カテゴリ:TVのはなし( 16 )

 

世界の料理ショー、再放送中!

今週は旅のはなしの投稿、休みます!

代わりということではないのですが、懐かしの、あの番組が今再放送されていることをお知らせ!もうみんな知ってるかもしれないけど!


グラハム・カーの「世界の料理ショー」です。


懐かしい。いつ以来だ?子供の頃に番組名も知らず、親が見ていたのを一緒に見ていた程度だと思うのだけど。でも最後のレシピをおさらいするところで背後に流れてる音楽、はっきり覚えてた!はー、もう、懐かしい!よく再放送することになったねぇ。ありがとう、テレ東。

グラハム・カーという男性が、主にYシャツ・ネクタイ姿でたまにワイン飲みながらトークしながら観客もいじりながらおいしそうな料理を作っていくという番組です。観客がいて笑い声も入って・・・という料理番組は今見ても新鮮。そして改めてみると、面白いだけじゃなくて、料理も所々で「へー、そうやるんだ」と勉強になる。当たり前といえば当たり前のことだけど野菜や肉を何気なくささっと切るところも、トークしながらカメラ目線しながらでよくちゃんと手が動くなーと驚きます。グラハム・カー、タレント・コメディアンだと思ってたけど、料理研究家なのね。

溶かしバターの使用量がすごく多いので、この番組のレシピをそのまま使うのはちょっと考えてしまうけど、見ていると何か試しに作ってみたくなります。ま、とにかく、好きです。吹き替えがまた、いいんですよ。ほとんどアドリブで喋ってるんじゃないかと思うぐらいペラペラすらすらと話してて、でもグラハム・カーの表情とちゃんと一致してて。あの吹き替えの感じは懐かしくもあって、子供の頃見てたなーっていう外国の番組のイメージで楽しい。それがまた好きです。

放送はテレビ東京、月~金の朝8時から30分間。
[PR]

by marinji | 2012-11-18 22:00 | TVのはなし  

仮面ライダーフォーゼの

ホロスコープスは、やっぱり、黄金聖闘士を思い出して紐付けながら見てしまうんですが・・・

さらにゾディアーツも、ドラゴン、ペガサスと来てキグナス、って青銅聖闘士じゃないの!(気付くの遅い)
[PR]

by marinji | 2012-02-19 23:21 | TVのはなし  

NHK BS アーカイブス、今週は「ヨーロッパ王家の物語」

今週月曜日より、NHK BS アーカイブスは 「ヨーロッパ王家の物語」

2月6日(月) 「ハプスブルク帝国 第1回 双頭の鷲の下に」
2月7日(火) 「ハプスブルク帝国 第2回 女帝マリア・テレジア」
2月8日(水) 「ハプスブルク帝国 第3回 美しく青きドナウ」
2月9日(木) 「城 王たちの物語 千年の王宮 プラハ城 刻まれた民族の記憶」
2月10日(金) 「城 王たちの物語 女王イサベル 終(つい)の楽園 アルハンブラ宮殿」


行ったことがある場所としてプラハ城が気になってるんですが、ハプスブルク帝国も面白そう。


塩野七生さんが書いたルネサンス期のイタリアが好きな私は、サッコディローマ(ローマ略奪)が許せなくて、そんなわけで神聖ローマ帝国は嫌いで、ハプスブルク家にも縁がないと思っていたのですが・・・

a0036755_0571512.jpg

ベルギービールの Gouden Carolus、これがカール5世のことだと知った時は驚きました。まさにどんぴしゃでローマ略奪の時の神聖ローマ帝国皇帝だし!気づかず飲んでた!そしてこのビールがおいしいんだ・・・。

カール5世は、このビールの醸造所があるメッヘレンで幼少期を過ごしたのだそうです。ベルギー出身だったんですね(その頃ベルギーという国はまだ無いですが)。他、取っ手が4つついた陶器のジョッキの Charles Quint というビールもカール5世のこと(フランス語)。さらに、カール5世の祖母にあたるマリー・ド・ブルゴーニュはこれまた大好きなビール Duchesse de Bourgogne "ブルゴーニュ女公" だったり(ラベルにも肖像画あり)。

Gouden Carolus の絵は、カール5世騎馬像(ティツィアーノ)から来てるのかな?左右逆だけど。(わざと?)



名画で読み解く ハプスブルク家12の物語 (光文社新書 366)

中野 京子 / 光文社


「怖い絵」でハマった中野京子さんの↑の本も面白くて、いつの間にかハプスブルクのことが気になり出している今日この頃。そういえば河惣益巳さんの「サラディナーサ」に出てくるスペイン王・フェリペ2世も、スペイン・ハプスブルクなんだよな~(この本を読んで今更気付いた)。


ところで、プラハのカール4世はハプスブルク家じゃないんですね(ややこしい!)
  
