レーピン展、レイモン・サヴィニャック展 (渋谷Bunkamura)

上野での美術展ハシゴの後に、渋谷Bunkamuraで見たもの二つ!

a0036755_2315882.jpg

Bunnkamura ザ・ミュージアムにて、国立トレチャコフ美術館所蔵 レーピン展。ポスターになっている穏やかな絵が目当てではなくて、ビリビリと怖い「皇女ソフィア」が目当て。じっくりいっぱい見られて面白かった。ほどほどに空いてるので、間近で見て、少し離れて見て、座って見て・・・と好きに見れました。なんて贅沢。

絵を生で見る醍醐味は、絵の大きさを体験できることだと思うのです。生で見ないと分からない色味とか筆遣いとかもあるんだろうけど、そこまで分からない人(自分)でも、大きさは分かる。「皇女ソフィア」は絵のサイズも大きくて、ずしっと重くのしかかってくるものがありました。これが小さい絵だったらまた印象が違うと思うのです。見ることができてよかった。「思いがけなく」や「昨日の宴」も、その大きさ含めて、よかった。

レーピンはある瞬間を切り取るのがうまい人なんだなぁと思いました。それと、服、布がうまい。その布の表面的な質感だけじゃなくて、その服の下にあるはずの体が自然と想像できてしまうんです。ガリガリなんだろうな、とか。特に「思いがけなく」の靴底のペラッペラな感じは唸ってしまった。

イワン雷帝、ヴォルガの舟曳きも習作だけど見れたし、肖像画もよかったな。赤の入れ方が素敵で。あとはメンデレーエフ先生と帝国枢密院設立100周年記念の儀礼が見れたら言うこと無しだったけど、それは欲張りすぎだわな(特に後者はトレチャコフじゃなくてロシア美術館)。

10/8までやってます。私は2回見ましたが、もう1回ぐらい見に行きたい気もする。


a0036755_23151920.jpg

Bunkamura ギャラリーでやっていたので見てみたレイモン・サヴィニャック展。ちゃんと見たのは初めてだけど、好き。ポスター画家なんですね。チョコの絵は、見たことがある気がします。どの絵も可愛いのだけどそれだけじゃなく何かもう一言ある感じでいい。こちらは終了。


国立トレチャコフ美術館所蔵 レーピン展 関連
>>> 開催概要&チケット情報 国立トレチャコフ美術館所蔵 レーピン展 Bunkamura
>>> Bunkamura ザ・ミュージアム
>>> Tretyakov State Gallery

レイモン・サヴィニャック展 関連
>>> レイモン・サヴィニャック展 展覧会情報 ギャラリー
>>> Bunkamura ギャラリー
[PR]

by marinji | 2012-09-20 00:55 | 美術展・博物展のはなし  

<< ツタンカーメン展(上野)、大英... マウリッツハイス美術館展、ベル... >>