ファインバーグ・コレクション展 (両国)

a0036755_22525037.jpg

ファインバーグ・コレクション展 江戸絵画の奇跡 (江戸東京博物館、2013/5/21〜7/15)。江戸絵画にどっぷり!俵屋宗達の虎、かわいかったなー。応挙の孔雀もよかった(孔雀牡丹図)。森狙仙の「滝に松樹遊猿図」も素敵だった。2幅のうち、右幅には滝しか描かれていなくて。あと岸駒の鷲!かっこよかった!若冲の松図も。鈴木松年「月に雲図」も、素敵だった。本当に、月と雲だけで、意外とそういう絵って無いような気が。そうそう、長沢芦雪「梅・薔薇に群鳥図」。鳥いっぱいで、華やかで、好き。南蛮図屏風もよかったなー。いろんな人が描かれていて、ずっと見てられる。浮世絵では、英一蝶「若衆と遊女図」がなんとも妖しくて好き。

良い意味で、個人コレクションらしい、素敵な作品が揃っていました。ガーンとショックを与えるものというよりは、家に飾りたくなるような感じ。それと、鈴木其一「群鶴図屏風」、酒井抱一「十二ヶ月花鳥図」、また葛蛇玉の作品など、プライスコレクションと重なっている内容もあり、両方見るとまた面白いと思います。


それにしても、教科書には必ず出てくる狩野派、あまり無いんですよね。プライスコレクションでも。アメリカ人から見て、あまり好みではないってことなのかな。板橋区立美術館の狩野派SAIKO!で見られるのが楽しみ。


a0036755_22525060.jpg

土曜日は19時半までなのが嬉しい。残念ながら常設展を見る時間は無かった。


>>> 開催中の特別展│展覧会情報│江戸東京博物館
>>> ファインバーグ・コレクション展 ―江戸絵画の奇跡―

>>> KIRIN~美の巨人たち~ (鈴木其一「群鶴図屏風」)
絵画警察にまさかの渡辺いっけい出演でした!



★美術館ネタがたまっているので、とりあえず記憶が新しいものから順に簡単なメモだけ投稿。後で気が向いたら追記します。行ける日にまとめて3〜4展まわるので、すぐたまってしまうのです。
[PR]

by marinji | 2013-06-10 22:52 | 美術展・博物展のはなし  

<< 夏目漱石の美術世界展 (上野) ベルギーめぐり : セルクラー... >>