エミール・クラウスとベルギーの印象派 (東京駅)

a0036755_0513414.jpg

エミール・クラウスとベルギーの印象派(東京ステーションギャラリー、2013/6/8〜7/15)。Bunkamuraで見て以来好きなエミール・クラウス。これは行かねばと。東京ステーションギャラリーも行ってみたかったので。

エミール・クラウスいっぱいで嬉しい!ベルギーの風景が描かれてるので、麦の収穫の絵を見て、ワトウの畑を思い出したり、おいしいビールになれよーなんて思ったりも(いや、パンか)。草原の黄緑、麦の金(黄)、空の水色、という印象が強かったんだけど、一面の雪景色(白)や深い緑色で描かれた水面など、いろいろな色で光を描き出してるって分かって、面白かった。特に雪・氷の「そり遊びをする子どもたち」はずっと見ていたい!ポストカードが無かったのが残念。すっくと伸びる花を描いた「タチアオイ」も好き。日差しの明るさがはっきり分かる。

他には、ベルギー印象派の他の画家の絵、ベルギーに影響を与えたいわゆる印象派の絵、ベルギー印象派の影響を受けた日本の画家の絵があり、また所蔵品から光につながる要素のある絵が四点。どれもそれぞれに素敵で興味深くて、そして全体としてまとまりもあり、見応えありました。

ついでに東京駅のホールの上にも出られたし、赤レンガの壁もじっくり見られたし、お腹いっぱい。


a0036755_0513411.jpg
a0036755_0513471.jpg


>>> 東京ステーションギャラリー - TOKYO STATION GALLERY -
>>> Museum voor Schone Kunsten Gent Collectie 1860 IMPRESSIONISME EN SYMBOLISME Emile Claus De ijsvogels (ゲント美術館のサイトより「そり遊びをする子どもたち」)


明日からまたベルギーに行ってきます。この美術展はゲント美術館からの出展が多かったので時間があれば寄りたいんですが、さてどうなるか。
[PR]

by marinji | 2013-06-29 00:51 | 美術展・博物展のはなし  

<< ベルギーから帰ってきました DIC川村記念美術館 (佐倉) >>