J1第22節、ジェフ千葉:清水エスパルス=1:3!

大阪話の途中ですが、この前の土曜日フクアリに乗り込んできましたのでその話を。
明日の鹿島戦@国立の前に書いておきます。

とにかくとにかく、市川のゴールが良かった!そこまでの流れが美しくてね、もう。テレビで見ても、展開の大きさに惚れ惚れ。枝村が出したパスの先、まだ画面に映っていない市川が、画面の右端からダーッと駆け上がってきて、ダイレクトで強烈なミドルシュート。そこに走りこんでくるか!2列目以降からの飛び出しで点を取るのは最近の清水の十八番ですが、さらにその上を行った感じ。後半のマルキーニョスのシュートは、対象的にストライカーとはかくあるべし!と言わんばかりのバリバリ個人技。これもかっこよかった。

a0036755_028476.jpg
フクアリ試合開始前。友達と行って、いつもよりビール飲んでへべれけ。


「体力勝負なら、負けないよ」。試合が始まる前から、それから前半の間もずっとそう思ってました。千葉の主力が代表に選ばれていただけではなく、千葉は他のメンバーもナビスコ杯(9/3)を戦っているんですよね。比べて、清水は前節(8/30)から試合なし。ゆっくり休むことも調子を整えることもできたはずで、だから体力勝負になったら絶対に今の清水は千葉を相手に走り負けない。千葉にとっては体力勝負にならないように試合を運ぶことがテーマだったんじゃないかと思います。そういう意味で、開始4分の先制点(清水)は、1分後にすぐ点を返されたとはいえ、非常に効果的だった。早実と駒大苫小牧の決勝2戦目、1回で早実が盗塁を仕掛けたように。清水が挑発して、千葉が挑発に乗ってしまった。体力勝負になって、後半、清水が走り勝つ。ちょっと出来過ぎ?

千葉にとっては、西部(清水GK)のペナルティエリア外での手でのセーブがファウルにならなかった(審判が見ていなかった?)のに、すぐその後にハース(千葉FW)がファウルを取られるなど、不運というか納得できない展開があったことは確か。うーん、でも!でもやっぱり走り負けない千葉を見たいし、走れない時はどう勝負するのか、っていうのがあまり見えてこなかったのは残念。(清水サポだけど千葉も好きなんですよ)

清水には文句無し!所々ミスはあるけれど、本当に強いチームになった。全員がよく動いてゴールを目指していて、かといって守備が疎かになるわけでもなく。失点の少なさはJ1で2番目。浦和にはかないませんが…。最近は試合を見ていてうっとりする。欲を言えば矢島に点を取らせてあげたかったなぁ。ところで最近テルさんがマケレレみたいに見えてきた。

ゲームサマリー(情報、選手・監督コメントなど)[J's GOAL]

それから、ロシツキがアーセナルで活躍してて嬉しい。アーセナルって黄・黒のユニフォームだったっけ?ドルトムントみたいで違和感ないな。
 
[PR]

by marinji | 2006-09-16 00:34 | 蹴球[Football]の日  

<< J1第23節、清水エスパルス:... 8月12日(土)の3:8月の阪... >>