Kawaii 日本美術 (恵比寿)

一月・二月に見た美術展で、まだ終わってないもの、そして終わりが近いものから順に。


a0036755_0121363.jpg

Kawaii 日本美術 -若冲・栖鳳・松園から熊谷守一まで- (2014/1/3-3/2、山種美術館)

去年、府中市美術館で「かわいい江戸絵画」という美術展があって、これがとてもよかったので、実はこっちにはそんなに期待していませんでした。行ったのは若冲のマス目描きの屏風『樹花鳥獣図屏風』のため。静岡県立美術館所蔵なので、それが東京で見れるのは嬉しい。

で、先週行きました。行ってびっくり。チケットカウンターに行列が。前売りを買っておいてよかった。私が知ってる限りでは今までで一番混んでました。中も人でいっぱいでしたが、どの絵もふと人が減る瞬間があって、案外見易かったです。閉館前の30分間は若冲の屏風も楽々見られる状態になったし。売店はあきらめたけど。カフェも人は多かったけどすぐ入れました。(淡雪羹おいしかった!←白いほう)


a0036755_0121381.jpg



肝心の展示はというと、だいたいは山種さんのコレクションが占めていて、見たことがある作品もちらほらと。改めて「かわいい」という切り口で見るのが新鮮。そしてそこに何を足すのかっていうことで前述の若冲の屏風と、サントリーお得意の絵巻物を持ってきたのはなかなか、やるな!って感じ(偉そうですいません)。でも本当にこの二つで全体が締まってたと思う。あ、川端龍子『百子図』もだな。

「かわいい」の掘り下げ方については府中市美術館の方が深かったように思うけど、山種さんが得意な江戸時代後の近現代の絵画が持つかわいらしさはまた、より一層きゅんきゅんさせられる要素がありますね。

>>> 日本画の専門美術館「山種美術館」
[PR]

by marinji | 2014-02-28 00:12 | 美術展・博物展のはなし  

<< 今日の「Don't S... 今日の「MOBILE ARMOR」 >>