アンドレアス・グルスキー/谷文晁/日本のグラフィックデザイン2013

六本木の美術展3つ。

a0036755_048414.jpg

アンドレアス・グルスキー展 (国立新美術館、2013/7/3~9/16)。これは面白かった!写真は今まであまり興味が無かったんだけど、これは好き。ポスターの写真がカミオカンデだったので気になって来てみたら、大当たりでした。

カラフルでお祭り騒ぎみたいなシカゴ証券取引所に対して(床に散らばった紙ゴミもすごい)、白や黒ばかりでストイックというかこれぞエコノミックアニマル!な東京証券取引所(床にあまりゴミが落ちてない!)の対比に惚れ惚れした。どの作品もサイズが大きくてなかなかの迫力。F1のピットで人がわーっと集まってる瞬間の写真がかっこよくて唸った。

>>> ANDREAS GURSKY | アンドレアス・グルスキー展 | 東京展 2013.07.03-09.16 - 国立新美術館 | 大阪展 2014.02.01-05.11 - 国立国際美術館
>>> 国立新美術館 THE NATIONAL ART CENTER, TOKYO


a0036755_0545474.jpg

谷文晁 (サントリー美術館、2013/7/3~8/25)。前期で見ました。ぶらぶら美術・博物館でやってた通り、いろんな絵が描けてしまうんだなーと思った。なので、これぞ!っていう印象が残りにくいんだけど、そういう、何でも描けて、本人も楽しんでそうな感じは、いいな。色が綺麗だった。青と緑が鮮やかだった。

>>> 生誕250周年 谷文晁 サントリー美術館


a0036755_0595832.jpg

日本のグラフィックデザイン (東京ミッドタウン・デザインハブ、2013/6/15~8/4)。こそっとやってる感じがなんかよかった。バリバリのデザインアートじゃなくて商品やポスター等々の展示だったから、身近な感じ。あとは作品を手に取って(触って)よければなぁー。

>>> DESIGN HUB EXHIBITION


それから、これは見損ねた!
July 16, 2013 Tokyo イベント映像; ドン ペリニヨン × 山口晃 × GAINAX The Power of Creation in Japan - YouTube
[PR]

by marinji | 2013-08-17 01:14 | 美術展・博物展のはなし  

<< 大野麥風展 (東京駅) 上野公園、不忍池 >>