な衣装も見てみたい気もしますけどね。気がするだけですかね。

それにしても、私はこれからずっとこれを聞くたびに ♪Don't stop me, Don't stop me, Don't stop me! のとこで思い出し笑いしちゃうんだろうなあ。罪作りなプロだわ。


ソチのフィギュアスケートは、男子・女子のシングルを中心に見ました。男子はSPの録画に失敗するという大惨事があり、残念ながらSPを見れず。FSは通しで全部見ました(リアルタイムではデニス・テン選手から)。女子は両方録れてFSを始めから見てるところ(リアルタイムでは最終グループから)。どちらも最後は三位が誰になるかに手に汗握りました。デニス・テン選手、カロリーナ・コストナー選手、どちらも大好きなんです。他の選手にミスしてほしいとは思わないのだけど、でもこの二人が三位に残ってほしくて。いやー、本当に嬉しい。おめでとうございます。ペアとアイスダンスは、時間が無くてつまみ食い。できれば全部見たいんだけど。

オリンピックは第一滑走の選手から全員放送してくれるのが嬉しい。10人20人と続けて見ると、にわかなりに分かってくることがある。スノボ、ハーフパイプの平野選手のエアの高さとか、ニュースで本人のだけ見るとよく分からない。もちろん私はあんなに飛べないってぐらい高いのは分かるけど、世界のトップの中でどれぐらい高いのかはピンと来ない。けど、何人か他の選手を見ているうちに、「うわっ!高い!」と実感できるようになってくる。フィギュアも、今回、男子シングルを見てて高橋大輔選手のうまさに驚きました。すべてが滑らかで、どの動きにも力みが感じられない。本人は力を入れる瞬間があるんだろうけど、見ていてそれを感じない。当たり前のことのように、そうなることになっているように動いていく。それは最終グループの中でもただ一人だったと思う。とにかく素敵だった。コストナー選手の「ボレロ」も。「ボレロ」は・・・元々は昨季のプログラムで、大好きだったから、まさかオリンピックでノーミスの演技を見ることができるなんて。もう。なんて幸せな一時。

>>> XXII Olympic Winter Games 2014 (スコア)
[PR]

by marinji | 2014-03-02 14:59 | 音楽の日  

今日の「MOBILE ARMOR」

◆ 澤野弘之 「MOBILE ARMOR」(Mobile Suit Gundam UC)

ソチオリンピックで男子フィギュアを見ていたら女子の演技が見たくなって、2012年の世界選手権を見てみた。したらば。インタビュー等々の映像の背後に聞き覚えのある曲が流れていて…UCじゃないの!えー!まったく気づいてなかった。とりあえず2曲、「0001」でSP後のインタビュー(おだやか)、続けて「MOBILE ARMOR」でライバル選手たちの脅威~日本人選手の決意!という流れ。「DESTROYSELF-SACRIFICE」の頭一音とか、「DAGUZA」の頭のピアノとかも組み合わせてたような気がするんだけど、今DVDレコーダーが絶不調で音が途切れ途切れなので確認しきれず。

それと、フジテレビ『フィギュアスケート2010-2011』の”ボレロ〜Passion on Ice”編曲も澤野さんだそうですね。このボレロは覚えてる。歌入りだからあまり好きじゃなくて覚えてる。わーごめんなさい。ボレロは歌無しの方が好きなので。いやボレロはさておき、実際、ニュースの合間のちょっとした取材映像なんかでUCの曲がよく使われてるのは最近気づいていたのだけど、数年前のフィギュアの大会映像でも流れていたとは。気づいてなかったのが悔しいような、今回気づけて嬉しいような。

あー。話変わるけど、そうか、この時はまだ高橋成美のペアの相手はマーヴィン・トランだったんだ。ちょっと切ない。けど、二人とももうしっかり次を向いてるからね。
 
[PR]

by marinji | 2014-02-25 23:11 | 音楽の日  

今日の「Not Gonna Get Us」

◆ t.A.Tu. 「Not Gonna Get Us」

ソチオリンピック開幕式を今見てるんですけど(録画で)、ロシアの選手団入場の時の曲がこれのロシア語バージョンでびっくりしました。リミックス版。ロシア語も同じ意味の歌詞なのかどうかは知らないですけど、「誰も私たちを捕まえられない」、いいんじゃないでしょうか。優勝するよ!っていう意思表示と思われ。それにしても、ここぞっていうところで使ったのが t.A.Tu. の曲だったということにびっくりです。いやほんとに。ロシア内でそれほどの存在だっていうことよね。
 
[PR]

by marinji | 2014-02-11 14:59 | 音楽の日  

今日の「Jubilee」

◆ くるり 「Jubilee」

♪ 歓びとは 誰かが去るかなしみを
♪ 胸に抱きながらあふれた 一粒の雫なんだろう


この曲が収録されてる『ワルツを踊れ』はすごく好きでしばらくこればかり聞いていたのだけど、ここしばらくは聞いてなくて、ふと思い出して聞いてみたらメロディとかテンポとか音とか声とか声とか声とか歌詞とかもう好きすぎて大変。別れがある時に聞いちゃダメだわ!泣いてしまう。
 
[PR]

by marinji | 2014-01-31 20:54 | 音楽の日  

今日の「ベー・アンベシャス」

◆ 兵衛'z 「ベー・アンベシャス」

大河ドラマ(軍師官兵衛)が始まりますんで・・・これで予習を。

そういえば美術展を見始めてから、つい役者の背後の襖絵や屏風や掛け軸をを見てしまいます。そのおかげで本筋が全然頭に入らんという。。。安土桃山の美術、楽しみだわ。

>>> 兵衛’z (TVK、戦国鍋TV)
サングラスでギターで短パンなのが黒田官兵衛。(そういえばうしろシティ有名になりましたね)
  
[PR]

by marinji | 2014-01-05 16:48 | 音楽の日