京都展/描かれた都/山口晃展/江戸の狩野派

トーハクの京都展を中心に、関連がある他の美術展もあわせてざっと紹介したいと思います!終わってしまう前になんとか書かんと。


a0036755_24156.jpg
a0036755_18338.jpg

特別展 京都 -洛中洛外図と障壁画の美 (東京国立博物館・平成館、2013/10/8-12/1)

山口晃さんの「ヘンな日本美術史」を読んでから気になっていた洛中洛外図屏風。まさか舟木本と上杉本を一緒に見られるなんて(前期で見ました)。無茶苦茶よかった!洛中洛外図は京都を俯瞰で描いたものなので、今も残る名所を見つけたり江戸時代の京都での生活を覗き見たりで楽しい。みんな食い入るように見過ぎだけど(自分含む)。この特別展にあわせてリリースされた舟木本のアプリもいい。さらに本館でも洛中洛外図を展示してたのがびっくりだった。特別展は国宝と重文で構成して、本館にその他という…贅沢な。

洛中洛外図屏風が第一部で、第二部は「都の空間装飾 -障壁画の美」。京都御所、龍安寺のものもよかったんだけど、二条城・黒書院の障壁画がよかったなー。大政奉還が行われた場なんですね。邨田丹陵「大政奉還」(→参照)もパネルで紹介されていて、見比べてしまいました。将軍が座るはずの位置で振り返って、「将軍から見える絵はこれなのか」と確かめたりして。大広間四の間の松鷹図も惚れ惚れ。


で、まずは洛中洛外図つながりで、
a0036755_1131922.jpg

描かれた都 -開封・杭州・京都・江戸 (大倉集古館、2013/10/5-12/15)

洛中洛外図屏風、再び。中国の都から、京都、江戸、そして今の東京まで幅広いラインナップ。それにしてもみんな細かい!よくそんなとこまで…と溜め息が出ます。日本橋の魚市を描いたものがあって、魚がきっちり描き分けられてたので見入ってしまった。それと、いろいろ乱れてる洛中洛外図(長谷川巴龍)は衝撃的だったなぁ…。場所のせいか天気が悪かったせいか行った日はガラガラで、最高でした。

で、ここにさらっと山口晃さんの六本木・広尾を描いた絵も展示されていて・・・

ということで、次。
a0036755_1174650.jpg

山口晃展 画業ほぼ総覧 -お絵描きから現在まで (群馬県立館林美術館、2013/10/12-2014/1/13)

洛中洛外図屏風を見た後なので、山口さんはあれがやりたかったのかーというのがよく分かりました。それにしても山口さんも細かい!描いた絵はもちろんのこと、舟木本を使ったコラージュ(と呼んでいいのかな?)、あれも面白かったな。

展示点数が多く、小さい頃に描いた絵やCDジャケットの原画などもあって見応え十分。個人蔵が多かったんだけど、いくらぐらいしたんだろう。



さて、

ここまでは京都展第一部の洛中洛外図つながり。

第二部の二条城の障壁画からの狩野派つながりもあるのです。
そのうちの一つは、京都展の前に開催された「狩野派SAIKO!」。そして・・・

a0036755_1262648.jpg

江戸の狩野派 -優美への革新 (出光美術館、2013/11/12-12/15)

屏風いっぱいで幕府御抱え絵師の仕事を堪能。江戸城本丸の障壁画の下絵があって、当たり前なんだろうけど下絵描いてるのねと新鮮だった。ちゃっちゃっちゃーと描いた風な線なんだけどうまかった。これを見ながら幕府のお偉方がやいのやいの言ったのかしらと妄想しました。

”狩野派”って、勝手なイメージとして豪華絢爛っていうイメージだったんだけど、すっきりとしてデザイン的な絵もあって驚きました。考えてみると、私が美術展に通い出したこの1年間、狩野派中心の展示ってほとんど無かったんですが(偶然か自分の見落としか)、ここに来てどーんと大集合している感じ。洛中洛外図も上杉本は狩野永徳だし、大倉集古館の展示にも数展出ていました。日本史の教科書で名前だけは知っていた狩野派、いっぱい見ることができてよかったです。


そして、さらにさらに、

また元に戻って東京国立博物館、本館では国宝「観楓図屏風」狩野秀頼の展示(11/12-12/8、本館2F)と、特別陳列「描かれた風景」(10/29-12/8、本館2F)、特別陳列「江戸城」(10/22-12/23、本館1F)が始まってたり・・・。見切れないよ!っていうかトーハクにはこの前庭園開放に行ったのに見落としてたよ!バカバカ!私のバカ!見に行く時間作れるかなー。

ということで、それぞれの美術館が連携してるのかしてないのかは知らないけど、関連した作品を同時期にまとめて見ることができるというのは非常に贅沢なことではないかと思いました。どれか一展見た方は、ついでにもう一展いかがでしょう。
 
[PR]

by marinji | 2013-11-21 01:05 | 美術展・博物展のはなし  

<< 今日の「MOBILE SUIT」 ベルギー旅行記 2013 >>