かわいい江戸絵画 (府中)

a0036755_1718376.jpg

春の江戸絵画まつり かわいい江戸絵画 (府中市美術館、2013/3/9〜5/6)。後期展示を見ました。ポスターになっている子犬(円山応挙)のような分かりやすい"かわいい!"から、憐れみであるとか、図形の繰り返しであったりとか、いろいろな"かわいい”で溢れてました。白隠も一点あり、なるほど、たしかにかわいいな、と。丸山応挙の子犬はとにかくかわいくてかわいくて憎さ百倍。虎を描いてももかわいくなっちゃうのが応挙の持ち味みたい。それにしてもこういう絵も描いてたって知らなかった。孔雀、写実、ってイメージだったので。宗達の犬も、しょーもないかわいさで良かった。

今更ながら、丸山応挙とか、教科書に出てきた人の絵がけっこう現存していて見ることができるっていうことに驚いた。美術に詳しい・美術好きな人からすると当たり前のことなんだと思うけど!

そういえば、森狙仙の猿とか、岸駒の鋭い絵とか、ファインバーグコレクションやプライスコレクションで見た時にすぐ「あ、これはあの人だ」と分かったんだけど、先にこっちで見てたからなんだよな。江戸絵画入門としてもとてもよくできていた展示だったのではないかと。有名画家の作品の他にも大津絵のなんともいえない面白かわいい感じとかもよかったし。しかも個人蔵の作品が多くて、よくこんなに集められたなーと思います。図録買っておけばよかった。

全体的に動物の絵が多くて、所々にクイズなんかもあり、親子で来ている人が多く賑やかで楽しい展示でした。府中市美術館は見せ方がいいなー。


>>> かわいい江戸絵画 府中市美術館 府中市ホームページ
>>> 府中市美術館 府中市ホームページ

a0036755_1714637.jpg

[PR]

by marinji | 2013-06-15 17:01 | 美術展・博物展のはなし  

<< ホットケーキ! 山口晃展 (横浜) >>