クラーク・コレクション/Paris、パリ、巴里 (東京駅周辺)

a0036755_22593289.jpg

奇跡のクラーク・コレクション -ルノワールとフランス絵画の傑作- (三菱一号館美術館)。今日で終わりということで、とりいそぎ感想を。

友人から「あれだけの数のルノワールの絵をまとめて見られたのはよかった」と聞いていたのだけど、実際その通りだった。私は今まであまりルノワールが好きではなかったけど、好きになりました。人物画がわりと細めの体型で、色がはっきりしてる絵が多かったのがクラコレルノワールの特徴。これがよかったんだと思う(自分の好みとして)。ポスターにもなってる「劇場の桟敷席」は、表情と、広く開いた胸元がもー。色っぽくて。素敵。静物画がよかったのも印象的。玉ねぎもよかったけど、しゃくやくが素敵だった!

ルノワールだけじゃなく、ピサロやジェロームも、おお!って思う絵があって、お得というか、盛りだくさんな展示でした。個人のコレクションということで、もし自分だったらこれを買うかな?クラークさんはどこに惹かれて購入したんだろう?なんて考えながら見るのがまた面白かったです。

平日だけど、大混雑でした。開催期間最終週だったからしょうがないか。

a0036755_22594380.jpg

>>> 「クラコレ」|奇跡のクラーク・コレクション -ルノワールとフランス絵画の傑作-|三菱一号館美術館
>>> 三菱一号館美術館


続けて、東京駅をはさんで反対側にあるブリヂストン美術館にも行ったんですが、これがクラコレ続編みたいなラインナップで面白かった。こちらの感想はまた後で。


→ 以下、追記しました。


a0036755_2235453.jpg

クラコレの後は、東京駅を通って反対側へ。東京ステーションギャラリーの次回予告は「エミール・クラウスとベルギーの印象派」。これは楽しみ!

さて、駅の反対側にあるブリヂストン美術館です。


a0036755_22374581.jpg

テーマ展、Paris、パリ、巴里 - 日本人が描く 1900–1945 (ブリヂストン美術館、3/23-6/9)が目当てでしたが、コレクション展示もよかった。

まずはテーマ展。日本人の画家が描いたパリということで風景画が中心かと想像してましたが、そうではなく、パリで描いた絵ということでした。時代的にちょうどクラコレの印象派絵画の少し後で、ルノワールを描きたいんだなって分かる絵がちらほらと。クラコレで本物を見た後なだけに面白かった。それから藤田嗣治と佐伯祐三、この二人は独特でユニークでそして素敵。どちらもそれぞれに異国情緒溢れてる。藤田嗣治は8月からBunkamuraで「レオナール・フジタ展」があるので、楽しみ。

それからコレクション展示。ここにまたルノワールが。モネ、ピサロ、シスレー…って、クラコレ続編のようなラインナップで驚いた。特にルノワールの「すわるジョルジェット・シャルパンティエ嬢」はクラコレ風味。「すわる水浴の女」はクラコレにはない、私が苦手なルノワール。そういう違いも面白かったな。そうそう、クラコレにはルノワールの「日没」「ヴェネツィア、総督宮」があったけど、こちらにはモネの「黄昏、ヴェネツィア」が。

展示はまだまだあって、しかも空いてるので、じっくり楽しめました。最後にザオ・ウーキーがあったのも嬉しかった!少し気になっていたので。椅子に座って、一人きりで見ることができたのはなんとも贅沢。

a0036755_2321025.jpg

>>> Paris、パリ、巴里 - 日本人が描く 1900–1945 展覧会 ブリヂストン美術館
>>> ブリヂストン美術館
[PR]

by marinji | 2013-05-26 10:35 | 美術展・博物展のはなし  

<< ベルギーめぐり : 小便小僧 ベルギーめぐり : のみの市 ... >>