カテゴリ:美術展・博物展のはなし( 88 )

 

ターナー展/カイユボット展

まだ観に行けるもの二つ。ギリギリだけど!

a0036755_0374452.jpg
a0036755_0375293.jpg

ターナー展 -Turner from the Tate : The Making of a Master (東京都美術館、2013/10/8-12/18)

ターナーは「雨、蒸気、スピード」の印象が強くて、ああいうもやっとした中で何かが起きている!っていう絵の人と思っていた。今回いっぱい見てみて、けっこうちゃんと(形を)描いてるんだなと。夏目漱石の美術世界展の時から少し感じてたんだけど。それがまたうまいし天気の描写なんかが面白かったりして驚く。それと、色。パキッと真っ白だったり真っ黒だったり。特に黒は印象的。そのイメージが無かったこともあって。

今となっては、というか日本人には?素敵なものとして疑いようのない風景画も、キリスト教文化の中では軽んじられていたそうで。それでも描いたのはやっぱり好きだったからなのかなと、今回観ていて思った。考えが単純過ぎるけど。人物画がそこまでうまくないっていうのも影響してるのかしら(ナポレオンとかさ…わざと?)。

水彩画もいっぱいあってこれも良かったけど、Bunkamuraで見た絵の方が個人的には好み。というかこっちは油彩画いっぱいあるからね、それを見るだけでけっこうな疲労。もちろん楽しいけど。

パレットや絵の具のチューブなどの道具、スケッチブックなどが展示されてたのも面白かった。スケッチブックで開かれていたページにはプラハが。これがまた見たことがある教会・広場が描かれていて、なんか、不思議だったな。時代を超えて出会えた感じ。


開始数日後の平日に行きましたが、それでもそこそこ混んでました。今はもっとかな。そういえば初めてレストランIVORYに入れましたよ!ターナーにちなんでイギリス系のコースが用意されていて、なかなかおいしかったです。



a0036755_0522354.jpg

カイユボット展 -都市の印象派、日本初の回顧展 (ブリヂストン美術館、2013/10/10-12/29)

コレクション展示で「ピアノを弾く若い男」を見て以来、気になっていたカイユボット。うまく言えないんだけど、画面にぐいっと引き込まれてしまうその引力みたいなものが気になってました。「ピアノを弾く若い男」は音が "聞こえてくる" のではなくて大音量で "鳴ってる" ような感覚で。どーんと画面の中に取り込まれてしまうというか。

いくつか観てみて思ったのだけど、たぶん、ある一点から前・右・左・上・下といった風に様々に向きを変えて見えるその見え方から構成して一枚の絵にしているような気がする。写真の「ヨーロッパ橋」だと、まずまっすぐ目の前の景色、それから下を向いて犬を見て、右を向いて男の人を見て・・・という感じ。いろいろな場所から見てるわけじゃなくて、一点から。それで、まるでそこに自分が立っているかのような感覚になるのではないかと。一番分かりやすかったのは「昼食」。全部がこの構成というわけではないのだけど、その構図に引き込まれました。色もよかったなー。

カイユボット、今回初めてちゃんと観ましたが素敵でした。ブリヂストンならではの、同時代の関連画家の作品(所蔵品)と並べての展示も贅沢!
 
[PR]

by marinji | 2013-12-14 01:16 | 美術展・博物展のはなし  

京都展/描かれた都/山口晃展/江戸の狩野派

トーハクの京都展を中心に、関連がある他の美術展もあわせてざっと紹介したいと思います!終わってしまう前になんとか書かんと。


a0036755_24156.jpg
a0036755_18338.jpg

特別展 京都 -洛中洛外図と障壁画の美 (東京国立博物館・平成館、2013/10/8-12/1)

山口晃さんの「ヘンな日本美術史」を読んでから気になっていた洛中洛外図屏風。まさか舟木本と上杉本を一緒に見られるなんて(前期で見ました)。無茶苦茶よかった!洛中洛外図は京都を俯瞰で描いたものなので、今も残る名所を見つけたり江戸時代の京都での生活を覗き見たりで楽しい。みんな食い入るように見過ぎだけど(自分含む)。この特別展にあわせてリリースされた舟木本のアプリもいい。さらに本館でも洛中洛外図を展示してたのがびっくりだった。特別展は国宝と重文で構成して、本館にその他という…贅沢な。