[PR]

by marinji | 2012-02-06 01:19 | TVのはなし  

戦国鍋TV最終回とヴァリニャーノ神父

戦国鍋TV、テレ玉ではいよいよ今日が最終回とのこと。
もうちょっとしたら始るんですが、なんとも寂しいような、これぐらいがちょうどいいような。
1回目を見直してみたら、川中島、七本槍、NOBUママとなんとも豪華なラインナップ。
でもまだ少し、これでいいのかしらと固くなっているような雰囲気もあるかな?

それにしても面白い番組でした。


さて。先日、香港に行ってきました。
マカオにも寄ったんですが、そこにはなんとヴァリニャーノ神父のお墓が。


番組内で天正遣欧少年使節に

♪ 連れてって、ヴァリニャーノ

または

♪ ヴァリニャーノはゴアまでなの

と歌われているヴァリニャーノ神父。


マカオで亡くなってたんですね。
実はまったく下調べしてなくて、現地で見つけてびっくりしてしまいました。
なんだか運命的と勝手に思い込んだり。


a0036755_22571163.jpg

マカオの世界文化遺産といえば、の聖ポール天主堂跡(大三巴牌坊)。


a0036755_22573256.jpg

その奥にある建物に、納骨堂があります。


a0036755_2374988.jpg

そこにヴァリニャーノ神父のものと考えられているお墓があります。

お墓は、写真撮影禁止ではなかったんですが(たぶん)、なんとなく撮りませんでした。すごく綺麗で、素敵な空間でした。花岡岩に十字架が建っていて、そこに投げられたコインがキラキラと光っていて。wikiで写真を見つけたのでそちらを紹介します。色はもっとふわっとピンク色っぽく見えました。

Wikimedia Commons, File:Macau Macau Cathedral of Saint Paul Museum of Sacred Art rock.JPG
http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Macau_Macau_Cathedral_of_Saint_Paul_Museum_of_Sacred_Art_rock.JPG?uselang=ja
 
[PR]

by marinji | 2011-09-26 23:03 | TVのはなし  

ニキータ 1997

最近、ドラマ版ニキータのCMをよく見かけますが
ニキータのドラマは前にも製作されていて、私はそれがけっこう好きでした。
ヒロイン(ニキータ役ペータ・ウィルソン)の外見と吹き替えの声(高乃麗)が好みなんです。

なので、最近の方のは、うーん、、、なんか違和感、、、
ってそれはしょうがないですね。個人の好みの問題。

AXN 新旧ニキータ比較

ともかく新ニキータをCMで見るたびに
旧ニキータを思い出して懐かしいなと思う今日この頃です。
今はやめてしまったのだけど、以前ケーブルテレビを契約していて
ずっと見てました。また再放送するみたいですね。

1997年版ニキータでも唯一好みじゃないのが
ニキータの相手役マイケル(ロイ・デュプイ)の顔。
なんか顔でかいしヒゲ濃いし・・・
ニキータ、なんでこんな男のために!!と見るたびに思ってしまって。(すいません)
[PR]

by marinji | 2011-06-19 15:05 | TVのはなし  

熱血のボレロ

この前放送の『のだめカンタービレ』(R☆Sオケ初公演の回)で
BGMにラヴェルの「ボレロ」が使われていて、それが涙出るくらいかっこよかった。

開演に向けて人が集まりだすところから「ボレロ」がフェードイン。
「ボレロ」で次々と楽器が変わりながら最後はひとつにまとまるように、
登場人物たちが様々な思いを抱きながら会場に集まり、
いよいよ公演の(そしてドラマの)主役となる指揮者・千秋とオーボエ奏者(ソロ)黒木くんが登場、
「ボレロ」は怒涛のクライマックス、大興奮の中、千秋と黒木が目を合わせてうなずき、
ついに「ボレロ」はフィナーレ!

で。

これで"終わり"ではなくて、
ここから公演が始まるのが、やーもうたまらんかった。
ここまでの「ボレロ」とドラマの流れが本当に本当にぴったりでしびれました。
もちろんここからの演奏シーンも迫力があっていいのだけどね。
(公演の演目はモーツァルトの「オーボエ協奏曲」とブラームスの「交響曲第1番」)


ボレロはお洒落に使われてしまうのは好きじゃない。
熱く、熱く、そして色っぽく、そんなボレロが好きなのでこれはホントよかった。

そういえば村主が「ボレロ」を今シーズン選んだんですよね。まだ見てないけど。気になる。

のだめ(ドラマ版)では、Sオケのオーボエ・クラリネットコンビが好きです。
彼らは嫌がらせしようとしたりすぐ嫌味言ったりするけどなんか素直で可愛らしい。

フジテレビ のだめカンタービレ
Yahoo! のだめカンタービレ特集
 
[PR]

by marinji | 2006-12-11 01:15 | TVのはなし  

今日、水曜どうでしょうの新作が!

