唐招提寺展 国宝 鑑真和上像と盧舎那仏

a0036755_22384048.jpgいいもの見た!いいもの見ましたよー。仏教とかお寺とか好きな人は是非見てきて下さい。金堂平成大修理記念 『唐招提寺展 国宝 鑑真和上像と盧舎那仏』、東京国立博物館(上野)で1月12日(水)~3月6日(日)です。

実はそんなに期待していなかったんです。たぶんガラスケースの中に仏像をずらずらっと横並びに並べてるだけだろうなーなんて思っていて……ところが、入ってみると、【金堂再現】というコンセプトで、広間に寺のように仏像達が配置されてる。すばらしい!すばらしいよコレは!いや、もう、ありがとう東京国立博物館。しかも金堂に行ったとしても外側からしか眺められないらしく、その中に入って見ることができるのは贅沢な体験。お寺の装飾が無いのもシンプルに仏像たちのパワーを感じられていい。酔いそうなぐらい。後姿をじっくり見ることができるのもいい。どれも後姿が綺麗なのよ。背中のラインとか、全身のすっと流れるようなバランスの良さとかね。それぞれの真後ろに立って、しばらくうっとりと眺めてきました。

彼ら一人ずつの違いなんかを見比べつつ、徐々に気分を盛り上げながら奥のラスボス・盧舎那仏坐像へ。でかいなぁーなんて当たり前のことを思いつつ、彼(盧舎那仏)の背中も綺麗なラインで「いいねぇ」なんて思いつつ、頭のパンチパーマ(螺髪)がちょっと欠けてて「彼も苦労してるんだよ。ハゲがあった」なんて相方の言葉に笑いつつ、ふと彼(盧舎那仏)の背後から全体を見渡して。全員(仏像)の姿(みんな後ろ向き)を目にして、「あ、これはチームだ。」と発見かつ確信。ボスが、「よし行け!」と部下を放ったように見える。じゃぁ今度は、と正面から全体を眺めてみたら、おお、これはサッカーのフォーメーションじゃないか!FWの位置には四天王より持国天と増長天で、それぞれ武器のようなものを手にしているから攻撃的な選手(?)といえるし、増長天はちょっと目立ちたがり屋な感じで大久保っぽいような気もしてきて、持国天の渋い一撃必殺っぽい佇まいは久保や高原のようだ。作られたのが奈良時代であるせいか、足の動きはまだ大人しい。さて、中盤には冷静で頭の良さそうな雰囲気の梵天と帝釈天。彼らは鎧の上に袈裟を着ているので少しソフトに見えて、司令塔っぽい。キラーパスをがんがん出してくれそう。その後ろ、DFにはまた四天王から広目天と多聞天。彼らはしっかり者っぽいのでDFにはぴったり。多聞天が攻撃参加しそうな佇まいなのも良い(多聞天は毘沙門天でもあるし)。左サイドを駆け上がって欲しい。広目天の顔の横幅の広さと眉毛の太さもDFキャラっぽくてたまらない。盧舎那仏は当然GK。彼がゴールを守っているなら安心だ。「え?じゃぁあれが川口?それはちょっと…」と相方。私的にもそれはちょっと。ここはやっぱりカーンでしょ。貫禄もあるし。

……何の話をしてるんだか分からなくなってきましたが、唐招提寺展です。次の【金堂 -平成の大修理-】は博物学的な展示で、修理の内容やその歴史、瓦の陳列など。これは「へぇー」って感じ。

最後の【御影堂再現】は、これもまた素敵な空間。東山魁夷による障壁画(ふすま絵)と屏風絵、そして鑑真和上坐像。絵はどれも素敵だったけど特に日本が描かれた「濤声」と「山雲」がすごく良い。「濤声」は海の絵なのだけど、波が本当に動いているようで、波に飲み込まれそうになってしばらく動けなり、酔いそうになる。

同時開催の親と子のギャラリー「仏像のひみつ」も面白かったですよ。仏像のことが分かりやすく解説されてました。行きか帰りに、ちょっと歩いてみつばちのハニー焼きもどうぞー。
 
[PR]

by marinji | 2005-02-27 22:22 | 美術展・博物展のはなし  

<< くるり 「BIRTHDAY」 Arminia Bielefe... >>