洛中洛外図屏風が第一部で、第二部は「都の空間装飾 -障壁画の美」。京都御所、龍安寺のものもよかったんだけど、二条城・黒書院の障壁画がよかったなー。大政奉還が行われた場なんですね。邨田丹陵「大政奉還」(→参照)もパネルで紹介されていて、見比べてしまいました。将軍が座るはずの位置で振り返って、「将軍から見える絵はこれなのか」と確かめたりして。大広間四の間の松鷹図も惚れ惚れ。


で、まずは洛中洛外図つながりで、
a0036755_1131922.jpg

描かれた都 -開封・杭州・京都・江戸 (大倉集古館、2013/10/5-12/15)

洛中洛外図屏風、再び。中国の都から、京都、江戸、そして今の東京まで幅広いラインナップ。それにしてもみんな細かい!よくそんなとこまで…と溜め息が出ます。日本橋の魚市を描いたものがあって、魚がきっちり描き分けられてたので見入ってしまった。それと、いろいろ乱れてる洛中洛外図(長谷川巴龍)は衝撃的だったなぁ…。場所のせいか天気が悪かったせいか行った日はガラガラで、最高でした。

で、ここにさらっと山口晃さんの六本木・広尾を描いた絵も展示されていて・・・

ということで、次。
a0036755_1174650.jpg

山口晃展 画業ほぼ総覧 -お絵描きから現在まで (群馬県立館林美術館、2013/10/12-2014/1/13)

洛中洛外図屏風を見た後なので、山口さんはあれがやりたかったのかーというのがよく分かりました。それにしても山口さんも細かい!描いた絵はもちろんのこと、舟木本を使ったコラージュ(と呼んでいいのかな?)、あれも面白かったな。

展示点数が多く、小さい頃に描いた絵やCDジャケットの原画などもあって見応え十分。個人蔵が多かったんだけど、いくらぐらいしたんだろう。



さて、

ここまでは京都展第一部の洛中洛外図つながり。

第二部の二条城の障壁画からの狩野派つながりもあるのです。
そのうちの一つは、京都展の前に開催された「狩野派SAIKO!」。そして・・・

a0036755_1262648.jpg

江戸の狩野派 -優美への革新 (出光美術館、2013/11/12-12/15)

屏風いっぱいで幕府御抱え絵師の仕事を堪能。江戸城本丸の障壁画の下絵があって、当たり前なんだろうけど下絵描いてるのねと新鮮だった。ちゃっちゃっちゃーと描いた風な線なんだけどうまかった。これを見ながら幕府のお偉方がやいのやいの言ったのかしらと妄想しました。

”狩野派”って、勝手なイメージとして豪華絢爛っていうイメージだったんだけど、すっきりとしてデザイン的な絵もあって驚きました。考えてみると、私が美術展に通い出したこの1年間、狩野派中心の展示ってほとんど無かったんですが(偶然か自分の見落としか)、ここに来てどーんと大集合している感じ。洛中洛外図も上杉本は狩野永徳だし、大倉集古館の展示にも数展出ていました。日本史の教科書で名前だけは知っていた狩野派、いっぱい見ることができてよかったです。


そして、さらにさらに、

また元に戻って東京国立博物館、本館では国宝「観楓図屏風」狩野秀頼の展示(11/12-12/8、本館2F)と、特別陳列「描かれた風景」(10/29-12/8、本館2F)、特別陳列「江戸城」(10/22-12/23、本館1F)が始まってたり・・・。見切れないよ!っていうかトーハクにはこの前庭園開放に行ったのに見落としてたよ!バカバカ!私のバカ!見に行く時間作れるかなー。

ということで、それぞれの美術館が連携してるのかしてないのかは知らないけど、関連した作品を同時期にまとめて見ることができるというのは非常に贅沢なことではないかと思いました。どれか一展見た方は、ついでにもう一展いかがでしょう。
 
[PR]

by marinji | 2013-11-21 01:05 | 美術展・博物展のはなし  

東京国立博物館平成25年度 秋の特別公開

今日までです!

a0036755_1403163.jpg

東京国立博物館 平成25年度 秋の特別公開 (2013/9/18~9/29)

