J1第二十節、大分vs清水

大分:清水は3:4で勝利!
ということですぐ書くつもりだったのに飲んだくれていて遅くなりました。

リアルタイムではネットでのテキスト観戦でしたが、
前半、2点先制された時は「またかよ・・・」と思いました。
すぐさま1点取り返したものの、しばらくは1点差が続き、このまま後半かーと
思った瞬間、前半終了前の44分に市川のヘディングで同点!!!
今年のイチは、ここぞというところでゲームを引っ張ってくれる強さがあるなあ。

その後後半は清水が2点、大分が1点返して清水の勝利で終了。
九州石油ドームはけっこう暑いらしく、それが集中力を切れさせて計7点の得点になったのかも。

この試合はフェルナンジーニョが2得点、今年ブレイクしきれていない矢島が得点、と
非常にいい展開でしたが、個人的にはやっぱりイチくんの同点弾かな、と思います。
録画放送を見たところ、CKからのセットプレーで、後ろから走り込んでの
ほぼノーマークで勢いのあるヘディングでした。
ゴールの後、右腕をグッと力強く握って、押さえた感じのガッツポーズしてたのが素敵だった。
嬉しいけどまだ喜んでる場合じゃない、まだまだここからだぞ、っていう
勝利を狙う意識が見えて。

清水エスパルス公式サイト、試合情報

それと、柏へレンタル移籍中の太田圭輔が柏公式戦で初得点!
ちなみに磐田の太田も得点していて、この日は兄弟そろってのゴールでした。
[PR]

by marinji | 2007-08-18 18:33 | 蹴球[Football]の日  

<< 北京五輪アジア最終予選、日本v... サイト(にこみ)を整理中です >>