スター・クルーズ・プラネタリウム、会田誠展 (六本木)

a0036755_224644100.jpg

六本木つづきで今度はヒルズ。さすがにミッドタウンからのはしごではなく別の日です。


まずは、宇宙を旅するプラネタリウム スター・クルーズ・プラネタリウム(森アーツセンターギャラリー・森タワー52F)。宇宙船に乗って宇宙の果てまで旅してまた地球へ帰ってくる…という設定で、映像とプラネタリウムの組み合わせ。映像も面白かったけど、やっぱりプラネタリウムが良かったです。特に「3D SKY WALK」。壁への投影ではなく、部屋全体に小さな電球をいっぱい吊るして各星までの距離・奥行きが表されたもの。普段オリオン座の形にしか見えない星の組み合わせが、横にまわってみたり別の角度から見るとまったく別の形になってしまう。それが知識・理屈ではなく体感できるようになっていて、目からうろこというか、まさに百聞は一見にしかずという展示・仕掛けでした。最後はMEGASTARでうっとり。

というわけで内容は面白かったんだけど、入場料が…一般で2,000円<東京シティビュー(展望台)及び森美術館入館料(一般1,500円)含む>というものしかなくて。スター・クルーズ・プラネタリウムだけでいいと思っても、バラ売りはなく必ず2,000円。そこだけは残念。(子供の料金は800円なのでそこはアリかな)

2月11日までです。

a0036755_22464437.jpg

宇宙船スター・クルーザー。これに乗る設定。



そんなわけで、会田誠展: 天才でごめんなさい(森美術館・森タワー53F)も見ました。たぶん苦手、と思っていて見るのを前から迷ってたんですが、見てみて、やっぱり苦手でした。

うまいと思う。技術としても選んでいる題材も。美しい、面白い、とも思うのだけど。“天才”なのだとすれば(後世にその名前・作品が残るのだとすれば)、過去の天才によくある“当時は理解されなかった”というケースの、理解できなかった一個人の気持ちはこんな感じなのかなぁ、なんて思いました。そう考えると面白い体験だったか。エゴン・シーレの言葉を思い出したりもして。

こちらは3月31日まで。

a0036755_22464483.jpg

「考えない人」。これは苦手ではない。



スター・クルーズ・プラネタリウム 関連
>>> スター・クルーズ・プラネタリウム オフィシャルサイト |六本木ヒルズ
>>> スター・クルーズ・プラネタリウム 六本木ヒルズ - Roppongi Hills
>>> 森アーツセンターギャラリー - アート 六本木ヒルズ - Roppongi Hills

会田誠展 関連
>>> 会田誠展:天才でごめんなさい 森美術館
>>> 森美術館
>>> 会田誠展: 天才でごめんなさい 特集 六本木ヒルズ - Roppongi Hills
>>> 森美術館 - アート 六本木ヒルズ - Roppongi Hills
[PR]

by marinji | 2013-01-21 22:46 | 美術展・博物展のはなし  

<< イギリスめぐり : ロンドン塔 田中一光とデザインの前後左右 ... >>