2週間だけの限定公開。酒井抱一の「夏秋草図屏風」が!なんと写真撮影もOKで。さらに「四季花鳥図巻 下巻」も同時展示(こっちはもう少し前から展示されてました)。いやもう、これは素敵でした。見た瞬間は、地味・・・とか思ってしまったんだけど。元々俵屋宗達が描いた「風神雷神図屏風」を、さらに尾形光琳が描いて、その裏に描かれたのがこれ。今は別々の屏風に仕立てられてるそうですが、表裏にまとまっていた時のことを想像すると鼻血出そう。じっくり近寄って見ると、風神の裏に描かれた風に吹かれる草花、雷神の裏に描かれた雨に打たれる草花の様子が、じわじわと・・・見えてきます。もちろん草や花は初めから見えてるんだけど、風や雨が見えてくる。これを置いて、じっくり酒でも飲みたいなぁ。巻物も素敵なのでお見逃し無く。

そういえば風神雷神図が展示される企画展が今後2展予定されてます。「クリーブランド美術館展─名画でたどる日本の美」、「開山・栄西禅師 800年遠忌 特別展「栄西と建仁寺」」。後者は京都から、俵屋宗達筆のが来ます。見たかったから嬉しい!トーハク所蔵の尾形光琳筆は出て来るかしら?


a0036755_142325100.jpg
a0036755_14233164.jpg

トーハク本館の中央階段、あれ?これはもしかして・・・と確認してみたら、やっぱり。ドラマ半沢直樹の東京中央銀行・本社ビルです。ドラマでは赤い絨毯が敷かれてたので少し雰囲気が違いますが。あの扉の先には何があるのかな。

>>> 東京国立博物館 - 催し物 イベント 東京国立博物館 平成25年度 秋の特別公開
  
[PR]

by marinji | 2013-09-29 14:29 | 美術展・博物展のはなし  

アメリカン・ポップ・アート/Drinking Glass/Kin no Kokoro

9月に六本木で見た美術展2展と、作品1点。

a0036755_23102299.jpg
a0036755_23103117.jpg
a0036755_23103945.jpg

アメリカン・ポップ・アート展 American Pop Art From the John and Kimiko Powers Collection (国立新美術館、2013/8/7~10/21)

難しかったー!難しいというか分からないというか自分にはまだ早いというか合わないのかもというか。ぶらぶら美術・博物館で事前に五郎さんの解説を聞いててよかった。それが無かったら完全にお手上げだったな、私。アンディ・ウォーホルまで行けば惹かれるものがあるんだけど。

でも、展示数は多くてボリューム満点だし、展示リストだけじゃなく見所案内なペーパーもあり、展示もちょうどいい感覚でゆったり展示されていて見易かった。見に来てる人が多いのは納得です。

写真3枚目、トム・ウェッセルマン「グレート・アメリカン・ヌード #50」が好き。背景に使われているルノワールの「劇場の桟敷席(音楽会にて)」はクラコレで見たばかりだし、セザンヌ、ルドンも入ってるし。ラジオやジュースの瓶や林檎が絵じゃなくて物がついてるのも効いてる。ポップで素敵。

>>> アメリカン・ポップ・アート展|TBSテレビ
>>> 国立新美術館 THE NATIONAL ART CENTER, TOKYO
>>> BS日テレ - 「ぶらぶら美術・博物館」番組サイト │ #114 国立新美術館「アメリカン・ポップ・アート展」~日本初上陸! ポップ・アートの「モナ・リザ」に出会う!!~


a0036755_23333579.jpg

Drinking Glass 酒器のある情景 (サントリー美術館、2013/9/11~11/10)

サントリー美術館のグラスの展示は、フィンランド・デザインが素敵だったのでかなり期待してました!その期待を裏切らない、うっとりする名品の数々。和も洋も堪能。それにしても…取り出して展示するだけでもうっかり傷つけてしまいそうな繊細なグラスがいっぱいあって、ハラハラする。ポスターに選ばれている鳥動物文ゴブレットとかもう…!ドラゴンステム・ゴブレットとかも…!私が担当したら絶対に割る。割る自信がある(いらない)。これでお酒飲んで酔ったりしたら絶対割ると思うんだけどなぁ。もしくは緊張感で酔えなくなる?