TVK(テレビ神奈川)です。急ですいませんが、本日夜に新作一挙4話公開。
昨年北海道で放送されていたもの。

4月2日(日)19:54~、第1話~4話
4月9日(日)19:54~、第5話~8話

だそうです。一気に見れちゃうのが嬉しいような寂しいような。毎週一話ずつ楽しみにしながら見たいような気がするんです。でも贅沢言っちゃいけない。見れるだけで嬉しい。ありがとうTVK。その他の局については水曜どうでしょう公式サイトからどうぞ。

<ここから追記21:26>この前ちょうど前作ジャングル・リベンジのDVDを見たのでナイス・タイミング。しかしジャングル・リベンジと比べるとずいぶん今回のはぬるいなー(^^;;

TVKといえば、saku saku からついにカエラちゃんが卒業。実は去年やめるかと思っていたので、今年というのが意外でした。前のあかぎあい嬢から変わった時、この子つまらないなーなんて思ったものですが(偉そうですいません)、どんどん面白いところを引き出されて、すっかりなくてはならない存在に。。。卒業は寂しいけど、また次の子で新たなsakusakuが出来ていくんだろうと思うと、ワクワクもしています。

それから!最近面白いかもと思い始めていた THE 鈴木タイムラーが三月末で終了してしまって哀しい。おバカで熱い金剛地と知的でお綺麗な津島さん(が本気でアホなことを言う)の掛け合いをもっと見たい!続いたら(再開したら?)放送してね、TVK!
[PR]

by marinji | 2006-04-02 16:37 | TVのはなし  

新春ワイド時代劇「天下騒乱 徳川三代の陰謀」

「徳川の世は、(今後)100年...500年も続いていきます...」(←予測としての言葉)
そんなような台詞を聞いた母が。

「で、結局江戸時代って何年続いたんだっけ?500年?」

今は江戸時代か。小泉将軍。
[PR]

by marinji | 2006-01-02 16:22 | TVのはなし  

ジゴロウの...

ひとつ前からの続きです。
気になるのは、声じゃなくて、もうひとつありました。

それは、目。目玉が無いこと。

ジゴロウの目はちゃんと出っ張っていて、
カエラちゃんの方を向いて置かれていると
まるでカエラちゃんを見ているように見える!と職場の先輩が感動していて。
これがね、本当に、そう見えるんですよ。カエラちゃんを見つめているように。
でも、新キャラのヴィンセントの目は、線。(笑った目?)

撮影現場では、パペットを操ってしゃべっている人(黒幕)が元々丸見えだから
あまり今までと変わった気はしないのかもしれないけど、
TV画面を通して見ると、
ジゴロウは生きていたけどヴィンセントは生きてるように見えない。

操ってる・しゃべってる人は同じ人なんだけどね。。。
でもやっぱり違うんだよなぁ。

しばらくは様子見です。


<追記>
今更で申し訳ないですが、ジゴロウ&ペパー降板には版権の問題があったようです。
「ようです」というのは、ちゃんとしたニュースソースが(私には)無いからなんですが。
デザイナーさんが書いたらしきココログの記事も既に削除後みたいで・・・。

で、キャラクターが変わること自体はしょうがないと元々思ってるんですが(寂しいけど)
新キャラで声を加工してないのと目玉がないのは・・・・・・やっぱり不満なのです。
[PR]

by marinji | 2005-07-07 23:09 | TVのはなし  

saku saku の...

キャラクター(パペット)がジゴロウから変わってしまった・・・

ショック・・・

ショッキングエクスプレス・・・(byオーノキヨフミ)


いや、まぁ、百歩か千歩か譲って、
キャラクターの外見はそのうち見慣れるかもしれないんだけどね、
それを操ってしゃべる黒幕の声が加工されてないのは
いかんともしがたい。
キャラクターがしゃべってるんじゃなくて、その後ろにいるであろう男の人が
しゃべってるのが分かっちゃうんだよなぁ。
もちろんジゴロウの時にも分かってはいたけど、
まるでジゴロウ自身がしゃべってるみたいに錯覚できて面白かったのに。

残念。。。(T_T)


公式サイトも新キャラに変わってます。
[PR]

by marinji | 2005-07-05 01:24 | TVのはなし