へうげもの

友達から、「『へうげもの』が面白いから読め」と薦められて読んでみたら、
やばい!超面白い!すっかりハマって一気に三巻読みました。(現在三巻まで。まだ続いてます。)

戦国時代を描いた漫画で、古田左介(古田織部)が主人公。
"戦"の部分も多く描かれているけれど、この時代の美術や茶の世界が描かれているのが新鮮。
でもそういう文化的な部分だけじゃなくて、とにかく絵がうまくて、人物の表情がすごく良いし、城も"絵"じゃなくて実際に建っていた姿が想像できるようなぐらいだし、自分がこの時代を生きたような気がしてくるぐらい現実感と臨場感があるのがいい。現実感といっても写実的ってわけじゃなくてかなりオーバーな表現もあるんだけど、それがむしろ「何か起きてるのをただ見てる」のではなくて「体験している」感覚に近くて、興奮します。たまらん。

一話ごとのタイトルに曲名をつかってるのもツボ。

三巻で本能寺の変です。うー、はやく続きが読みたい。

細川忠興の絵が、誰かに似てるけど誰だろう・・・?とずっと気になっていたんだけど、細川護煕元首相だ。そりゃ似てるはずだよ。

戦国時代といえばこの前、ビアバーで、TVに映画『陰陽師』が映っていて、店員のお兄さんが「いいですよね。真田幸村、好きなんですよ私」と言っていた。それを言うなら真田広之だ。でもあえてつっこまずに、この素敵な言い間違いをゆっくりと味わいました。真田広之は石田三成役がよかったなー。

e-モーニング【へうげもの】 ・・・リンク先にある絵は織田信長(上様!)
へうげもの Official blog ・・・調べてみたらexcite blog でした。あらびっくり。
[PR]

by marinji | 2006-12-02 02:07 | 本の日  

<< 矢場とん の味噌カツ お嬢様 >>