日本の酒器も素敵で、なんというか、秋の夜長にちびちびとやりたいなぁっていう感じ。青い色がすごく綺麗なものも。日本酒は透明だからガラスに色をつけちゃっても大丈夫なんだな。それとエミール・ガレの葡萄文栓付瓶が、じわじわと来る素敵さで、いやぁ、これにワイン入れて飲みたいわ。

こちらはわりと空いてて、ゆったりじっくり楽しめるのがまたよかったです。

>>> Drinking Glass―酒器のある情景 サントリー美術館


a0036755_23501163.jpg
a0036755_23502229.jpg

Kin no Kokoro (六本木ヒルズ 毛利庭園、パブリックアート)

ジャン=ミシェル・オトニエル氏の「Kin no Kokoro」。正面からはハートに見えるんだけど、横から見ると形がガラッと変わる。いろいろな角度から見てみたけど、やっぱりハートがいいかなぁと思ってこの写真。

>>> パブリックアート&デザイン 六本木ヒルズ - Roppongi Hills
 
[PR]

by marinji | 2013-09-27 23:56 | 美術展・博物展のはなし  

サンダーバード博/狩野派SAIKO!/プーシキン美術館展

8、9月に見た美術展(企画展)3展。

a0036755_21193269.jpg
a0036755_2119408.jpg

サンダーバード博 -世紀の特撮が描くボクらの未来- (日本科学未来館、2013/7/10~9/23)

いろいろな展示があって面白かった。3D映像あり、特撮の種明かしあり、体験ゲームあり、またサンダーバードで描かれた架空の技術と、今の科学での技術の紹介など。写真撮影可能だったので、子供も大人も外国人の方々も大はしゃぎで撮りまくり。楽しい展示でした。特に映像は、CGに慣れた目で見ると、本物の水や火のリアルさがすごくて。一周回って特撮すげー!って思った。

行ったのが八月末だったので、常設部分は親子連れでいっぱいでした。自由研究かな。

>>> 「サンダーバード博~世紀の特撮が描くボクらの未来~」公式ホームページ
>>> 企画展「サンダーバード博~世紀の特撮が描くボクらの未来~」企画展概要 日本科学未来館 (Miraikan)


a0036755_21324187.jpg
a0036755_2132505.jpg

狩野派SAIKO! -再興!最高!再考?狩野派再点検- (板橋区立美術館、2013/8/31~9/29)

いい絵(好みの絵)揃いでこれは私的に大当たり!館蔵品展だからということなのか、無料なのがまたすごい。江戸時代の狩野派内での階級・仕事内容の解説などもあり、その位なりの絵のうまさ(うまくなさ)も直に見ることができたので、「なるほどねぇ」と。展示数は27点と少なめですが、良かったです。

伝・狩野探幽の風神雷神図屏風、大好き。俵屋宗達にターナーの空気感を足したみたいな感じで惚れ惚れ(単純な連想でごめんなさい!)。日本は(水墨は?)、空気や湿度を描くのがうまいよね。で、近くで見ると、風神と雷神はうまいんだけど、逃げる人々は足が超適当だったりして面白い。弟子に描かせたりしてるのかな。それから河鍋暁斎。この人は本当に…大きい絵がうまいわ。ルーベンスみたい。画面の大きさを持て余してない。山口晃さんの「ヘンな日本美術史」にそんなことが描いてあったと思うんだけど、それを実感。プライス・コレクションの達磨図も大きかったしな。ポスターにもなっている骸骨図も最高。

>>> 板橋区立美術館 2013スケジュール


a0036755_225445.jpg

プーシキン美術館展 -フランス絵画300年- (横浜美術館、2013/7/6~9/16)

横浜ってことで、芝居(冒した者)の前に混雑覚悟で行ってみました。9月の日曜日、午前11時ぐらい。やっぱり大行列。猛暑日じゃなくてよかったーと思ってたんだけど、出た時には行列が無くなってた。午前中の方が混んでる?

中はぎゅうぎゅうでなかなか見るのが大変だったけど、いい絵揃いでした。ポスターになってるルノワールの「ジャンヌ・サマリーの肖像」は色も表情も明るくて華やかで、やっぱり素敵。ジャン・オーギュスト・ドミニク・アングルの「聖杯の前の聖母」はなんとも神々しく、美しく。他にもプッサン、ブーシェ、ルソー、マティス、あ、ゴッホもセザンヌも、とフランス絵画の有名どころが揃っていて、お得な美術展でした。

しかも!横浜美術館はたしかデルヴォーを持っているはず!ということで、所蔵品のコーナーも楽しみでした。ポール・デルヴォーの「階段」、素敵だったな。マグリットも良かった。モローとルドンも。それから、国立新美術館のアメリカン・ポップアート展に合わせたのか、プチアメリカンポップアート展みたいな感じの展示もあって。ウォーホル、リクテンスタイン、ジャスパー・ジョーンズと、ガラ空きの状態で見ることができてラッキーでした。

