ベルギーめぐり : ノートルダム・ド・ラ・シャペル教会

a0036755_22214457.jpg

Eglise Notre-Dame de la Chapelle 。ピーテル・ブリューゲル(父)のお墓がある教会です。旅行前に、文芸ジャンキーのお墓参りのことを思い出して、調べてみたらかなり行きやすく、というか何度か目の前を通っているような気もする場所で、これは行かねばと思ったのでした。写真の真ん中右寄りにある黒い塔がその教会です。


a0036755_22304512.jpg

上の写真の裏側の通りから。天気が悪かったのが残念。住宅地の中にポン、とある感じ。すぐ裏にユースホステルがあったり。建物は、塔と屋根の黒が印象的。



a0036755_2245616.jpg

iPad的なもので念入りに写真を撮っていくおばさまがいました。中は全体的に白で、奥の天井だけトルコ石の色で、そこに星が描かれていて、綺麗でした。

さて、ブリューゲルのお墓はどこだろう?さっぱり分からない。教会の中の人に聞いてみようかしら、と思った頃に・・・


a0036755_2248990.jpg
a0036755_22481937.jpg
a0036755_2248309.jpg
a0036755_2259412.jpg

BREUGHEL と書かれた貼り紙が!おおー、ここか。紙の雑な感じから、何度も質問されて面倒だったんだろうなぁと想像してしまった。質問する前に発見できてよかったよ。

お墓の前で、しばし思いに耽る。



a0036755_2315934.jpg

ピーテル・ブリューゲル(父)が住んでいたという家。かわいい建物。小さいな、と思ったけど、きっと工房ではないんですよね。内部見学はできないんですが、今も誰か住んでいるのかしら。

ブリューゲルとかルーベンスとか、ベルギー(フランドル)の画家のことは全然知らなかったのだけど、ビール目的でベルギーに行くようになって、美術館に寄って、作品を見ているうちに好きになりました。
[PR]

by marinji | 2013-04-28 23:13 | 旅のはなし  

<< ラファエロ展/ルーベンス展/ミ... 燕子花図屏風/「もののあはれ」... >>