>>> プーシキン美術館展 フランス絵画300年
>>> 横浜美術館コレクション展 2013年度 第2期
>>> BS日テレ - 「ぶらぶら美術・博物館」番組サイト │ #113 ロシア・プーシキン美術館展“フランス絵画300年”~モネ、ルノワール… フランスが羨む驚異のコレクション~
[PR]

by marinji | 2013-09-23 22:39 | 美術展・博物展のはなし  

速水御舟/曼荼羅/たばこと塩の博物館

8月に見た美術展3展。

a0036755_11204959.jpg

再興院展100年記念 速水御舟 -日本美術院の精鋭たち- (山種美術館、2013/8/10~10/14)

速水御舟は百花繚乱で見た名樹散椿が忘れがたくて、楽しみにしてました。内容は、その名樹散椿が出てなかったこともあり、”速水御舟展”としてはもう少し見たいなあというところ。タイトルにもついている、”院展”の印象の方が強いかな。小倉遊亀の「舞う(舞妓、芸者)」、片岡球子「鳥文斎栄之」がよかった。

写真は今回の和菓子から。五種類の中から絞りきれず…昼御飯代わりということにして三つ頼んでしまいました。どれも美しいしおいしかったけど、さすがにしょっぱいものが食べたくなりました。お茶を飲んでもね。写真上から、元になった絵は「翠苔緑芝」速水御舟、「もみぢづくし」富取風堂、「炎舞」速水御舟。速水御舟の2点は絵を見てこれははずせないなぁと。もみぢづくしは和菓子の方に惹かれて。寒天で食感も変わるし、よかった。

>>> 開催中の展覧会 - 山種美術館
>>> BS日テレ - 「ぶらぶら美術・博物館」番組サイト │ #115 山種美術館「速水御舟 ―日本美術院の精鋭たち―」展~'伝統の破壊者'御舟の生涯~


a0036755_11382231.jpg
a0036755_11383268.jpg

曼荼羅展 -宇宙は神仏で充満する!-(根津美術館、2013/7/27~9/1)

予想外に人が多かったけど、見辛いほどではなく。いろいろな曼荼羅が見られて面白かったな。オーソドックスなものから、日本独自のものまで。流れも分かりやすかったし。それにしても、根津、これもコレクション展なのか。どんだけ持ってるんだろう。コレクションの幅の広さにびっくり。

庭園は、夏らしく緑がわさわさしてた。

>>> 展覧会 - これまでの展覧会|根津美術館


a0036755_11482659.jpg

渋谷・公園通り たばこと塩の博物館物語 -35年の感謝をこめて- (たばこと塩の博物館、2013/7/27~9/1)

渋谷からの移転が決まっているたばこと塩の博物館の最後の企画展。私は吸ってないけど、芸術的な煙草道具とか、キセルを吸う姿が描かれている浮世絵・屏風、マッチのラベルコレクション等々、面白かった。明治天皇が使っていた道具だとか。それは過去の”たばこ展覧会”の展示品なのだけど、展示場所に掲げられていた”脱帽”という札もまた、歴史を感じさせて面白かった。移転先は墨田区横川だそう。

江戸時代頃の風俗絵にはたばこを吸う姿の他に料理してるところなんかも描かれてるんだけど、だいたい魚を焼いてるかさばいてるかで、日本は魚の国だな~と再確認。

あと、今後に向けてっていうことで新規収蔵品の展示もあって、河鍋暁斎があったのは嬉しかった。

>>> 渋谷・公園通り たばこと塩の博物館物語 〜35年の感謝をこめて〜
>>> 「たばこと塩の博物館」の休館および移転について JT ウェブサイト
[PR]

by marinji | 2013-09-23 12:01 | 美術展・博物展のはなし  

科学未来館の地球

お台場にある科学未来館の地球、Geo-Cosmos。

a0036755_1623616.jpg

a0036755_1624462.jpg

a0036755_1625091.jpg

a0036755_1625772.jpg

a0036755_163396.jpg

a0036755_1631149.jpg


a0036755_1634738.jpg

a0036755_1635229.jpg

様々な情報を映し出していて、この時は各地域の平均寿命でした。52.9はアフリカだったと思います。短い。

サンダーバード博で行きました。その話はまた今度。


>>> 日本科学未来館 (Miraikan)
[PR]

by marinji | 2013-08-31 16:07 | 美術展・博物展のはなし  

「かわいい江戸絵画」の図録が書籍化! hondana

a0036755_1517882.jpg

府中市美術館で今年の春に開催された「かわいい江戸絵画」展。その図録が書籍化されました。開催期間中に売り切れていたらしく、私が行った時には見かけなかったので嬉しい。見応え・読み応え充分です。かわいいことはもちろん、ただかわいいだけじゃない、そして”かわいい”という言葉の持つ意味の幅広さに触れられる素敵な図録。展示もよかったんだけど、終了間際の混雑してる時期に行ってしまったので、改めてじっくり見ることができてよかった。

それにしても応挙の仔犬(表紙)はかわいいな。
[PR]

by marinji | 2013-08-31 15:27 | 美術展・博物展のはなし  

大野麥風展 (東京駅)

a0036755_11233481.jpg

大野麥風展 −「大日本魚類画集」と博物画にみる魚たち− (東京ステーションギャラリー、2013/7/27〜9/23)。魚の絵がいっぱい!面白かったー。マイワシ、ゴンズイの群れの絵は、じーっと見てると動き出す気がして、ぞわぞわする。デザイン的に数匹並んでるのではなくて、一匹ずつが意思を持ってそこにいる感じが、なんともすごかった。

版画の表現の広さにはびっくり。いくつかの絵は、元の肉筆画と、細かく指示が書き込まれた刷り見本、そして最終的に刷られた作品の三点が並べて展示されていて、比べて見ることができたのが面白かった。それにしても、日本の版画の技術ってすごいんだなあ。よくあんなに細かく表現できるね。

円谷プロでキャラクターデザインもしていたという杉浦千里さんの甲殻類の絵も展示されていたのだけど、これがものすごく細かくて綺麗でかっこよくてそれだけに不気味で、まるで宇宙怪獣みたいに見えた。海老、蟹なのに。あれが2〜3メートルのサイズで、いや1メートルでも、目の前に現れたらとても生き延びられないな…。しかし実際のサイズは小さいとはいえこんなのを普段食べてるのか…。なんて、いろいろ心を揺さぶられました。

写真は、見終わった後に出られる東京駅のホールの二階バルコニーから。下の魚の絵は今回のチケットです。

>>> 東京ステーションギャラリー - TOKYO STATION GALLERY - (現在の企画展)
[PR]

by marinji | 2013-08-18 09:22 | 美術展・博物展のはなし  

アンドレアス・グルスキー/谷文晁/日本のグラフィックデザイン2013

六本木の美術展3つ。

a0036755_048414.jpg

アンドレアス・グルスキー展 (国立新美術館、2013/7/3~9/16)。これは面白かった!写真は今まであまり興味が無かったんだけど、これは好き。ポスターの写真がカミオカンデだったので気になって来てみたら、大当たりでした。

カラフルでお祭り騒ぎみたいなシカゴ証券取引所に対して(床に散らばった紙ゴミもすごい)、白や黒ばかりでストイックというかこれぞエコノミックアニマル!な東京証券取引所(床にあまりゴミが落ちてない!)の対比に惚れ惚れした。どの作品もサイズが大きくてなかなかの迫力。F1のピットで人がわーっと集まってる瞬間の写真がかっこよくて唸った。

>>> ANDREAS GURSKY | アンドレアス・グルスキー展 | 東京展 2013.07.03-09.16 - 国立新美術館 | 大阪展 2014.02.01-05.11 - 国立国際美術館
>>> 国立新美術館 THE NATIONAL ART CENTER, TOKYO


a0036755_0545474.jpg

谷文晁 (サントリー美術館、2013/7/3~8/25)。前期で見ました。ぶらぶら美術・博物館でやってた通り、いろんな絵が描けてしまうんだなーと思った。なので、これぞ!っていう印象が残りにくいんだけど、そういう、何でも描けて、本人も楽しんでそうな感じは、いいな。色が綺麗だった。青と緑が鮮やかだった。

>>> 生誕250周年 谷文晁 サントリー美術館


a0036755_0595832.jpg

日本のグラフィックデザイン (東京ミッドタウン・デザインハブ、2013/6/15~8/4)。こそっとやってる感じがなんかよかった。バリバリのデザインアートじゃなくて商品やポスター等々の展示だったから、身近な感じ。あとは作品を手に取って(触って)よければなぁー。

>>> DESIGN HUB EXHIBITION


それから、これは見損ねた!
July 16, 2013 Tokyo イベント映像; ドン ペリニヨン × 山口晃 × GAINAX The Power of Creation in Japan - YouTube
[PR]

by marinji | 2013-08-17 01:14 | 美術展・博物展のはなし